脱臭のための重曹

アロマ家事

2018/8/21

ティーツリーで靴も下駄箱もまとめて消臭する方法|アロマインストラクターのお掃除マニュアル

脱臭のための重曹 下駄箱の臭い、気づかれてますよ! とある講演会で市民会館の大ホールへ行った時に、座席にいたらプーンと臭ってきたのは誰かの家の下駄箱の臭い。   ちょうど衣替えの季節だったので「久しぶりに出した靴を履いてきたのかな」と思いました。   ・下駄箱の扉を開けたときにちょっと臭う   ・靴をとろうとかがんだ時に靴の臭いがわかる   ・自分の靴下の臭いがわかる   もしあなたが以上のことに当てはまっているならば、その臭いは靴にも移って他の人も気づい ...

ReadMore

アロマ家事 ハッカ油

2018/8/28

効果的なアロマお掃除の方法とおすすめエッセンシャルオイル6本【アロマ家事】

掃除にアロマを取り入れよう 日々のリラックスやセルフケアにアロマを使っているなら、お掃除にも使ってみませんか?   いま使っている道具や手順にエッセンシャルオイルを足すだけで、あっという間にアロマお掃除に早変わり。   汚れや嫌な臭いがなくなるだけでなく、掃除しているあなたの気分がとっても良くなります。   エッセンシャルオイルは買ってみたけれど、忙しくてなかなかまとまってアロマを楽しむ時間が取れないかたには特にぴったり。   毎日しているちょっとした軽い家事の時間 ...

ReadMore

アロマ家事

2018/8/31

アロマで洗濯機も服もまとめて消臭!効果の高いタイミングや精油選びのコツ

室内干しの臭い・洗濯機のカビ対策にアロマを使おう   お洗濯の時、洗剤にちょこっと精油を足してみませんか? もう15年近く使用している年季の入ったうちの洗濯機、ちょっとカビやにおいが出てきた時期がありました。 その際に抗菌・抗カビ作用のある精油を加えてお洗濯をするのを始めたのですが、その防カビ作用もさながら洗濯中に香りが広がるのが大変気に入りまして。 臭いが治まってからも、朝のディフューザー代わりにこの習慣は続いています。   洗濯槽のカビが防げて、 洗濯物の臭いもつきづらく、 洗濯機 ...

ReadMore

防災用品のチラシ

アロマ家事

2017/12/16

非常持ち出し袋にオレンジ精油を入れておこう

防災用品のチラシ これから非常持ち出しセットを作る方のために 熊本・九州での地震の被害に遭われた皆様に、心からのお見舞いを申し上げます。 皆様のご無事をお祈りしております。 今回の一連のニュースを見ていて「地震は予知できない」「いつ起こってもおかしくない」ということがよくわかりました。 その中で非常持ち出し袋を見直している方もいらっしゃると思うのですが、もしアロマテラピーにご興味があるのなら、オレンジ精油を一本入れておいてはいかがでしょうか。 精油は未開封なら3年~5年もちます。 一見無駄なもののように思 ...

ReadMore

重曹でシンク掃除

アロマ家事

2018/8/6

重曹+精油だけでシンクの掃除|前後写真でツヤを比較

重曹でシンク掃除 重曹と精油だけでも磨けます   重曹はいろんなところのお掃除にクレンザー・洗剤代わりに使えるとっても便利なものですが、調べてみるとクエン酸?石鹸と混ぜる?煮てつけ置き?などなどいろんな方法が出てきて迷ってしまうこともしばしば。   がっちり焦げがこびりついている…わけではない、通常のキッチンシンク・洗面台のボウル磨きでしたらば重曹だけでも十分にツヤを取り戻せます。   私は普段、重曹+精油だけでシンクと洗面台の掃除をしていまして、精油を使うことで、香りとその ...

