アロマ アロマクラフト

2018/10/9

手作りヨガマットスプレーの作り方|お手入れにおすすめのエタノール濃度は20%

ヨガマットスプレー買ってますか?   ヨガをしている方は多いと思うのですが、ヨガマット用のクリーナーを使っている方はいますか? ↓こういう感じのものです ヨガスプレー【コーム】   消臭と汚れ落としが主な目的ですが、ヨガマットスプレーはアルコール+水+エッセンシャルオイルで作られているものがほとんどで、実は自分で作るのがとても簡単。   そして一度作ってしまえば、ヨガマットに限らず様々な除菌に使えます。   もし手元にエッセンシャルオイルとヨガマットをお持ちの方は、 ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2019/3/12

初めてのアロマ蜜ろうクリームの作り方|材料の選び方~使い方まで|ヘアバーム・リップ・ハンドクリームに

蜜ろうクリーム 【手作りコスメ入門編】蜜ろうクリームを作ってみよう   蜜ろうクリームって何?どこがいいの?と疑問をお持ちの方。   顔・体・手・髪・爪・唇・香り…と様々に使い道の分かれたクリームが出ていますが、その役割ぜーんぶまとめて1つでケアできるのが蜜ろうクリームです。   楽でいい!シンプルでいい!   アロマテラピーを使った手作りコスメの中で、最も幅広く使えてアレンジ力があるのは、それが化粧品の基本中の基本だから。   作り方は蜜ろうに好みの植物 ...

ReadMore

椿油で蜜ろうクリーム

アロマクラフト キャリアオイル

2018/3/31

椿油ベースの蜜ろうクリームつくりました|髪から足まで全身使える万能バーム

椿油で蜜ろうクリーム:溶かしたての頃 椿油を全身で使ってみようと思い、蜜ろうクリームにしました 先日、熊本県益城町産の椿油を頂きました。 国産材料を使って、昔ながらの方法で絞られた油です。油についてはこちらで記事にしましたのでご覧ください。 よくみかける椿油ですが、意外と国産が材料に使われていないじゃないか!という話です。 椿油は、使い方の前に買い方から|それほんとに椿油?   で、せっかくのちゃんとした椿油ですから全身に使ってみようと思いまして、こぼす心配のない蜜ろうクリームを作りました。 蜜 ...

ReadMore

アロマクラフト

2018/3/12

手作りアロマスプレーをフレッシュに保つための、使い切れる精油の選び方

手作りスプレーのための精油選び 手作りヨガマットスプレーを作るときのコツ、として、前回は出来上がりのアルコール濃度について記事にしました。 スプレーの作り方については以下の記事をご覧ください。 手作りヨガマットスプレーの作り方|おすすめのエタノール濃度は20% 脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥 今回はその他の材料の事。 香りや作用をフレッシュに保つには、どう材料を選んだらいいのか? 特にこれから初めてスプレーを作る方、新たに精油を買い足してみようとお考えの方に読んでほしい内 ...

ReadMore

1g量れるスプーン

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】計量スプーンで蜜ろう1gは量れるか?

1g量れるスプーン  計量スプーンで1gの蜜ろうを量ってみます 今回は蜜ろう(ビーズワックス)の量を、デジタルスケールを使わず計量スプーンを使って量る方法です。 前回は生活の木の蜜ろうをサンプルに、粒の数を数えてだいたいの重さを推測する方法を書きましたが、それだと他メーカーの蜜ろうには対応できないため、今日は計量スプーンでざっくり量ったらどのぐらいになるか?を試してみました。 結論として、蜜ろうは1g計量スプーン山盛り一杯でおおよそ1gになるということがわかりました。 以下、山盛り一杯ってどのぐらい?とい ...

ReadMore

蜜ろう1粒の重さは何グラム?

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】生活の木の蜜ろう1粒の重さは何グラム?

蜜ろう1粒の重さは何グラム? ちょっとだけ蜜ろうクリームを作りたいときに知りたかったコト 手作り化粧品のレシピを見ていると1g~のとても少ない単位で材料を使うことがよくありますが、家にデジタルスケールがない場合はこれが量れません。 特に蜜ろうを使うとき、これ一粒は何グラムなんだろう?これがわかったら粒数数えて入れられるかな?…と思うことが多かったので、実際に量ってみました。 ちょびっとずつ蜜ろうクリームを作るときの参考にしてください。 蜜ろうクリームのことはここで書いてます! 好きな精油の香りを持ち歩く| ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2018/3/31

好きな精油の香りを持ち歩く|蜜ろうクリームの練り香水

蜜ろうクリーム  蜜ろうクリームにして、好きな香りを持ち歩く ちょっと前に、転機の人が好むアロマブレンドのことを書きました。 ゼラニウムとサイプレスの組み合わせで、2015年最も気に入って、事あるごとに使っていた香り。 ゼラニウムもサイプレスも、どちらもホルモンバランス調整の作用がある精油です。 記事に起こしたらやっぱりまた気になり始まって、ふとした時にすぐ香りが楽しめる練り香水を作ることにしました。 練り香水というと難しそうですが、香りが強めの蜜ろうクリームです。 リップクリームの香りが強いものとイメー ...

