野菜とアロマテラピーの力で、美しく楽しい暮らし

たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー

アロマ

眠れない時のアロマ6本、こんな人に向いてます|不眠症対策に選ぶ精油

更新日:

不眠のためのアロマ

不眠のためのアロマ

使うと眠くなる作用のある精油があります

アロマテラピーはいつ行ってもいいものですが、一部の精油は使うと眠くなったり、ぼーっとしたりする作用があります。

「日中使わない方がいい精油」と注意書きに上がっているのですが、よく考えたら不眠の人にとってはそれはありがたい作用なのでは?

ですので不眠の方はお困りの時に使う精油として、

そうでない方は日中使うとぼーっとしてしまうから使うタイミングを気を付けるべき精油として、

以下お読みいただけたら幸いです。

 

眠くなる作用がある精油

【眠くなる作用がある精油】
クラリセージ
ベンゾイン
マジョラム
ベチバー
カモミール・ローマン
真正ラベンダー

教科書的には他にも眠くなる精油はありますが、個人的に「眠くなった」と聞いたことが多いものや、自分でも実際そうなるな~と思えるものを6本挙げました。

・副交感神経を優位にしてくれるので眠くなるもの

・体温を上げてくれるから眠くなるもの

・鎮静作用があるから眠くなるもの

など、眠くなる理由は複合的です。

いったいどの精油がどんな人に向いているのか?
香りの好みや、既に持っている他の精油との兼ね合いもあるかと思いますので、以下簡単に選ぶときのTIPSを書いてみます。

 

クラリセージが向いている人


クラリーセージ オーガニック 5g [クラリセージ] 【フロリハナ】

まず妊娠してない女性で、PMSや更年期障害などの女性ホルモンのバランスが崩れていることから起こる不調に悩んでいる方には、不眠以外の面でもクラリセージが役に立ちます。

他には精神的にパニックになりやすい人。
ホルモンバランス調整の部分とちょっと似ていると思うのですけれど、何かどうにもならないものに「振り回されがち」な人はクラリセージが合うと思います。

鎮静させるだけではなく、同じぐらい高揚感(=幸せでほぉ~っとするキブン)ももたらしてくれるので、ベッドに入ってから考え事がぐるぐるぐるぐるぐるしてしまって眠れない、という方にいいんじゃないかしら。

クラリセージはシソ科に属する植物ですが、シソ科の精油は薬効が強いとも言われています。
(他にラベンダー、マジョラムも)

 

ベンゾインが向いている人


生活の木 ベンゾイン 3ml

ベンゾインは別名「安息香」、宗教儀式に使われていた樹脂なので瞑想系の眠らせ方をする精油と言えるでしょうか。
バニラの香りが好きな人に向いています。
ペパーミントと合わせるとチョコミントの香りになりますよ。

またその名の通り、呼吸器系が弱ってる人にも。咳・喉・痰のトラブルを抱えているときには、そこにも働きかけて鎮めてくれます。

最後に手足が冷えて寝つきが悪い人。体を温めてくれる作用があるので冷えている人もこれを選ぶと眠りに入りやすいのではないでしょうか。でもこの作用は次のマジョラムの方が上です。

マージョラムが向いている人


スイートマージョラム オーガニック 5g 
ラベンダーなどのお花系がしっくりこない人、男性に。
雑に言うと草とスパイスの間のような香り(もっといい言い方はないものか)。

そして何より本当に眠りたい人に。
私のアロマの先生もイチオシです。
このリストに挙げた他の精油とブレンドして使えば最強だと思います。

温め系の筆頭に上がる精油なので、血の巡りが悪くて冷えている人、肩こりしている人、顔色がずず黒くなっている人のお悩み解消にも。(眠れない時って、ほんと顔色が悪くなりますよねー)

 

ベチバーが向いている人


オーガニック エッセンシャルオイル ベチバー 5g(5ml)