ReadMore

畳あげ

アロマ家事 ハッカ油

2017/12/16

カビ臭さの消臭:拭き掃除にもハッカ油を足しました

ハッカ油 ハッカ油で消臭:かなりの臭いが抑え込めました ハッカ油をこの夏のうちに使い切ろうと、いろんな用途に使っています(クリックすると、ハッカ油の記事一覧に飛びます)。 今度は消臭! この夏、ずっと気になっていた茶の間のカビ臭さ。 ついに意を決して畳上げをしたところ、やっぱりかびていました。 畳は干しましたが、床部分がかなり臭かったので、ハッカ油を足した水で拭き掃除したところカビ臭さが消えました! お風呂にハッカ油を足すようになってから、浴室のカビ臭さも減ったので消臭効果もあるんだな~ぐらいの感覚でおり ...

ReadMore

除菌消臭スプレーを自分で作る理由

アロマ家事

2018/10/8

脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥

除菌消臭スプレーを自分で作る理由 脳へのご褒美がアロマテラピーの本質   除菌消臭スプレー使ってますか?   私は精油を使った自作の除菌消臭スプレーを使っています。   自作の理由はいろいろあるのですが、一番の理由は「その方が脳が喜ぶから」です。 予防医学情報研究所 朝川兼行 asakawa-lab.jp   他の五感(視覚・触覚)と違って、香りは脳へダイレクトに伝わる本能的なもの。   鼻の粘膜に香り成分がピタッとくっついて、すぐに全身に指令を送って0. ...

ReadMore

アロマ キャリアオイル

椿油は、使い方の前に買い方から|それほんとに椿油?

更新日:

椿油

熊本県坂本製油さんの純つばき油を頂きました

誕生日プレゼントに「いい油セット」を頂きました。ものすごくうれしい。

熊本県・益城町にある坂本製油さんの油です。

坂本製油さんの油は、どの油も

・原材料はもちろん国産(というか九州産)
・無農薬
・手搾りで1本1本手作業で瓶詰

という、材料も作り方もとてもシンプルで信頼できる油です。

野菜は氏・育ち・頃・たてが大事と言います。

氏はどんな品種
育ちは、どんなふうに作られたのか
頃はいつごろ
たては採りたて・つくりたて

この頂いたつばき油にはラベルに「熊本産」と書いてあるように、材料のつばきの実も国産>九州産>熊本産と、非常に出自がはっきりしています。

 

先日のはちみつの記事でも書きましたが、品質や作り方の表示に統一基準があるわけではないものの場合、みためは同じ「○○油」「○○はちみつ」であっても背景が全く違っていたりして、同じものとして扱っていいのか?と思うこともしばしば。

だからこういう自分1人では探せないような、正直な本物を頂けるととても感激します。

 

いい椿油が手に入るのは日本の特権

olive oil of Asia アジアのオリーブオイル

日本人には身近で、食用からボディケア・ヘアケアまで幅広くその効能が知られている椿油。

海外のアロマテラピー関連の本やサイトなどで見る限りはそれほど多く取り上げられているわけではなく、やっぱり椿油に親しみがわくのは日本人だからのようです。

私は普段、海外だとアメリカのアロマテラピーサイトを見ていることが多いのですが、

ホホバオイル、アーモンドオイルなんかが知名度どメジャーだとしたら、ククイナッツオイルとかローズヒップオイルと同じぐらいのリーグにいるというか。(それが2軍なのか3軍なのかちょっとまだはっきりしていませんが、それほど上ではないということが伝われば。イギリスとかはわかんない)

説明でよく見かけるのは

「アジアのオリーブオイル」
「ゲイシャの美の秘訣」

など、東洋の神秘的なイメージが詰まったオイルのような表現です。

アジアのオリーブオイルというのはいい得て妙、食用からスキンケアまで使えているのはまさにオリーブオイル。
量的にはイタリア人がオリーブオイルつかうほど使っていないけどね…

