アロマ アロマクラフト

2018/10/9

手作りヨガマットスプレーの作り方|お手入れにおすすめのエタノール濃度は20%

ヨガマットスプレー買ってますか?   ヨガをしている方は多いと思うのですが、ヨガマット用のクリーナーを使っている方はいますか? ↓こういう感じのものです ヨガスプレー【コーム】   消臭と汚れ落としが主な目的ですが、ヨガマットスプレーはアルコール+水+エッセンシャルオイルで作られているものがほとんどで、実は自分で作るのがとても簡単。   そして一度作ってしまえば、ヨガマットに限らず様々な除菌に使えます。   もし手元にエッセンシャルオイルとヨガマットをお持ちの方は、 ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2019/3/12

初めてのアロマ蜜ろうクリームの作り方|材料の選び方~使い方まで|ヘアバーム・リップ・ハンドクリームに

蜜ろうクリーム 【手作りコスメ入門編】蜜ろうクリームを作ってみよう   蜜ろうクリームって何?どこがいいの?と疑問をお持ちの方。   顔・体・手・髪・爪・唇・香り…と様々に使い道の分かれたクリームが出ていますが、その役割ぜーんぶまとめて1つでケアできるのが蜜ろうクリームです。   楽でいい!シンプルでいい!   アロマテラピーを使った手作りコスメの中で、最も幅広く使えてアレンジ力があるのは、それが化粧品の基本中の基本だから。   作り方は蜜ろうに好みの植物 ...

ReadMore

椿油で蜜ろうクリーム

アロマクラフト キャリアオイル

2018/3/31

椿油ベースの蜜ろうクリームつくりました|髪から足まで全身使える万能バーム

椿油で蜜ろうクリーム:溶かしたての頃 椿油を全身で使ってみようと思い、蜜ろうクリームにしました 先日、熊本県益城町産の椿油を頂きました。 国産材料を使って、昔ながらの方法で絞られた油です。油についてはこちらで記事にしましたのでご覧ください。 よくみかける椿油ですが、意外と国産が材料に使われていないじゃないか!という話です。 椿油は、使い方の前に買い方から|それほんとに椿油?   で、せっかくのちゃんとした椿油ですから全身に使ってみようと思いまして、こぼす心配のない蜜ろうクリームを作りました。 蜜 ...

ReadMore

アロマクラフト

2018/3/12

手作りアロマスプレーをフレッシュに保つための、使い切れる精油の選び方

手作りスプレーのための精油選び 手作りヨガマットスプレーを作るときのコツ、として、前回は出来上がりのアルコール濃度について記事にしました。 スプレーの作り方については以下の記事をご覧ください。 手作りヨガマットスプレーの作り方|おすすめのエタノール濃度は20% 脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥 今回はその他の材料の事。 香りや作用をフレッシュに保つには、どう材料を選んだらいいのか? 特にこれから初めてスプレーを作る方、新たに精油を買い足してみようとお考えの方に読んでほしい内 ...

ReadMore

1g量れるスプーン

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】計量スプーンで蜜ろう1gは量れるか?

1g量れるスプーン  計量スプーンで1gの蜜ろうを量ってみます 今回は蜜ろう(ビーズワックス)の量を、デジタルスケールを使わず計量スプーンを使って量る方法です。 前回は生活の木の蜜ろうをサンプルに、粒の数を数えてだいたいの重さを推測する方法を書きましたが、それだと他メーカーの蜜ろうには対応できないため、今日は計量スプーンでざっくり量ったらどのぐらいになるか?を試してみました。 結論として、蜜ろうは1g計量スプーン山盛り一杯でおおよそ1gになるということがわかりました。 以下、山盛り一杯ってどのぐらい?とい ...

ReadMore

蜜ろう1粒の重さは何グラム?

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】生活の木の蜜ろう1粒の重さは何グラム?

