野菜とアロマテラピーの力で、美しく楽しい暮らし

たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー

心とアロマ

ゼラニウム×サイプレスのアロマは転機を迎える人が好む香り

更新日:

edibleflower

 アロマテラピーの先生から教わりました

Geranium x Cypress = Most Favorite Brend in 2015

精油は単体よりも、ブレンドして使っていることの方が多いです。

2015年に最も印象に残った精油のブレンドはゼラニウム×サイプレスでした。

ゼラニウムは、葉っぱ系なのにバラの花のようなフローラルな香り。

サイプレスは、ヒノキや杉のような森の香り。

サイプレスとゼラニウムの組み合わせは今年初めて試したのですが、甘さと清涼感のバランスがいっぺんで気に入ってしまって、ずっと使っています。

ボディ用アロマオイルの作り方

ボディ用オイルのおススメ濃度は1%

50mlのオイルなら0.5ml=10滴の精油を混ぜます。

手のひらに500円玉大のオイルの場合は5ml程度ですので、0.05ml=1滴の精油を加えます。

オーガニック生アルガンオイル
石鹸や手作りコスメの材料屋さんで買った、50mlボトルのアルガンオイル。
ダイレクトに精油を入れて、かしゃかしゃ振って使ってます。
大きすぎず、品質が変わらないうちに使い切れるサイズ展開なのがリピートしている理由です。

アルガンオイル・オーガニック/50ml

好む香りに運命が現れる?

aroma-906137_640

 

実は、私のアロマテラピーの先生によれば「ゼラニウムとサイプレスの組み合わせを好む人たちは、転機を迎えていることが多い」とのこと。

これまでたくさんの生徒さんたちと接してきて、これが好きだなーという人たちをその後見ていると、どうもそういう傾向があるそうです。

これを指摘されたのは今年の早い段階で、まだ変化の気配ぐらいがしていた時の事。年末を迎えて「確かにそうだったなぁ」と思ったので皆様にもお伝えします。

突然好きになる香りってありますよね?

香水や紅茶の香りでも、スタンダードに好きな路線はありながら、ある日突然「あ、これも好きかも」と気付く香り。

あれの理由がよくわからなかったのですが、嗅覚は、はっきり転機として自覚される前に、心のざわつきレベルの変化をキャッチできているかもしれません。

 

 ゼラニウムと女性らしさ

以前はまったく好きではなかったゼラニウムですが、今はとても好きな精油の一つになっています。(その時の変化については過去記事にしています。)

ゼラニウムといえば女性性。

美肌と女性ホルモンを司り、心をゆったり受け入れる器を作ってくれる。

【過去記事】香りの好みが変わる時、人の中身が変化している:ゼラニウムの話

この記事の中で、ゼラニウムの科学的な作用と、精神的な魅力の両方について書いています。

女らしさの特徴のひとつに「ジャッジしないで暖かくうけいれてくれる」ってのがあると思うんですが、まさにそういう「受容」「親密さ」を目覚めさせてくれると思います。

働き過ぎてツンツン・消耗しちゃってる女子必見ですよ。

 

サイプレス精油のこと

サイプレス精油のことは、この記事で「どんな心理的作用があるか」について触れてます↓

仕事ストレスにはレモンとサイプレス|今日の出来事をうけとめて流すブレンドアロマ

サイプレスの香りは森林系の香りの中でも、落ち着いた低音系の香り。

森の葉っぱの香りではなくて、木の幹や枝っぽい香りと言ったらいいかな?

森の中に立ってツーンとさわやか清涼感を感じるような森林系ではなくて、大切なものが入れてある木箱をそっと開けたときの木の香りのほうが個人的には近い感じ。

ヒノキ調の香り、とよく言われますが、私はいわゆる一般的なヒノキの香りより厚みや時間の経過感があるなと思います。

 

頼れる男性のようなイメージ

ゼラニウムが女性性を高めてくれるのと対照的に、私はサイプレスの香りに「とても頼もしい男性」のイメージを持っています。

香り自体が男っぽいこともあるのですが、作用的に興奮しすぎているのを落ち着かせたり、緊張しすぎをほぐしたり、心身のざわつきをフラットにバランスを取ってくれるのです。

興奮も緊張も元をたどれば自分自身の幹の細さ・軸の弱さからくるものですが、そういう部分を補強する力強さと確かさ。

トラブル時に落ち着いた声で「大丈夫大丈夫」と声をかけてくれる男性、頼もしい!

事実を受け止めて、一緒に乗り越える力をくれるような。

ホルモンバランス調整や月経過多を調整してくれるのも、なんとなく女性に寄り添う男性のイメージで記憶してます。

ちなみにヒノキ科のサイプレスは木の香りがしますが、精油は葉と果実から抽出します。
木・葉・実の3つの要素がまんべんなく含まれていることがバランスの元なのかもしれません。

 

個人的な解釈ですが、ゼラニウム×サイプレスの組み合わせがなぜ転機を迎えた人に好まれるかというのは、この男性性と女性性のバランスの良さもあるのではないでしょうか。

それも伴走者・監督のような頼もしい男性のサイプレスが組み合わさるの。
何度使っても飽きない組み合わせです。

 

What comes Next?

2016年に入ってもまだ相変わらずゼラニウム×サイプレスを使っていますが、今年もまた新たに好きなブレンドが見つかるかな?と楽しみです。

狙って作れたらそれがいいのでしょうけれど、こういうのって出会いだからなぁ。

積極的に新しいブランドを試してみようかなー

 

【サイプレスが好きならこちらも是非!】

仕事ストレス専用精油ブレンド|今日の出来事をうけとめて流すレモン×サイプレス

加齢臭対策はサイプレス精油を軸にブレンドしよう

336x280-1画像とテキスト

336x280-1画像とテキスト

ご注意



◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-心とアロマ
-, ,

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2018 All Rights Reserved.