私もやれアルガンオイルマカデミアナッツオイルだと騒いでおりましたが、いい椿油をもらったら、がぜん使いたくなってきました。

というのも、やっぱりいい椿油が手に入るのは、おひざ元である日本の特権だからなのです。

 

カメリアオイルと椿油は違う

椿油、きちんと区別されてtsubaki oil, camellia japonica oilとも呼ばれることもありますが、一般的にはカメリアオイル(Camellia Oil)と呼ばれています。

このカメリアオイルという訳は曲者で、アロマテラピーのお作法に基づいて原料の植物を学名で並べると、

point

椿油:ヤブツバキ:Camellia japonica

カメリアオイル:ユチャ、チャノキ:Camellia oleifera、Camellia sinensis

と同じツバキ科でも別の種類の植物が原料です。

海外サイトではほとんどの場合、このユチャが原料のカメリアオイルを指しているのですが、これは中国原産の場合がほとんど。

だから海外の方が東洋の神秘カメリアオイル!…と思って使っているのは、厳密には日本伝統の椿油とはちょっと違うもののようです。
もし海外の方に美容モノをお土産にするなら、日持ちもレア度も椿油はいいかも!

 

…でも調べていたら、日本で椿油として売られているものも、カメリアオイルが原料のものが多いようで…。
解説は詳しいサイトにおまかせ。

平成椿油事情

www.geocities.jp

 

「大島椿」は単なる商品名?

原料も製造も●完全国産の●希少で貴重な『純ツバキ油』♪ | 猫野猫吉さんのブログ

 ツバキ油。ドラッグストアなどで気軽に買える量産品の話ではありません。ここでのツバキ油とは原料も製造も完全国産の純ツバキ油のこと。生産量(収穫量)が少ないため、希少(レア)で高価なことが多い貴重なものです

www.cosme.net

材料の名前がほぼほぼ商品名であるキャリアオイルは、原材料をよくよく見てから買おう。

オリーブオイルも味噌も醤油も、どこでも買えるようになったけれど、いわゆる本物は「どこでも」というわけにはまだまだいかないです。

輸入でしか手に入らないキャリアオイルもたくさんありますが、椿油は原料・製造ともに完全国産が手に入るため、日本人なら安心して使えるのはこれなんだろうなーと思いました。

野菜の時にはけっこう大事にしていた「距離が近いものは信頼しやすい」を、キャリアオイルではちょっと忘れてた。

 

 坂本製油さんのいいところ

いいところは、なによりも昔ながらの方法で製造していることです。
ホームページには工程が写真で掲載されているのですが、絞って(圧搾)から濾過するまで間にあるのは2工程。

顔につける油って、植物油としての構成成分(オレイン酸とか)ももちろん重要なのですが、ビタミンEなどその他の微量成分がとっても大事。
工程数が少なく濾過され過ぎていないってことは、それがそのまま残っている可能性が高いということです。(精製するとアレルゲンが減るという利点もあります)

一般的な植物油を作る工程は、もっともっといろんな作業が入っています。
とってもわかりやすい図が掲載されているから、油がどうやって作られているか興味のある方はぜひ一度見てみて!

これを見ると、油って何度も脱臭したり濾過したり、洗ったり色抜いたり、かなり手を加えて手元に届くのだな、ということがわかります。

これは食用の例で顔につける化粧用になるともっと精製するそうです。

実は今回、この椿油以外にもなたね油・ベニバナ油などもいただきまして。

私は普段使うしょうゆやみりんなどの調味料をおいしい本物に変えてから、調理法は同じなのにぐーんとおいしくなる(=ラク)を実感したので、今回やっと油を試せる機会を頂けてとても嬉しい。

坂本製油さんはオンライン通販してますので、ぜひ皆様も一度お試しください。

 

有限会社 坂本製油

sakamotoseiyu.jp

310tkd336x280A

ご注意



◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-アロマ, キャリアオイル
-, ,

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2018 All Rights Reserved.