蜜ろう1粒の重さは何グラム? ちょっとだけ蜜ろうクリームを作りたいときに知りたかったコト 手作り化粧品のレシピを見ていると1g~のとても少ない単位で材料を使うことがよくありますが、家にデジタルスケールがない場合はこれが量れません。 特に蜜ろうを使うとき、これ一粒は何グラムなんだろう?これがわかったら粒数数えて入れられるかな?…と思うことが多かったので、実際に量ってみました。 ちょびっとずつ蜜ろうクリームを作るときの参考にしてください。 蜜ろうクリームのことはここで書いてます! 好きな精油の香りを持ち歩く| ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2018/3/31

好きな精油の香りを持ち歩く|蜜ろうクリームの練り香水

蜜ろうクリーム  蜜ろうクリームにして、好きな香りを持ち歩く ちょっと前に、転機の人が好むアロマブレンドのことを書きました。 ゼラニウムとサイプレスの組み合わせで、2015年最も気に入って、事あるごとに使っていた香り。 ゼラニウムもサイプレスも、どちらもホルモンバランス調整の作用がある精油です。 記事に起こしたらやっぱりまた気になり始まって、ふとした時にすぐ香りが楽しめる練り香水を作ることにしました。 練り香水というと難しそうですが、香りが強めの蜜ろうクリームです。 リップクリームの香りが強いものとイメー ...

ReadMore

香水ディフューザー

アロマ アロマクラフト

2019/3/16

使わない香水で作るリードディフューザー濃度調整のコツ【ルームフレグランス】

大好きな香水をきちんと使い切りたいあなたへ 使わないまましまい込んでいる香水をお持ちではありませんか?   香水は瓶がかわいかったり、くださった方や使っていた時の記憶が閉じ込められていたりで、なかなか「いらないから捨てる」ことができません。   なにより自分が気に入って手に入れたり、大切な人からの贈り物であることが多い香水は、やっぱりきちんと使い切りたいものです。   アルミキャップできっちり封がしてあるものならそれほど早くは変質しないそうですが、口が開いているタイプだとどん ...

ReadMore

テレビで紹介したもの 葉と茎の野菜

新玉ねぎとベーコンのレモン炒め|香りのオイルをからめて食べよう

更新日:

新玉ねぎとベーコン炒め

新玉ねぎとベーコン炒め

春は野菜の柔らかさを楽しむ季節

4月は春になった嬉しさが野菜の名前にも現れています。

春キャベツ、新玉ねぎ、新じゃが…

どれも水分が多くてやわらかいことが特徴なので、より実態に近い呼び方をするなら「ソフトキャベツ」「甘玉ねぎ」「薄皮ジャガイモ」なんて呼んでもよさそうなものですけれど、そんなふうに無味乾燥な呼び方をしないのが日本人のいいところ。

みずみずしく柔らかいだけではない「春」や「新」の持ついいイメージも野菜に乗せてくれているから、よりおいしそうに感じます。
メニューにも「新玉ねぎ」って書いてあったら、なんだか食べたくなりますものね。

今日作ったのは、新玉ねぎだからこそおいしく食べられるベーコンとレモンの香りたっぷりの炒め物です。

スポンサーリンク

新玉ねぎとベーコンのレモン炒めの作り方

柔らかい玉ねぎは大きなポーションで食べたら、新玉ねぎらしい。

焼新玉ねぎ材料

焼新玉ねぎ材料

【材 料】
玉ねぎ 1個
ベーコン 使う玉ねぎの4分の1サイズ
レモン 2片
ニンニク1片

 

1. 玉ねぎを4つ切りにしてレンジでチンする 1個当たり2分
2. ベーコンはサイコロ状に切り、ニンニクは包丁でつぶす。
3.ベーコン、ニンニクを炒める。レモンは表面に焦げ目をつけるように。終わったら皿にに取り出す
4. 同じフライパンで玉ねぎに焦げ目がつくまで焼く。強火でOK
5. さらに玉ねぎ・レモンを盛り付け、ベーコンをふりかけて完成

