アロマ アロマクラフト

2018/10/9

手作りヨガマットスプレーの作り方|お手入れにおすすめのエタノール濃度は20%

ヨガマットスプレー買ってますか?   ヨガをしている方は多いと思うのですが、ヨガマット用のクリーナーを使っている方はいますか? ↓こういう感じのものです ヨガスプレー【コーム】   消臭と汚れ落としが主な目的ですが、ヨガマットスプレーはアルコール+水+エッセンシャルオイルで作られているものがほとんどで、実は自分で作るのがとても簡単。   そして一度作ってしまえば、ヨガマットに限らず様々な除菌に使えます。   もし手元にエッセンシャルオイルとヨガマットをお持ちの方は、 ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2019/3/12

初めてのアロマ蜜ろうクリームの作り方|材料の選び方~使い方まで|ヘアバーム・リップ・ハンドクリームに

蜜ろうクリーム 【手作りコスメ入門編】蜜ろうクリームを作ってみよう   蜜ろうクリームって何?どこがいいの?と疑問をお持ちの方。   顔・体・手・髪・爪・唇・香り…と様々に使い道の分かれたクリームが出ていますが、その役割ぜーんぶまとめて1つでケアできるのが蜜ろうクリームです。   楽でいい!シンプルでいい!   アロマテラピーを使った手作りコスメの中で、最も幅広く使えてアレンジ力があるのは、それが化粧品の基本中の基本だから。   作り方は蜜ろうに好みの植物 ...

ReadMore

椿油で蜜ろうクリーム

アロマクラフト キャリアオイル

2018/3/31

椿油ベースの蜜ろうクリームつくりました|髪から足まで全身使える万能バーム

椿油で蜜ろうクリーム:溶かしたての頃 椿油を全身で使ってみようと思い、蜜ろうクリームにしました 先日、熊本県益城町産の椿油を頂きました。 国産材料を使って、昔ながらの方法で絞られた油です。油についてはこちらで記事にしましたのでご覧ください。 よくみかける椿油ですが、意外と国産が材料に使われていないじゃないか!という話です。 椿油は、使い方の前に買い方から|それほんとに椿油?   で、せっかくのちゃんとした椿油ですから全身に使ってみようと思いまして、こぼす心配のない蜜ろうクリームを作りました。 蜜 ...

ReadMore

アロマクラフト

2018/3/12

手作りアロマスプレーをフレッシュに保つための、使い切れる精油の選び方

手作りスプレーのための精油選び 手作りヨガマットスプレーを作るときのコツ、として、前回は出来上がりのアルコール濃度について記事にしました。 スプレーの作り方については以下の記事をご覧ください。 手作りヨガマットスプレーの作り方|おすすめのエタノール濃度は20% 脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥 今回はその他の材料の事。 香りや作用をフレッシュに保つには、どう材料を選んだらいいのか? 特にこれから初めてスプレーを作る方、新たに精油を買い足してみようとお考えの方に読んでほしい内 ...

ReadMore

1g量れるスプーン

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】計量スプーンで蜜ろう1gは量れるか?

1g量れるスプーン  計量スプーンで1gの蜜ろうを量ってみます 今回は蜜ろう(ビーズワックス)の量を、デジタルスケールを使わず計量スプーンを使って量る方法です。 前回は生活の木の蜜ろうをサンプルに、粒の数を数えてだいたいの重さを推測する方法を書きましたが、それだと他メーカーの蜜ろうには対応できないため、今日は計量スプーンでざっくり量ったらどのぐらいになるか?を試してみました。 結論として、蜜ろうは1g計量スプーン山盛り一杯でおおよそ1gになるということがわかりました。 以下、山盛り一杯ってどのぐらい?とい ...

ReadMore

蜜ろう1粒の重さは何グラム?

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】生活の木の蜜ろう1粒の重さは何グラム?

蜜ろう1粒の重さは何グラム? ちょっとだけ蜜ろうクリームを作りたいときに知りたかったコト 手作り化粧品のレシピを見ていると1g~のとても少ない単位で材料を使うことがよくありますが、家にデジタルスケールがない場合はこれが量れません。 特に蜜ろうを使うとき、これ一粒は何グラムなんだろう?これがわかったら粒数数えて入れられるかな?…と思うことが多かったので、実際に量ってみました。 ちょびっとずつ蜜ろうクリームを作るときの参考にしてください。 蜜ろうクリームのことはここで書いてます! 好きな精油の香りを持ち歩く| ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2018/3/31

好きな精油の香りを持ち歩く|蜜ろうクリームの練り香水

蜜ろうクリーム  蜜ろうクリームにして、好きな香りを持ち歩く ちょっと前に、転機の人が好むアロマブレンドのことを書きました。 ゼラニウムとサイプレスの組み合わせで、2015年最も気に入って、事あるごとに使っていた香り。 ゼラニウムもサイプレスも、どちらもホルモンバランス調整の作用がある精油です。 記事に起こしたらやっぱりまた気になり始まって、ふとした時にすぐ香りが楽しめる練り香水を作ることにしました。 練り香水というと難しそうですが、香りが強めの蜜ろうクリームです。 リップクリームの香りが強いものとイメー ...

