野菜とアロマテラピーの力で、美しく楽しい暮らし

たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー

アロマ

化粧水に、精油の成分そのままのフローラルウォーターを使う

更新日:

市販の化粧水からフローラルウォーターに変えた理由

いままで市販の化粧水を使っていたのですが、フローラルウォーターに変えてみました。

一番の理由は、お肌がとってもきれいなアロマの先生が、化粧水をこれにしていると聞いたから。
すごく安易な理由です。

200mlのボトルで売られていて、ちょうど化粧水サイズ。

ブランドはここで記事にした甘めの香りがロマンチックなフロリハナ
お値段はどれでもだいたい1500円前後ととってもお手頃です。

私が買ったのはアンチエイジングと言えば、のネロリです。

初めてなのでグリセリンも何も加えずそのままバシャバシャ使っています。
調子いいですよ!

乾燥と、夏特有のざらつきが治まりました。

スポンサーリンク

336x280-1画像とテキスト

超高級精油と同じ効果を安く試せる

フローラルウォーターに変えたのには、もう一つ理由があります。

ネロリは2mlで5,000円オーバー当たり前の超高級精油のためなかなか気軽に試しにくい。
でも同じ香りと成分が、フローラルウォーターならお手頃価格で楽しめる

2gで6000円ですが、これは決して高い方ではないです。

ローズもこれに同じ。

精油だと高いけれど、フローラルウォーターならラベンダーやペパーミントと同じお値段です。

ネロリもローズも、美容・美肌・女性性向上には欠かせない精油。

これを気張らない価格で楽しめるのはいいなと思って始めました。

 

猛暑で「スキンケアどうでもいい」気分を変えたいから

3番目の理由は暑くてスキンケアがどうでもよくなってたから
地味に実はこれが一番大きい。(スタートしたのが真夏でした)

病は気から。

美容と健康の天敵は「飽き」。

今までと違うことをすると、少しだけものぐさな気持ちも改善します。

今まで使っていた化粧水にがっつり添加されていた保湿成分・美白成分が入ってないという恐れに似た気持ちもあって、すこし丁寧に付けるようになりました。

たぶんその「丁寧に付けるようになった」が調子のよさを助けているとは思いますが、とにかく非常に気分よく調子よく使っています。

フロリハナのフローラルウォーター

フロリハナのフローラルウォーター

 

ピカ子さんのメイクセミナーに行ったから

2016年2月に、ナチュラルメイクの達人・ピカ子さんのメイクセミナーへ行ってきました。

お化粧の具体的な仕方というよりは、その心構えや考え方などが中心のお話です。

2時間あったのですが、その半分以上が洗顔~化粧水までの、ほんとのほんとの基礎的なお手入れの話で!

その際に「毎日補ってはいけない。補い過ぎて退化する」という趣旨のことを何度も強調してお話されていました。

とくに不必要な保湿剤はたるみの元だとも。

乳液も週1~週2でいいというアドバイスには驚きました!

若返るためではなく、よりよく年を取るためのスキンケアには、とにかく「リスクを取らない」ことが最優先なのだそうです。

だから化粧水はとにかく余計なものが入っていないオーガニックがおすすめで、質問してみたところフローラルウォーターもその範疇にはいるとのことでした。

ただその場合、ピカ子さんはノンアルコールでの使用はお勧めしないとのことで、小麦由来の天然発酵アルコールを加えて使うことをおすすめしておりましたですが、どこで買えるのか…

 

フローラルウォーターとは?

精油を作る時に取れる副産物の水です。

副産物とはいえ、精油と同じ有効成分が1%~3%溶け込んでいます。
つまりそのままで化粧水!

精油と違って濃度が薄いので、

アルコールなどで薄める必要もなく

年齢・妊娠の有無にも気を使わず

精油と同じようにブレンドしてもよく

暑い中あまり考えずにアロマセラピーを楽しむにはもってこいのアイテムでした。

 

化粧水はなにからできている?

つきつめれば化粧水は水+グリセリン

これに保湿ならヒアルロン酸や尿素などを加えます。

手作り化粧水で有名な芸能人と言えば平子理沙さんで、彼女のレシピは水(100ml)+グリセリン(小さじ1)+尿素(小さじ2分の1)のみ。

他のレシピでも特定の目的(美白、アンチエイジングなど)がある時には、分量は変われど水+グリセリンをベースに有効成分を加えていくのが主です。

お店で売っているものは、長期保存ができるようにするために、これに保存料を加えたり、混ぜたものが安定するようなものを入れたりしています。

これが化粧水です。

 

化粧水は手作りがいいか、市販がいいか

使用期限で考える

フローラルウォーターは開封後約3カ月~半年以内、
手作り化粧水なら2週間ぐらいが使用の期限の目安とされています。

市販の化粧水よりはぐっと短いです。

冷蔵庫での保存も推奨されています。

フローラルウォーターの説明書き

フローラルウォーターの説明書き

いろんな化粧水を並行して使っていたりする方には、長期保存しても劣化しない市販のものの方がいいと思います。

余分なものが入っていないナチュラルさが魅力ですが、劣化したものを使っては元も子もないと思う。

 

精油を入れるならパッチテストも必要

水とグリセリン、尿素、ヒアルロン酸ぐらいまでなら、濃度を変えるぐらいでテストまでは要りませんが、

精油を使う場合には、合う合わないが人それぞれであることから、パッチテストが必要です

※パッチテスト:二の腕の内側などに少量つけて、アレルギー反応が出るかどうか試すこと。赤み・かゆみなどの反応が出ることがあります。

そういう面倒な手続きが、市販品ならある程度クリアされています。

 

フローラルウォーター単体でしばらく使ってみます

グリセリンや尿素、他の精油などいろいろ足してみる楽しみがこれからあるとは思いますが、顔に使うものとしては、まずはしばらくフローラルウォーター単体で使って行くことにします。

使用期限も十分あるし、成分足さなくても十分満足しているからです。

作るならボディ用でしょうか!
先日書いたハッカ油+ユーカリ精油=シーブリーズを、ジェル化したい欲求にとらわれています。

どうしてもスキンケアより、涼しさを求めてしまうなー。

追 記

8月後半、めっきり涼しくなってきてからは、サッパリ感だけでは物足りなくなってきて、やっぱりちょっとうるおいがほしいかも… 秋に向けてグリセリン足そうかなと考え中です。→足しました。

 

336x280-1画像とテキスト

336x280-1画像とテキスト

ご注意



◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-アロマ
-, ,

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2018 All Rights Reserved.