脱臭のための重曹

アロマ家事

2018/8/21

ティーツリーで靴も下駄箱もまとめて消臭する方法|アロマインストラクターのお掃除マニュアル

脱臭のための重曹 下駄箱の臭い、気づかれてますよ! とある講演会で市民会館の大ホールへ行った時に、座席にいたらプーンと臭ってきたのは誰かの家の下駄箱の臭い。   ちょうど衣替えの季節だったので「久しぶりに出した靴を履いてきたのかな」と思いました。   ・下駄箱の扉を開けたときにちょっと臭う   ・靴をとろうとかがんだ時に靴の臭いがわかる   ・自分の靴下の臭いがわかる   もしあなたが以上のことに当てはまっているならば、その臭いは靴にも移って他の人も気づい ...

ReadMore

アロマ家事 ハッカ油

2018/8/28

効果的なアロマお掃除の方法とおすすめエッセンシャルオイル6本【アロマ家事】

掃除にアロマを取り入れよう 日々のリラックスやセルフケアにアロマを使っているなら、お掃除にも使ってみませんか?   いま使っている道具や手順にエッセンシャルオイルを足すだけで、あっという間にアロマお掃除に早変わり。   汚れや嫌な臭いがなくなるだけでなく、掃除しているあなたの気分がとっても良くなります。   エッセンシャルオイルは買ってみたけれど、忙しくてなかなかまとまってアロマを楽しむ時間が取れないかたには特にぴったり。   毎日しているちょっとした軽い家事の時間 ...

ReadMore

アロマ家事

2018/11/14

アロマお洗濯で除菌消臭する方法|効果の高いタイミングや柔軟剤との使い方

室内干しの臭い・洗濯機のカビ対策にアロマを使おう   お洗濯の時、洗剤にちょこっと精油を足してみませんか?   もう15年近く使用している年季の入ったうちの洗濯機、ちょっとカビやにおいが出てきた時期がありました。   その際に抗菌・抗カビ作用のある精油を加えてお洗濯をするのを始めたのですが、その防カビ作用もさながら洗濯中に香りが広がるのが大変気に入りまして。   臭いが治まってからも、朝のディフューザー代わりにこの習慣は続いています。   洗濯槽のカビが防 ...

ReadMore

防災用品のチラシ

アロマ家事

2017/12/16

非常持ち出し袋にオレンジ精油を入れておこう

防災用品のチラシ これから非常持ち出しセットを作る方のために 熊本・九州での地震の被害に遭われた皆様に、心からのお見舞いを申し上げます。 皆様のご無事をお祈りしております。 今回の一連のニュースを見ていて「地震は予知できない」「いつ起こってもおかしくない」ということがよくわかりました。 その中で非常持ち出し袋を見直している方もいらっしゃると思うのですが、もしアロマテラピーにご興味があるのなら、オレンジ精油を一本入れておいてはいかがでしょうか。 精油は未開封なら3年~5年もちます。 一見無駄なもののように思 ...

ReadMore

重曹でシンク掃除

アロマ家事

2018/11/21

重曹+精油だけでシンクの掃除は完了!|前後写真でツヤを比較

重曹でシンク掃除 重曹と精油だけでも磨けます   重曹はいろんなところのお掃除にクレンザー・洗剤代わりに使えるとっても便利なものですが、調べてみるとクエン酸?石鹸と混ぜる?煮てつけ置き?などなどいろんな方法が出てきて迷ってしまうこともしばしば。   がっちり焦げがこびりついている…わけではない、通常のキッチンシンク・洗面台のボウル磨きでしたらば重曹だけでも十分にツヤを取り戻せます。   私は普段、重曹+精油だけでシンクと洗面台の掃除をしていまして、精油を使うことで、香りとその ...

ReadMore

畳あげ

アロマ家事 ハッカ油

2017/12/16

カビ臭さの消臭:拭き掃除にもハッカ油を足しました

ハッカ油 ハッカ油で消臭:かなりの臭いが抑え込めました ハッカ油をこの夏のうちに使い切ろうと、いろんな用途に使っています(クリックすると、ハッカ油の記事一覧に飛びます)。 今度は消臭! この夏、ずっと気になっていた茶の間のカビ臭さ。 ついに意を決して畳上げをしたところ、やっぱりかびていました。 畳は干しましたが、床部分がかなり臭かったので、ハッカ油を足した水で拭き掃除したところカビ臭さが消えました! お風呂にハッカ油を足すようになってから、浴室のカビ臭さも減ったので消臭効果もあるんだな~ぐらいの感覚でおり ...

ReadMore

除菌消臭スプレーを自分で作る理由

アロマ家事

2018/10/8

脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥

除菌消臭スプレーを自分で作る理由 脳へのご褒美がアロマテラピーの本質   除菌消臭スプレー使ってますか?   私は精油を使った自作の除菌消臭スプレーを使っています。   自作の理由はいろいろあるのですが、一番の理由は「その方が脳が喜ぶから」です。 予防医学情報研究所 朝川兼行 asakawa-lab.jp   他の五感(視覚・触覚)と違って、香りは脳へダイレクトに伝わる本能的なもの。   鼻の粘膜に香り成分がピタッとくっついて、すぐに全身に指令を送って0. ...

