アロマ アロマクラフト

2018/10/9

手作りヨガマットスプレーの作り方|お手入れにおすすめのエタノール濃度は20%

ヨガマットスプレー買ってますか?   ヨガをしている方は多いと思うのですが、ヨガマット用のクリーナーを使っている方はいますか? ↓こういう感じのものです ヨガスプレー【コーム】   消臭と汚れ落としが主な目的ですが、ヨガマットスプレーはアルコール+水+エッセンシャルオイルで作られているものがほとんどで、実は自分で作るのがとても簡単。   そして一度作ってしまえば、ヨガマットに限らず様々な除菌に使えます。   もし手元にエッセンシャルオイルとヨガマットをお持ちの方は、 ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2019/3/12

初めてのアロマ蜜ろうクリームの作り方|材料の選び方~使い方まで|ヘアバーム・リップ・ハンドクリームに

蜜ろうクリーム 【手作りコスメ入門編】蜜ろうクリームを作ってみよう   蜜ろうクリームって何?どこがいいの?と疑問をお持ちの方。   顔・体・手・髪・爪・唇・香り…と様々に使い道の分かれたクリームが出ていますが、その役割ぜーんぶまとめて1つでケアできるのが蜜ろうクリームです。   楽でいい!シンプルでいい!   アロマテラピーを使った手作りコスメの中で、最も幅広く使えてアレンジ力があるのは、それが化粧品の基本中の基本だから。   作り方は蜜ろうに好みの植物 ...

ReadMore

椿油で蜜ろうクリーム

アロマクラフト キャリアオイル

2018/3/31

椿油ベースの蜜ろうクリームつくりました|髪から足まで全身使える万能バーム

椿油で蜜ろうクリーム:溶かしたての頃 椿油を全身で使ってみようと思い、蜜ろうクリームにしました 先日、熊本県益城町産の椿油を頂きました。 国産材料を使って、昔ながらの方法で絞られた油です。油についてはこちらで記事にしましたのでご覧ください。 よくみかける椿油ですが、意外と国産が材料に使われていないじゃないか!という話です。 椿油は、使い方の前に買い方から|それほんとに椿油?   で、せっかくのちゃんとした椿油ですから全身に使ってみようと思いまして、こぼす心配のない蜜ろうクリームを作りました。 蜜 ...

ReadMore

アロマクラフト

2018/3/12

手作りアロマスプレーをフレッシュに保つための、使い切れる精油の選び方

手作りスプレーのための精油選び 手作りヨガマットスプレーを作るときのコツ、として、前回は出来上がりのアルコール濃度について記事にしました。 スプレーの作り方については以下の記事をご覧ください。 手作りヨガマットスプレーの作り方|おすすめのエタノール濃度は20% 脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥 今回はその他の材料の事。 香りや作用をフレッシュに保つには、どう材料を選んだらいいのか? 特にこれから初めてスプレーを作る方、新たに精油を買い足してみようとお考えの方に読んでほしい内 ...

ReadMore

1g量れるスプーン

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】計量スプーンで蜜ろう1gは量れるか?

1g量れるスプーン  計量スプーンで1gの蜜ろうを量ってみます 今回は蜜ろう(ビーズワックス)の量を、デジタルスケールを使わず計量スプーンを使って量る方法です。 前回は生活の木の蜜ろうをサンプルに、粒の数を数えてだいたいの重さを推測する方法を書きましたが、それだと他メーカーの蜜ろうには対応できないため、今日は計量スプーンでざっくり量ったらどのぐらいになるか?を試してみました。 結論として、蜜ろうは1g計量スプーン山盛り一杯でおおよそ1gになるということがわかりました。 以下、山盛り一杯ってどのぐらい?とい ...

ReadMore

蜜ろう1粒の重さは何グラム?

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】生活の木の蜜ろう1粒の重さは何グラム?

蜜ろう1粒の重さは何グラム? ちょっとだけ蜜ろうクリームを作りたいときに知りたかったコト 手作り化粧品のレシピを見ていると1g~のとても少ない単位で材料を使うことがよくありますが、家にデジタルスケールがない場合はこれが量れません。 特に蜜ろうを使うとき、これ一粒は何グラムなんだろう?これがわかったら粒数数えて入れられるかな?…と思うことが多かったので、実際に量ってみました。 ちょびっとずつ蜜ろうクリームを作るときの参考にしてください。 蜜ろうクリームのことはここで書いてます! 好きな精油の香りを持ち歩く| ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2018/3/31

好きな精油の香りを持ち歩く|蜜ろうクリームの練り香水

蜜ろうクリーム  蜜ろうクリームにして、好きな香りを持ち歩く ちょっと前に、転機の人が好むアロマブレンドのことを書きました。 ゼラニウムとサイプレスの組み合わせで、2015年最も気に入って、事あるごとに使っていた香り。 ゼラニウムもサイプレスも、どちらもホルモンバランス調整の作用がある精油です。 記事に起こしたらやっぱりまた気になり始まって、ふとした時にすぐ香りが楽しめる練り香水を作ることにしました。 練り香水というと難しそうですが、香りが強めの蜜ろうクリームです。 リップクリームの香りが強いものとイメー ...