ReadMore

香水ディフューザー

アロマ アロマクラフト

2019/3/16

使わない香水で作るリードディフューザー濃度調整のコツ【ルームフレグランス】

大好きな香水をきちんと使い切りたいあなたへ 使わないまましまい込んでいる香水をお持ちではありませんか?   香水は瓶がかわいかったり、くださった方や使っていた時の記憶が閉じ込められていたりで、なかなか「いらないから捨てる」ことができません。   なにより自分が気に入って手に入れたり、大切な人からの贈り物であることが多い香水は、やっぱりきちんと使い切りたいものです。   アルミキャップできっちり封がしてあるものならそれほど早くは変質しないそうですが、口が開いているタイプだとどん ...

ReadMore

ハッカ油

体感温度が4度下がる!|ミントでひんやり+日焼けケア用アロマスプレー

更新日:

icy-background-717932_640

夏のひんやりアロマスプレーを扇風機の前で使おう

 

猛暑の中、外から戻ってきて一秒でも早く涼みたいときどうしていますか?

 

こないだお友達のツイートを見て、扇風機とウォータータンクが合わさってるものがあるのを知りました。

扇風機とミストが共存していて、冷たい霧が拡散する仕組み。

店舗の前に設置してあるものらしいのですが、これを見てなるほど!こりゃー涼しいに違いない。

 

これを見てから、暑さがどうにもならなくなったときには、扇風機の前に陣取って、自作アロマスプレーをプシュプシュすることにしたところ、風だけの時よりひんやり度がぐっと増すことに気づきました。

 

そして香りの拡散も早い。

 

暑さが治まるころには、お部屋もほんのりいい香りが充満していて、火を使わない夏のお部屋アロマに最適。

 

今回はより猛暑対応のアロマスプレーを作るべく、体感温度を下げるペパーミントと、日焼け後のお肌にいいカモミールなどを合わせて

 

涼みながら

肌ケアして

お部屋もいい香り

 

の一石三鳥なアロマスプレーのレシピをご紹介します。

 

今までアロマスプレーを作ったことのない方・作ったけどいまいち使い切れなかった方にもおススメの、毎日の生活に取り入れやすいスプレーです!

スポンサーリンク

ペパーミント精油は体感温度を4度下げる

ミントの葉

ミントの葉

ペパーミントの香りを嗅ぐだけで、体はひんやり涼しさを感じます。

 

ペパーミントの香りでスースー感を得られるのはハッカ油の記事でさんざん書いてきましたが、具体的な実験結果の記事がアロマ環境協会にありました。

 

香りを嗅がない状態で水温28℃の水に手を入れて感じる体感温度と、ペパーミントの香りを嗅いだ状態で水温32℃の水に手を入れて感じる体感温度が同レベルであり、ペパーミントの香りを嗅ぐことで4℃も体感温度が下がるという実験結果が出ています。

AEAJ「アロマでクールダウン」

 

今回は他の精油と合わせるので、ハッカ油ではなくエッセンシャルオイルを使っています。

ハッカ油の方が、ペパーミント精油よりメントールがギンギンしているので、他と合わせる時は濃度の調節が難しい。

 

 

クール&日焼けロマスプレーの作り方

【材 料】完成50ml
無水または消毒用エタノール 5ml
精製水 45ml
カモミール精油 4滴
ゼラニウム精油 3滴
ペパーミント精油 3滴
合計 10滴

 

10%がアルコール
1%が精油
あとは水

  1. エタノールを瓶に入れる
  2. 精油を入れてよく振って溶かす
  3. 最後に精製水を入れる

以上です!

注意するのは1点だけ。精油は水にとけないので、先にエタノールに溶かします。

 

最後に水で薄めます。

 

だいたい2週間~3週間ぐらいで使い切りましょう。

 

 

カモミールは火傷やほてりを抑えます

カモミールティー

カモミールティー

今回使っているカモミールは眠れない時に飲むハーブティーとして有名なのですけれど、もう一つ得意なのがこの日焼け後のお手入れ。

 

火傷、炎症、かさつき、湿疹などの、日焼けによるトラブルを抑えるのが得意です。

 

日焼け後に肌がカサカサしちゃう人には、カモミール入りはいいスプレーになりますね。

 

眠れないこともそうですけれど、高ぶったり熱くなっているモノをトーンダウン・落ち着かせるのが得意…と覚えると簡単かも。

 

上のレシピでは、お肌のハリや潤いを維持してくれるゼラニウムも加えています。

※ジャーマン・カモミールと間違えないよう注意!