ベチバー、あまり単体で使うことはない精油です。
イネ科の草から作られるのちょびっとベースとして入れると本物の香水っぽい香りになるし、なにより香りが長持ちします。

なので、既にいろんな精油を持っていて、ブレンドを日々楽しんでいる人向け。
私ならラベンダーに足して安眠ブレンドにしてしまうかなぁ。

「土の香り=地に足をつける」作用があるとも言われているので、なんかふわふわソワソワして自分がなくなっている人にも。
ソワソワしている自分をぐっと土(=現実)に引き戻してくれるでしょう。

ただすでに落ち込みきっている人には過剰かもしれません。土の中にもぐってしまってもよくないですよね。

 

カモミール・ローマンが向いている人


ローマンカモミール オーガニック 5g [カモミールローマン/ローマカミツレ]
子供(と言っても3歳以上で芳香浴のみでお願いします)。
カモミール・ローマンは比較的安全なので、お子様でも大丈夫。

草っぽい香りが苦手な人にもカモミール・ローマンが向いていると思います。
りんごのようなかわいらしい香りが特徴なのですが、香りに甘さを求めるならブランドごとの見極めも必要です。
写真に挙げたフロリハナは、どの精油も甘く香る傾向があり、ローマン・カモミールも然り。
もっと甘く香るブランドがあったら私にも教えてください☆


生活の木 有機ハーブ カモマイル・ローマン 100gせっかくお茶として飲めるものだから、精油じゃなくてもいいかなとも思う。

カモミールティー

カモミールティー

なんといっても見た目がかわいいですし!

 

真正ラベンダーが向いている人


ラベンダー ベラ オーガニック 15g [真正ラベンダー/ラベンダー・アングスティフォリア/トゥルーラベンダー]

妊婦以外のみんな(笑)
冗談ではなく、子供から体調があまり思わしくない人まで、刺激的すぎずに作用してくれるラベンダー。
香りが嫌いではないのならばOK。
プレゼントに使いたい人にお薦めします。

ラベンダーの鎮静作用については過去にこんなふうに書いています。

教科書的には、ラベンダーは「強力な鎮静作用」と書かれていますが、「鎮静」とは高ぶった何かを鎮めること。
高まりすぎた何かを逃がす・解放する・流していくこと=鎮めるなのだと考えています。

リラックスのためのアロマ|ラベンダーの香りで心のよどみを換気する

ラベンダーで喚起される心のイメージ写真↓

output-419280_1280

こんなドアが心にあいて、よどみがふわーっと逃げていくの。

ラベンダーを一滴垂らしたティッシュを枕元に置いておくと、普通に眠れる人でもさらに深い睡眠が得られることが多いです。

1本あればアロマテラピーのほとんどの楽しみ方ができる精油です、ケチらずぜひいいのを買ってください。

試しにネットで精油を買ってアロマやってみようかな?という時最低限気にしたほうがいいこと

 

さいごに

残念ですが、私は妊婦さんは芳香浴以外の方法ではアロマテラピーをしない方がいいと思ってます。
マッサージとか、体に精油がダイレクトに触れる方法ね。

カモミールティーも、ハーブティーで安全そうですが飲まない方がいいものです。

また、アロマテラピーはとにもかくにも香った人のこころをリラックスさせてくれます。

嗅覚に頼ることは、目の前にあるけど目に見えない香りに気持ちを集中することで、過去の出来事やまだ起こってもいない未来から自分をいったん切り離す作業でもあります。

いまこの瞬間だけの、超現在形。
リラックスとは、そこに身を置くことでもあるのかな、と思います。

眠れないという表面的な現象は同じでも、その背後にある理由は人それぞれです。

具体的なお悩みがあってとか、
頭と体の疲れ方のバランスがちぐはぐだから、
生活リズムがバラバラだから、
食べ過ぎているからとか、

そんな理由を整理できる、リラックスした環境づくりのきっかけにアロマテラピーを取り入れてほしいです。

 

 

336x280-1画像とテキスト

336x280-1画像とテキスト

ご注意



◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-アロマ
-, , , , ,

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2018 All Rights Reserved.