ReadMore

香水ディフューザー

アロマ アロマクラフト

2019/3/16

使わない香水で作るリードディフューザー濃度調整のコツ【ルームフレグランス】

大好きな香水をきちんと使い切りたいあなたへ 使わないまましまい込んでいる香水をお持ちではありませんか?   香水は瓶がかわいかったり、くださった方や使っていた時の記憶が閉じ込められていたりで、なかなか「いらないから捨てる」ことができません。   なにより自分が気に入って手に入れたり、大切な人からの贈り物であることが多い香水は、やっぱりきちんと使い切りたいものです。   アルミキャップできっちり封がしてあるものならそれほど早くは変質しないそうですが、口が開いているタイプだとどん ...

ReadMore

ハッカ油

ハッカ油とベビーパウダーでひんやりボディーパウダー

更新日:

flour-791840_640

お風呂上りにもハッカ油モノを投入してさらにひんやり

35度オーバー続きの毎日の中ハッカ油を買ってから、すっかりその恩恵を受けない日がありません。
少し暑さも落ち着いてきた最近、夏の間にハッカ油でやれることはやってしまおう、と考えていました。

日中気軽にさっぱりできるハッカ油おしぼり
シーブリーズと同じ香りになる入浴剤
ときたので、今度はお風呂上りのパウダーにしてみます。

ベビーパウダーに足して、ひんやりボディーパウダー

ボディパウダーは、ハッカ油レシピをいろいろ検索している中、好意的なコメントが多くて気になっていました。

以前タイに旅行に行った時に、現地のボディーパウダーがみんなひんやりする効果を持っていたことも思い出して、あれってハッカ油だったのか!とも。
その時は「パウダーがひんやりするだなんて」ってすごく驚いたのを今でも覚えています。

それとベビーパウダーもハッカ油のようにけっこう使いでがあるもののようなので、夏の間に使い切れなくてもいいかな?と思って。

手作りをやる時って、この「使いきれるかどうか」が私はけっこう気になります。
飽きが早い割にもったいないお化けを気にしてしまう、矛盾した性格のなせる技。

スポンサーリンク

シャカシャカ振るだけ!作り方簡単

【材料】

ベビーパウダー
ハッカ油
綿棒
パウダーを入れる容器(瓶、タッパーなど)
使い捨てスプーン

ハッカ油を使ってスースーボディーパウダー

材料はいたってシンプル

ベビーパウダーの本体からタッパーに粉を移すときに、たまたま家にあったゼリーなどに付属している使い捨てスプーンを使いました。

容器はかわいい瓶などにしようかと思ったのですが、粉の出し入れのしやすさを考えて小さめのタッパーに。

瓶だと口が細くて手が入らなそうで、かといってスプーンを入れておくのも気が引けて、そうなると瓶を傾けてトントンして出す…途中で絶対ぶちまける事故が、私の場合は予想されます。

かわいい平缶などあればそれがよいのでしょうが、残念ながらうちにはなかったです。

綿棒にハッカ油をしみこませる

綿棒にハッカ油をしみこませる

綿球にハッカ油をしみこませて、この上からパウダーをばさっと入れます。
入れる量が多すぎると振った時に粉がよく混ざらないので、そこだけ注意。

ハッカ油の量は、足りないと思ったらまた綿棒を足せばいいだけなので、まずは一本で様子を見ます。

そしてよく振る。できあがり!

パウダーに香りづけする方法として、綿棒に含ませるのはいいなと思いました。
こうすればいいのかと目からウロコ。

ハッカ油に限らず、好きな香水を含ませれば簡単に自分好みのパウダーになります。

 

ベビーパウダーは無香?微香?

やっぱりパウダーだと、サラサラ感があります。
寝る前に使っていますが、本当は日中お出かけ前の方がいいのかな。

特に何も考えずに私が買ったのはこのベビーパウダーだったのですが、微香性って書いてあるけれどけっこう香りが強かった。
パフで叩いているとちょっとむせることがあります。

香りは好みがあるから一概には言えませんが、私はもし次買うなら、他の用途に使うことも考えて無香料のものを買おうと思います。

古風な日本の夏を感じる香りに仕上がります

ジョンソンのベビーパウダー+ハッカ油の香りは、ものすごく古風な香り。
ベビーパウダーも昔のお化粧品っぽい香りですが、ハッカ油もわりと昔っぽいので、両者あいまって昭和どころか大正モダンといいますか、

なんかこういうイメージの、大変古風な香りに感じました。
資生堂のオイデルミンとかと一緒に並んでいそうな、

蚊取り線香が似合うイメージ。
匂い強いな~とはじめは思いましたが、それもまた日本の夏っぽくて、今は悪くない気もしています。

キャニスター サーカス canister circus

タッパーじゃなくて、こんなアクセサリー用のキャニスターに入ってたら雰囲気出るかな…私はまず間違いなくひっくり返してしまいそうだけど。

ちなみに香りについては持続性のあるものではなく、あくまでパフパフしているときにする香りです。

使っているハッカ油の量も少ないですので、付けた後もずっとその香りが自分からすることはないと思います。
香水とケンカしちゃうかな?とかは考えなくてOKですので、安心してご使用ください。

 

持ち歩きたい方にはパウダー専用ケースも売ってます

【ハッカ油、便利にいろいろ使ってます!】

 

ご注意

◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-ハッカ油
-,

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2019 All Rights Reserved.