 

 

夏にバシャバシャ浴びるならフローラルウォーター

フロリハナのフローラルウォーター

フロリハナのフローラルウォーター

 

カモミール精油をお肌にもっと気軽に使えるのがフローラルウォーターです。

 

精油を作るときに出る副産物の蒸留水で、精油と同じ成分が溶け込んでいるから、いわばそのままで化粧水。

 

冷蔵庫で補完してひんやりさせたフローラルウォーターは、日焼け後のトーニングローションに使えます。

アロマスプレーに加える水の代わりに、フローラルウォーターを作るのももちろん可能です。

 

上のレシピからカモミール精油を外して、精製水の代わりにこちらを使用します。

精油を使い切る自信がない方には、化粧水に使えることがわかっているフローラルウォーターから始めるのもいいですね。

 

ひんやり効果は扇風機でいいわ!という方は、単にこのフローラルウォーターを扇風機の前でスプレーするだけでも涼むもよし。

 

ペパーミントのフローラルウォーターもありますよ。

 

 

フローラルウォーターはリスクの少ない化粧水

 

フローラルウォーターは、ナチュラルメイクが得意なメイクアップアーティスト、ピカ子さんもおススメの肌に長期的なリスクの少ない化粧水です。

 

保存剤、保湿剤などの余計なものが入っていない。

 

ただ保湿成分などが添加されていないということは、慣れないうちはそのままだとサッパリしすぎるのが難点。

だから冬に使い始めるよりは、あっつい夏のほうが向いています。

化粧水としてのことは詳しくはこちらに書きましたので、ぜひ合わせてお読みください。

化粧水に、精油の成分そのままのフローラルウォーターを使う

 

 

涼んだあとのケアはオイルで

 

今回の精油のブレンド割合は、オイル50mlに加えてボディオイルにしても日焼けケアとして使用できますし、もちろんバスソルトにも。

 

バスソルトで汗をかこう|エッセンシャルオイルの基本的な使い方1

エッセンシャルオイル(精油)、お部屋で香らせる以外の使い道 エッセンシャルオイル(以下、精油と呼びます)を買ったら、まずはお部屋で香らせるのが王道の使い道。 ディフューザー、アロマポットなどで香りを空 ...

続きを見る

 

マッサージオイルでボディケア|エッセンシャルオイルの基本的な使い方2

エッセンシャルオイル(精油)、お部屋で香らせる以外の使い道2 エッセンシャルオイル(以下、精油と呼びます)を買ったら、まずはお部屋で香らせるのが王道の使い道。 ディフューザー、アロマポットなどで香りを ...

続きを見る

 

ボディオイルになると、ベースとなるキャリアオイルの美肌作用のおかげで、肌ケア効果はさらに上がります。

 

日焼けのお手入れ用にするならば、

  • ホホバオイル
  • セサミシードオイル
  • イブニングプリムローズオイル
  • アーモンドオイル

あたりがいいのではないでしょうか。単体でもブレンドでも使えます。

 

フロリハナのお試しセット、価格がとても良心的+15mlx3の使いやすい大きさです。

この3本セットを全部ブレンドしてボディオイル作ってみるのは、使い残しがなくてとてもいいんじゃないかな。

 

特にイブニングプリムローズオイル、酸化しやすいから使用期限がすごーく短くて1か月ぐらいしかないのが難点です。

ただ作用はとても素晴らしいので、真夏の8月1か月間だけ!みたいな使い方にむいていると思います。

 

 

まとめ

扇風機の前でアロマスプレーを使ってみましょう…だけ書くつもりが、結局ボディオイルまで書いてしまった。

 

でも1つブレンドを見つけると、お部屋から全身までぜーんぶ使えるのがアロマテラピーのいいところだったりします。

 

ひんやりアロマスプレーを入り口に、アロマで涼しい肌ケアして、暑い夏もさわやかに過ごしましょう☆

 

 

【夏を涼しく過ごすアロマ記事書いてます】

ハッカ油とベビーパウダーでひんやりボディーパウダー

ハッカ油おしぼりで猛暑をしのいでいます:安くて使いやすいハッカ油

ハッカ油+ユーカリ精油でシーブリーズの香り

ご注意

◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-ハッカ油
-, , , ,

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2019 All Rights Reserved.