脱臭のための重曹

アロマ家事

2018/8/21

ティーツリーで靴も下駄箱もまとめて消臭する方法|アロマインストラクターのお掃除マニュアル

脱臭のための重曹 下駄箱の臭い、気づかれてますよ! とある講演会で市民会館の大ホールへ行った時に、座席にいたらプーンと臭ってきたのは誰かの家の下駄箱の臭い。   ちょうど衣替えの季節だったので「久しぶりに出した靴を履いてきたのかな」と思いました。   ・下駄箱の扉を開けたときにちょっと臭う   ・靴をとろうとかがんだ時に靴の臭いがわかる   ・自分の靴下の臭いがわかる   もしあなたが以上のことに当てはまっているならば、その臭いは靴にも移って他の人も気づい ...

ReadMore

アロマ家事 ハッカ油

2018/8/28

効果的なアロマお掃除の方法とおすすめエッセンシャルオイル6本【アロマ家事】

掃除にアロマを取り入れよう 日々のリラックスやセルフケアにアロマを使っているなら、お掃除にも使ってみませんか?   いま使っている道具や手順にエッセンシャルオイルを足すだけで、あっという間にアロマお掃除に早変わり。   汚れや嫌な臭いがなくなるだけでなく、掃除しているあなたの気分がとっても良くなります。   エッセンシャルオイルは買ってみたけれど、忙しくてなかなかまとまってアロマを楽しむ時間が取れないかたには特にぴったり。   毎日しているちょっとした軽い家事の時間 ...

ReadMore

アロマ家事

2018/8/31

アロマで洗濯機も服もまとめて消臭!効果の高いタイミングや精油選びのコツ

室内干しの臭い・洗濯機のカビ対策にアロマを使おう   お洗濯の時、洗剤にちょこっと精油を足してみませんか? もう15年近く使用している年季の入ったうちの洗濯機、ちょっとカビやにおいが出てきた時期がありました。 その際に抗菌・抗カビ作用のある精油を加えてお洗濯をするのを始めたのですが、その防カビ作用もさながら洗濯中に香りが広がるのが大変気に入りまして。 臭いが治まってからも、朝のディフューザー代わりにこの習慣は続いています。   洗濯槽のカビが防げて、 洗濯物の臭いもつきづらく、 洗濯機 ...

ReadMore

防災用品のチラシ

アロマ家事

2017/12/16

非常持ち出し袋にオレンジ精油を入れておこう

防災用品のチラシ これから非常持ち出しセットを作る方のために 熊本・九州での地震の被害に遭われた皆様に、心からのお見舞いを申し上げます。 皆様のご無事をお祈りしております。 今回の一連のニュースを見ていて「地震は予知できない」「いつ起こってもおかしくない」ということがよくわかりました。 その中で非常持ち出し袋を見直している方もいらっしゃると思うのですが、もしアロマテラピーにご興味があるのなら、オレンジ精油を一本入れておいてはいかがでしょうか。 精油は未開封なら3年~5年もちます。 一見無駄なもののように思 ...

ReadMore

重曹でシンク掃除

アロマ家事

2018/8/6

重曹+精油だけでシンクの掃除|前後写真でツヤを比較

重曹でシンク掃除 重曹と精油だけでも磨けます   重曹はいろんなところのお掃除にクレンザー・洗剤代わりに使えるとっても便利なものですが、調べてみるとクエン酸?石鹸と混ぜる?煮てつけ置き?などなどいろんな方法が出てきて迷ってしまうこともしばしば。   がっちり焦げがこびりついている…わけではない、通常のキッチンシンク・洗面台のボウル磨きでしたらば重曹だけでも十分にツヤを取り戻せます。   私は普段、重曹+精油だけでシンクと洗面台の掃除をしていまして、精油を使うことで、香りとその ...