ReadMore

アロマ

同じ精油でも産地によって香りが違うよ:ローズマリーの例

更新日:

ローズマリー

ローズマリー

精油は産地によって香りが違う:ローズマリーの例

ローズマリーは好き嫌いが分かれるところで、苦手な人も多い精油です。

が、そういう方はお手元の精油で、原産国・生産国をちょっと調べてみてください。

 

それ、スペイン産じゃないですか?

 

もしスペイン産を使っていて苦手だと感じたならば、ぜひ次はチュニジア産を選んでみてください。

スポンサーリンク

310tkd336x280A

 

チュニジア産VSスペイン産

ローズマリーの2大生産国はスペインとチュニジアなのですが、チュニジア産の方が香りがとっつきやすいというか、癖が少ないというか、マイルド

理由はチュニジア産の方がカンファーと呼ばれる成分が少ないからです。

カンファーはいわゆるタンスの防虫剤、樟脳のこと。

鎮痛・消炎などのいい作用ももちろんありますが、香りに薬草っぽさが増します。

食べ物でも苦い食べ物(ゴーヤ、ピーマン)が好きじゃない人達は、これがあまり好きにならないことが多かったです。

 

ローズマリーは記憶力アップのほか、お掃除などにも出番の多い精油ですので、原産国を選んで好きになれるならそっちの方がいいかな、と思ってはじめはチュニジア産をお勧めしてます。

【過去記事】リラクゼーションのためのアロマ|ラベンダーで作る柔軟な心

ラベンダーも、カンファーが少ないものを選ぶとフローラル感高めになりますよ。

 

品名でわかりやすくなってることもあります

レモン、ローズマリーで記憶力アップ

レモン、ローズマリーで記憶力アップ

最初から表示に

ローズマリー(カンファー)

と書いて売られているも場合も、カンファーが多いものを指します。

その場合、薬草っぽさが少ない方を選びたいなら

ローズマリー(シネオール)

と書いてある方を選んでください。

同じ精油でも、育った環境で香りが変わるよ

精油の成分表示:発売元と原産国

精油の成分表示:発売元と原産国

精油を買うときに、最低限「これだけは書いてあるものを買ってくれ!」という表示があります。

「表示適合基準」というもので、AEAJアロマ環境協会が定めています。

原産国、学名、どうやって抽出されたかなど、精油を使う上でトラブルを避けるために必要な情報です。(必ずしも品質は保証しないのもポイント)

試しにネットで精油を買ってアロマやってみようかな?という時最低限気にしたほうがいいこと

EvolvingScenes / Pixabay ネットに限らず精油を買う時、お店もブランドも多いし、ただでさえ香りの種類も多いしで迷うべきところがたくさんあります。 特にアロマセラピーに興味のある方 ...

まずはこの記事をご参考までにお読みください。

で、そこで原産国をチェックしてみたときに「あんま好きじゃないな~」と呼ばれてしまうローズマリーがスペイン産のことが多いのです。

これ、お酒に置き換えてもらえるとわかるんじゃないかな?日本酒やワイン、同じ材料でも産地によって味が変わりますよね?

 

ラベンダーにも似たようなことがあります。

商品名としてざっくり「ラベンダー」として売られているものでも、よくよく原材料になっているお花の学名を見ると違っていることがあって。

それは育った標高の違いによる花の種類の違いなのですが、表示がきちんとしてない商品だとぜんぶひっくるめてざっくりラベンダーって書いて売られてる。

真正ラベンダーの本場プロヴァンス
ラベンダー精油の種類と香りの違い|草っぽいラベンダーの香りが苦手な方へ

イギリスの王立植物園キューガーデンのラベンダー畑 甘い香りのラベンダー、草っぽいラベンダー ラベンダー精油はアロマテラピーの始めた頃にまず買うものなので、そこのイメージが悪いとやめてしまう方もいる大事 ...

それでけっこうラベンダーあんまし好きじゃないーなんてことが起きてしまうんです。もったいない!

ブランドごとの差ももちろんあるけれど、まずは産地や原材料の差からチェック!

地道だけど、そんな作業が「本当に自分が好きな香り」に連れて行ってくれます。

地酒めぐりのような気持で精油を探してみてはいかがですか?

 

さいごに

精油選びの際は、植物の名前だけでは好みの香りにたどり着けないことがあるよ、ということがお分かりいただけましたでしょうか。

産地

品種

メーカー

抽出部位

などで香りそのものが変わるほか、

オーガニックかどうか

各国の品質認定を受けているか

ロット番号を付けているか

などで品質も変わってきます。
これら全部が、瓶のラベルに書かれているのがいい精油と呼ぶには最低限必要ですし、自分の好みの精油にたどり着くために必要です。

たくさん種類がある精油、いっけん面倒に見えるラベルを読み込むのがいい香りにたどり着く近道です。

買う前に一度よく見てみてくださいね。

310tkd336x280A

ご注意



◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-アロマ
-,

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2018 All Rights Reserved.