ReadMore

香水ディフューザー

アロマ アロマクラフト

2019/3/16

使わない香水で作るリードディフューザー濃度調整のコツ【ルームフレグランス】

大好きな香水をきちんと使い切りたいあなたへ 使わないまましまい込んでいる香水をお持ちではありませんか?   香水は瓶がかわいかったり、くださった方や使っていた時の記憶が閉じ込められていたりで、なかなか「いらないから捨てる」ことができません。   なにより自分が気に入って手に入れたり、大切な人からの贈り物であることが多い香水は、やっぱりきちんと使い切りたいものです。   アルミキャップできっちり封がしてあるものならそれほど早くは変質しないそうですが、口が開いているタイプだとどん ...

ReadMore

アロマクラフト

好きな精油の香りを持ち歩く|蜜ろうクリームの練り香水

更新日:

蜜ろうクリーム

蜜ろうクリーム

 蜜ろうクリームにして、好きな香りを持ち歩く

ちょっと前に、転機の人が好むアロマブレンドのことを書きました。
ゼラニウムとサイプレスの組み合わせで、2015年最も気に入って、事あるごとに使っていた香り。

ゼラニウムもサイプレスも、どちらもホルモンバランス調整の作用がある精油です。

ゼラニウム×サイプレスのアロマは転機を迎える人が好む香り

 アロマテラピーの先生から教わりましたGeranium x Cypress = Most Favorite Brend in 2015好む香りに運命が現れる? ゼラニウムと女性らしさサイプレス精油のこ ...

記事に起こしたらやっぱりまた気になり始まって、ふとした時にすぐ香りが楽しめる練り香水を作ることにしました。

練り香水というと難しそうですが、香りが強めの蜜ろうクリームです。

リップクリームの香りが強いものとイメージして頂けたら正解。

オイルに香りを乗せて、固めて、持ち歩けるようにします。

 

蜜ろうクリームについて、効果・材料の選び方・混ぜるアロマなど個別の材料についての作用などもっと詳しく書いた記事はこちらです。

蜜ろうクリーム
初めてのアロマ蜜ろうクリームの作り方|材料の選び方~使い方まで|ヘアバーム・リップ・ハンドクリームに

蜜ろうクリーム 【手作りコスメ入門編】蜜ろうクリームを作ってみよう   蜜ろうクリームって何?どこがいいの?と疑問をお持ちの方。   顔・体・手・髪・爪・唇・香り…と様々に使い道の ...

蜜ろうクリームを覚えると応用が利く

蜜ろうクリームはすごくシンプルな構成で、

蜜ろう+キャリアオイル+精油

を溶かして固めて出来たクリームです。

とても簡単なつくりなのですが、リップだけでなく手にも髪にも全身にちょこちょこっとどこにでも使えてとっても便利。

クリーム本来の目的である、水分を飛ばさないように肌に油膜を張ることをシンプルに達成してくれます。

いまワセリンでのケアにはまってる人は気に入る可能性大!

他にはバッグの中身をシンプルにしたい方にもぜひお薦めしたいです。

なぜ精油でボディケア用品を作るのかーモノが圧倒的に減るからです

精油をブレンドしたオイルそのものを持ち歩くよりも漏れないし使いやすいので、オフィスや外出先でアロマテラピーを楽しみたい場合にも適しています。

そして蜜ろうクリームを作るのに慣れてきたら、ここにシアバターを足して滑らかさを出したり、乳化剤を使ってトロりとしたクリームを作ったり…と本格的な手作り化粧品の入り口ともなっていく。

これ単体ですでに事足りるイロハのイであり、スキンケアの扉を新たに開く可能性も秘めたクリームです。
ハマるひとはハマっちゃう☆

スポンサーリンク

自分の「なりたい」を込めやすい

また使っている材料の数が少ないので、自分が求める作用を込めやすい。

選ぶキャリアオイルや精油の作用を材料が少ないからこそ厳選して選ぶから、自分の目的に沿ったクリームが完成します。

「こうなりたいな」と願いながら作ったクリームを使うことって、脳にはてもいいことです。
お守りも、なんのお守りなのかわかって持たなきゃご利益も半分。

私は今回家にあったキャリアオイルであるマカデミアナッツオイルとゼラニウムが主体で、サイプレスとグレープフルーツの2種類を使って2つ作りました。

マカデミアナッツオイルもゼラニウムも、アンチエイジングが得意です。これが今回のクリームの科学的作用のメインコンセプト。

そこにサイプレスで転機の意味合いを込めたものと、
グレープフルーツで自己受容感を高めつつ食欲コントロール作用を期待したもの
に分けて作成。

最近、また甘いもの食べ始まっちゃって…バレンタインのおいしいチョコレートのせいでタガが外れましたので、早くそれが納まりますようにと。

今回の私のように香りに自分の気持ちを込めているような場合は、使うたびごとに香りが願いのリマインダとなります。

 

