白菜の外葉でお弁当おかず|レンジで作る白菜シュウマイ

目次

白菜の外葉を捨てずに食べたい

白菜の外側の葉、捨てるにはもったいない。鍋以外でおいしく食べる方法は?

武田

外葉をレンチンして一度柔らかくしてからお肉を包めば、野菜のシュウマイです!

作り置きもできて、お弁当おかずに最適です!

白菜の外側の葉、かたいから食べない人も多いかと思いますが、

色がきれい!

大きい!

こんな良さが生きる食べ方が、お肉を包む白菜のシュウマイです。

包むのがめんどくさそう…

きっちり包まなくても、レンチンするとお肉とくっついてまとまってくれるから心配ご無用!だいたいざっくり包める最適な大きさもレシピに記載しました。

たくさん作ってお弁当おかずにもなります。記事の後半には、よりおいしくなる調味料もセレクトしました。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

材料(2人分)

白菜
白菜

INGREDIENTS

  1. 白菜 100g 葉の部分のみ
  2. 豚ひき肉 200g
  3. シイタケ 30g(3 個ぐらい)
  4. 長ネギ 20g(1.5 cm径 5-7 cmぐらい)
  5. みりん 大さじ 1
  6. ごま油 大さじ 2 分の 1
  7. 塩 小さじ 2 分の 1
  8. 片栗粉 大さじ 1
  9. ショウガ 小さじ 1

レンジで作る白菜シュウマイの作り方

白菜を切ってレンチン

白菜を葉の部分のみ切り分け、7 cm程度の幅に切る。

1 分~2 分レンジにかけて柔らかくする。

武田

レンジ加熱は、巻きやすさのためです。ここでしっかり火が通らなくても、折れずに巻けるぐらい柔らかいかが目安。

肉だねの具を切る

シイタケとねぎを細かめのみじん切りにする。

シュウマイを作る

ひき肉に3と調味料をすべて加え、かなりねっとりするまで混ぜる。

肉だねは3 cm大に丸めて、白菜の葉で包む。

武田

加熱後にまとまるため、しっかりと巻き切れてなくても大丈夫。おおむね肉が隠れていればOK

レンジで6分温めてできあがり

耐熱皿に丸めたシュウマイを並べ、ラップをふんわりとかけて 600W のレンジで 6 分加熱してできあがり。

お好みでポン酢などをかけてみてください。

今回のレシピが生きる調味料はこれ!

私のレシピは、どれもシンプルで野菜のおいしさが生きることを目指しています。

なので入れるものが少ない代わりに、できるだけおいしい調味料をいつも探しています!

今回つくる白菜のシュウマイがさらにおいしくなる調味料はこちらです!

いつもの調味料をこれに替えるだけで、家族から何倍もおいしくなったと言われるようになりました。

調味料変えるだけ。これぞ究極の時短です。

熊本県 坂本製油の純ごま油

熊本地震の際に、被災地支援として出会ったのが最初。製法がもうシンプル&丁寧すぎる。

こんなにきちんと作られた油がこの価格で買えることが驚き。

今回のレシピではほんの少ししか使いませんが、それでもゴマの香りが立つことにきっと驚くはず。

created by Rinker
坂本製油
¥1,944 (2024/07/22 14:57:16時点 Amazon調べ-詳細)

愛知県 角谷文治郎商店 三河みりん

王道。おいしいみりんと言えばコレ。700ml版を長年使ってきましたが、ついに現在は一升瓶で購入するようになりました。

そのぐらい替えが効かないみりんです。

一般的な本みりんから切り替えたばかりだったら、使う量がレシピの半分でも同じおいしさになるぐらい旨味が強い。そういう意味ではコスパ最高。

ふるさと納税でも購入できます。

武田

上記の二つ、10年お世話になっています。醤油やお味噌はたまに変えてみることがあるのですが、このごま油とみりんだけは不動です。ぜひお試しを!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

野菜ソムリエ/アロマテラピーインストラクターの主婦。「リラックスした状態こそ一番いい自分が出せる」「いい香りに浸りながら不安にはなれない」「穏やかな心はシンプルな食生活から」の思いで、簡単・手軽に楽しく暮らせる方法を発信しています。詳しいプロフィール

目次