ReadMore

畳あげ

アロマ家事 ハッカ油

2017/12/16

カビ臭さの消臭:拭き掃除にもハッカ油を足しました

ハッカ油 ハッカ油で消臭:かなりの臭いが抑え込めました ハッカ油をこの夏のうちに使い切ろうと、いろんな用途に使っています(クリックすると、ハッカ油の記事一覧に飛びます)。 今度は消臭! この夏、ずっと気になっていた茶の間のカビ臭さ。 ついに意を決して畳上げをしたところ、やっぱりかびていました。 畳は干しましたが、床部分がかなり臭かったので、ハッカ油を足した水で拭き掃除したところカビ臭さが消えました! お風呂にハッカ油を足すようになってから、浴室のカビ臭さも減ったので消臭効果もあるんだな~ぐらいの感覚でおり ...

ReadMore

除菌消臭スプレーを自分で作る理由

アロマ家事

2018/10/8

脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥

除菌消臭スプレーを自分で作る理由 脳へのご褒美がアロマテラピーの本質   除菌消臭スプレー使ってますか?   私は精油を使った自作の除菌消臭スプレーを使っています。   自作の理由はいろいろあるのですが、一番の理由は「その方が脳が喜ぶから」です。 予防医学情報研究所 朝川兼行 asakawa-lab.jp   他の五感(視覚・触覚)と違って、香りは脳へダイレクトに伝わる本能的なもの。   鼻の粘膜に香り成分がピタッとくっついて、すぐに全身に指令を送って0. ...

ReadMore

アロマ

試しにネットで精油を買ってアロマやってみようかな?という時最低限気にしたほうがいいこと

更新日:

EvolvingScenes / Pixabay

ネットに限らず精油を買う時、お店もブランドも多いし、ただでさえ香りの種類も多いしで迷うべきところがたくさんあります。

特にアロマセラピーに興味のある方は、品質や安全性などへの興味が高い。
本当にこれは大丈夫なの?と気になってなかなかどれを買っていいかわからずに、なんとなく手が出せずにいる方も多いと聞きます。

それは本末転倒でもったいない話です。
せっかく興味を持ったら、まず一度試してみないと始まらない!

そこでいろいろ気にするポイントがありますが、あえて絞って1つだけ気にするとしたら

表示適合基準を守っているもの

を探すことから始めてみてはいかがでしょうか。

精油の表示適合基準とは

精油の簡単な氏と育ちのことです。

日本アロマ環境協会の設定する表示適合基準のリストはこんなかんじ

それぞれを、実際の瓶の表示と比べながら見てみます。サンプルは精油ブランドの中で有名なニールズヤードレメディーズの瓶を使ってみます。

実際の瓶の表示を優先して行くので、適合リストの順番とは異なる順序で紹介してます。

精油の成分表示:発売元と原産国

精油の成分表示:発売元と原産国

品名
「ペパーミント」や「レモン」などの植物の名前(通称名)が表示されています。

学名
植物は国や地域の方言により呼び名が異なることがあるため、学名を使用することで間違いを防ぐことができます。

抽出部分(位)
同じ学名の植物でも抽出部分が異なると精油の内容も異なります。例えば、花と葉では当然香りも違ってきます。

抽出方法
同じ植物、抽出部分でも抽出方法が異なれば精油の内容も異なります。同じ植物から異なる抽出方法により抽出されている精油もあります。

AEAJ表示基準適合精油認定制度についてから引用

抽出部分・抽出方法のこの瓶の表示は "expressed from the peel" となっており、抽出部分は皮、方法は圧搾法です。

expressed:圧搾法
distilled, distillation:蒸留法
peel:皮

参考:精油の抽出方法

精油の成分表示:ブランド名と内容量

ブランド名
内容、パッケージ、容量などブランドによりさまざまな個性があります。お気に入りのブランドを見つけましょう。またいろいろなブランドを集めるのも楽しいですね。

内容量
精油の内容量を示しています。

AEAJ表示基準適合精油認定制度についてから引用

 

精油の成分表示:発売元と原産国

精油の成分表示:発売元と原産国

生産国(生産地)または原産国(原産地)
産地により土壌、天候が異なるため、精油の内容に大きな影響を与えます。産地は精油の個性をあらわす重要な情報です。

発売元または輸入元
精油を販売する上で責任の所在を表すものです。発売元や輸入元、製造元となる会社の会社名、住所が記載されています。

AEAJ表示基準適合精油認定制度についてから引用

精油はある意味農産物なので、原産国によって香りが違います。
日本酒やワインなどを想像すると納得して頂けるかと。
オレンジだと、イタリアの他ブラジル・イスラエルなど様々な国のものがあります。