新玉ねぎとベーコン炒め

新玉ねぎのやわらかさを楽しもう

レンジでチンした新玉ねぎは、お醤油と鰹節ふってもうそれだけで食べられるおいしい温野菜。

そこに、ベーコン・ニンニク・レモンの香りを移した香ばしいオイルを絡めて食べよう…というのが今回のメニューの始まりです。

だからフライパンは1つを使いまわし。

ベーコンも油が出やすいように小さくカット。

ニンニク、レモンと一緒にフライパンに入れることで、香りのいいオイルができます。

塩気はベーコンにお任せで特に加えません。

玉ねぎ自体がダシの強い野菜であること、香りが十分載っていることから、塩分量は控えめでも口に入れると十分満足感が出ます。

塩を振るなら、ぜひ一口食べてみてからにしてください。

もしたくさん作って残ったら、ぜひスープにリメイクして食べてくださいね。

 

 

新玉ねぎと普通の玉ねぎの違い

新玉ねぎとふつうの黄玉ねぎ

新玉ねぎとふつうの黄玉ねぎ

野菜は氏(品種)と育ちと言いますが、この玉ねぎの違いもまさにそう。
新玉ねぎは

  • 柔らかく
  • 水分が多く
  • 辛みが少なく、
  • 加熱すると溶けやすい

と言われています。
これらの条件を私の頭の中で翻訳すると「調理の時間が短くていい、手をかけないで食べていい手間なし素材」です。

スライス、みじん切り、温野菜。

おいしい調味料揃えるだけで大満足の食卓。

二つの大きな違いは

品種の違いと育った場所(気候)の違い

から生まれます。

まず品種で言うと新玉ねぎは白系と呼ばれるもの、

いわゆる普通の玉ねぎは黄色系と呼ばれるもの。

そして育つ環境も異なり

白系新玉ねぎ:千葉、静岡で越冬する
黄系玉ねぎ:北海道で夏を越す

玉ねぎが育つ時期が夏なのか冬なのかによって、味が大きく変わってきます。
環境が人を作るように、野菜の味も環境が作る。

 

冬育ち・夏育ちで異なる野菜の味

ホウレンソウ

うちの畑のホウレンソウ。ようやく食べられる!

これは玉ねぎに限ったことではなくて他の野菜についてもいえることなのですが、

夏育ちなのか・冬育ちなのかによって味にある共通の特色が出ます。

冬に成長する野菜の特徴

冬育ちの特徴は、なんといっても甘いこと。

気温が低いと寒さに負けないようにするために、野菜は体の中に糖分をため込もうとします。

それが甘味の元。

成長速度も遅くなりますので、じわじわゆっくり他の栄養分も豊かになると言われています。
ホウレンソウ農家の佐藤さんの回を参照。一年中出回っているけれど、ホウレンソウも冬がおいしいのです。)

お米も新潟や東北など、寒い地方のお米の方がおいしいと言われるのはこの糖分が理由です。

東北人の性格のまるさも寒さのおかげだと言われていますが、寒さってホントに生き物に影響するのね。

夏に成長する野菜の特徴

夏育ちの特徴は辛みがあること、味がサッパリしていること。

辛みの理由は、虫や病原菌と闘うためです。

玉ねぎの辛み成分である「硫化アリル」はまさにこれで、夏に育って秋に出荷される北海道産玉ねぎが辛いのはこのため。

他の野菜だと大根も、夏に育ったものは辛みが多いと言われています。

アロマテラピーで使われる精油もそうなのですが、植物特有の成分や香りって、虫や病気と闘うために植物が自分で作り出しているものがとても多いです。

自分で歩いて逃げることができない植物ならではの知恵として、体内で作り出したものを私たちは頂いています。

 

 

 

2016年4月テレビユー福島「げっきんチェック」の金曜日コーナー「野菜ビストロ|ナオトキッチン」紹介メニューです

 

ご注意

◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-テレビで紹介したもの, 葉と茎の野菜
-, , ,

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2019 All Rights Reserved.