材料の蜜ろうのこと

「蜜ろう」とは蜂が巣作りするときに分泌するロウで、肌をやわらかくする作用のほか、保湿・殺菌・消毒の作用を持っているので化粧品材料として売られています。


↑よくハワイのお土産でみつろうリップクリームもらいませんか?
このリップは蜜ろうをベースに作られています。

 

上の写真は、生活の木で販売している精製蜜ろう。
常温だとかたーい粒々なので、一度溶かして液体の植物オイルと混ぜて、ほどよいやわらかさに仕上げるのです。

未精製だと、花粉の色がそのままに黄色。
天然成分(プロポリスとか)がたくさん残っている方がお好みの方は未精製を、花粉症の方やアレルギーのある方、お子様、無臭を希望する方は精製を使うのがいいかなと思います。


私は生活の木で購入しましたが、5gという大変使いやすいサイズが売っていました。
蜜ろうには消費期限がとくにないので大袋で買っても問題ありませんが、リップやバームを初めてちょこっと作ってみたい方にはこのぐらいの量で一度お試しが親切。

たいていのレシピはg表記で書かれていますが、はかりがお家にない方向けに、試しに量ってみました。
蜜ろうクリーム、旅行用のクリームケースサイズをつくるのに1~2gもあれば十分なので、ちょこっとサイズの1gの量が知りたくて。

【量ってみました】生活の木の蜜ろう1粒の重さは何グラム?

【量ってみました】計量スプーンで蜜ろう1gは量れるか?

生活の木の蜜ろうに限っての話なのですが、作るときの参考にしてください。

 

少量なら電子レンジでも作れます

電子レンジで作れる簡単な作り方をご紹介。

旅行用クリームケースに入る程度の、持ち歩ける小さい練香水です。

【材 料】出来上がり量約6.5ml
蜜蝋 1g
キャリアオイル 5ml
精油 2滴

 

  1. 蜜ろうとキャリアオイルを混ぜて電子レンジで30秒~1分あたため。溶け切らないときは、様子を見ながら10秒ずつ時間を足す。
  2. 溶け切ってから精油を入れて混ぜる。
  3. そのまま冷えるまで放置して、固まったら出来上がり。

もう少したくさんの量を作るときには、電子レンジだと加熱ムラなどが起こり得るので湯煎するほうが品質劣化を防げていいのでしょうが、このぐらい少量だったら電子レンジでも大丈夫。

電子レンジで加熱する際には、10秒ぐらいずつセットしたり、隣でじっと見張ったりして、くれぐれもオイルの加熱しすぎには注意してください。
ものの1分程度ですので、ここはじっと集中。(というかここぐらいです)

精油を選ぶときの注意点

肌に付けるのならば、柑橘系の精油は避けましょう!

かんきつ系の精油(特にベルガモット)には光毒性と言って、紫外線に当たるとシミなどの原因になることがあります。

 

出来上がった蜜ろうクリーム/練り香水の使い方

私はもっぱら、

リップクリーム
指先の甘皮が乾いたときにネイルオイル代わり
髪の毛先

が主な使い方です。
ほんとにちょこっと使い。

特に髪の毛先に付けると、香りがほわわんと漂っていい気分。
今回かんきつ系精油のグレープフルーツとゼラニウムのブレンドも作ったので、そっちはもっぱら毛先用です。
自分の顔周りに近いところだけちょびっとつけて、動くたびにほわわわんと香っております。

何度か作って慣れてきたら、好みの硬さを探しましょう。
いま私も探しているところ。
固すぎず柔らかすぎず、自分に一番あうテクスチャーを求めていろいろお試し中です。

 

蜜ろうクリームについて、効果・材料の選び方・混ぜるアロマについてもっと詳しく書いた記事はこちらです。

蜜ろうクリーム
初めてのアロマ蜜ろうクリームの作り方|材料の選び方~使い方まで|ヘアバーム・リップ・ハンドクリームに

蜜ろうクリーム 【手作りコスメ入門編】蜜ろうクリームを作ってみよう   蜜ろうクリームって何?どこがいいの?と疑問をお持ちの方。   顔・体・手・髪・爪・唇・香り…と様々に使い道の ...

ご注意

◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-アロマクラフト
-

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2019 All Rights Reserved.