表示適合基準に書いてあることが、テキストの1ページめに書いてある基礎だから

アロマセラピーの教科書を買うと、まず最初に精油の基礎情報が載っていますが、これって結局この適合基準に書いてあることなのです。
品名と学名の違い、抽出部位と方法はテストでも問われる内容。
この特徴を押さえていけば、これからアロマセラピーを続けていく時の知識になります。

自分が今香っている精油がどんなものなのかを知るにあたって、最低限知っておきたいことです。

注意!品質を保証するものではありません

ただこれは、その商品の品質保証ではありません。

精油選びの際に安心・安全に選ぶルールのあくまで第1歩、品質管理についてはそれぞれの会社が責任を負う、というのが現状で、協会独自の品質管理・認定制度はいまのところないようです。

ここからは個人的な意見ですが、表示適合基準にあることを書いていないような精油で、品質だけはいい!…というのはちょっと考えにくいのではないかと思います。

もちろん協会の適合基準認定を受けていなくても、同様のことを販売時に「商品情報」として提示しているお店はたくさんあるので、その有無を確認することが大事だと思います。

表示適合基準に書かれていることは、アロマセラピーをやっていると本当に最小・最低限必要なことです。
特に「低コスト実現のため」を謳って包装・シール・説明書を除外していく企業は多いですが、この適合基準は絶対に省略すべきではない部分。
それを億劫がる会社はどうかな…というリスト除外方法としてお使いください。

品質についてはその上で、企業のバックグラウンドを調べたり、専門家に尋ねたりするのが一番だと思います。

たとえば、日本アロマ環境協会の表示基準適合認定を受けているお店の中で、精油が最も安く買えるお店では5mlの精油が300円前後で購入できます。(平均的なお店での価格が1200~1500円の商品)
個別の分析表なし(販売サイト内で参照ページを作り一括表示)、箱なし、レシピなどの印刷物なしで現物のみが届きます。

サイトによれば、エステを本業にされてる会社が、自己使用のために大量購入しているものを、自分たちで小分け・瓶詰めして販売している会社だそうです。(その過程や方法、仕入先については公開していません。公開しない理由については説明しています。)

ネットでの評判は賛否両論でして、だいたい多かったところを総合すると(注:個人の感想の、個人のまとめです)
・芳香浴ぐらいまでならいいと思うが、肌につけるのには不向きかも
・香りがちょっと違う気がする
・総じてあまりいい評価はない
・全否定の人もいれば、用途によって使い分けを推奨する人も

ネットの評判をうのみにする必要はないので、あくまで使ってみての判断でいいと思うのですが、同じ表示基準適合認定を取っていても、品質についての感想はブランドごとにこのような差があるという例としてみてください。

私のおススメは

もし初めて精油を買ってみようと思うなら、生活の木で買うのがいいなと思っています。
生活の木 オフィシャルオンラインストア

理由は
・表示基準はもちろん適合
・個別に成分分析表も付いている
・内容や違いを比較しやすいシンプルなサイト構成
実店舗が全国にあるため、いざとなったら確かめやすい(福島県なら郡山と福島にある)

とくに芳香浴だけで、ボディオイルや化粧水に混ぜたりしないのなら、「生活の木」が販売している、芳香浴専用の大容量タイプのオイルが割安で品質も安心かと思います。30mlで3000円前後です。

芳香浴専用ってなに?という疑問がわいたので、生活の木さんに直接お問い合わせしてみたよ。

 

最近買っているのは

フロリハナの商品を買うことが多いです。(アマゾンにもストアが出ています)

AEAJ日本アロマ環境協会の会員だと、15%の割引が受けられます。

田舎住まいの私にとっては、ネットでいい精油を買える場所を探すのは本当に大切なことです。
いいサイトを知ってるよ!という方がいらっしゃったら、ぜひ私にも教えてください!

310tkd336x280A

ご注意



◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-アロマ
-, ,

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2018 All Rights Reserved.