アロマ アロマクラフト

2018/10/9

手作りヨガマットスプレーの作り方|お手入れにおすすめのエタノール濃度は20%

ヨガマットスプレー買ってますか?   ヨガをしている方は多いと思うのですが、ヨガマット用のクリーナーを使っている方はいますか? ↓こういう感じのものです ヨガスプレー【コーム】   消臭と汚れ落としが主な目的ですが、ヨガマットスプレーはアルコール+水+エッセンシャルオイルで作られているものがほとんどで、実は自分で作るのがとても簡単。   そして一度作ってしまえば、ヨガマットに限らず様々な除菌に使えます。   もし手元にエッセンシャルオイルとヨガマットをお持ちの方は、 ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2019/3/12

初めてのアロマ蜜ろうクリームの作り方|材料の選び方~使い方まで|ヘアバーム・リップ・ハンドクリームに

蜜ろうクリーム 【手作りコスメ入門編】蜜ろうクリームを作ってみよう   蜜ろうクリームって何?どこがいいの?と疑問をお持ちの方。   顔・体・手・髪・爪・唇・香り…と様々に使い道の分かれたクリームが出ていますが、その役割ぜーんぶまとめて1つでケアできるのが蜜ろうクリームです。   楽でいい!シンプルでいい!   アロマテラピーを使った手作りコスメの中で、最も幅広く使えてアレンジ力があるのは、それが化粧品の基本中の基本だから。   作り方は蜜ろうに好みの植物 ...

ReadMore

椿油で蜜ろうクリーム

アロマクラフト キャリアオイル

2018/3/31

椿油ベースの蜜ろうクリームつくりました|髪から足まで全身使える万能バーム

椿油で蜜ろうクリーム:溶かしたての頃 椿油を全身で使ってみようと思い、蜜ろうクリームにしました 先日、熊本県益城町産の椿油を頂きました。 国産材料を使って、昔ながらの方法で絞られた油です。油についてはこちらで記事にしましたのでご覧ください。 よくみかける椿油ですが、意外と国産が材料に使われていないじゃないか!という話です。 椿油は、使い方の前に買い方から|それほんとに椿油?   で、せっかくのちゃんとした椿油ですから全身に使ってみようと思いまして、こぼす心配のない蜜ろうクリームを作りました。 蜜 ...

ReadMore

アロマクラフト

2018/3/12

手作りアロマスプレーをフレッシュに保つための、使い切れる精油の選び方

手作りスプレーのための精油選び 手作りヨガマットスプレーを作るときのコツ、として、前回は出来上がりのアルコール濃度について記事にしました。 スプレーの作り方については以下の記事をご覧ください。 手作りヨガマットスプレーの作り方|おすすめのエタノール濃度は20% 脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥 今回はその他の材料の事。 香りや作用をフレッシュに保つには、どう材料を選んだらいいのか? 特にこれから初めてスプレーを作る方、新たに精油を買い足してみようとお考えの方に読んでほしい内 ...

ReadMore

1g量れるスプーン

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】計量スプーンで蜜ろう1gは量れるか?

1g量れるスプーン  計量スプーンで1gの蜜ろうを量ってみます 今回は蜜ろう(ビーズワックス)の量を、デジタルスケールを使わず計量スプーンを使って量る方法です。 前回は生活の木の蜜ろうをサンプルに、粒の数を数えてだいたいの重さを推測する方法を書きましたが、それだと他メーカーの蜜ろうには対応できないため、今日は計量スプーンでざっくり量ったらどのぐらいになるか?を試してみました。 結論として、蜜ろうは1g計量スプーン山盛り一杯でおおよそ1gになるということがわかりました。 以下、山盛り一杯ってどのぐらい?とい ...

ReadMore

蜜ろう1粒の重さは何グラム?

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】生活の木の蜜ろう1粒の重さは何グラム?

蜜ろう1粒の重さは何グラム? ちょっとだけ蜜ろうクリームを作りたいときに知りたかったコト 手作り化粧品のレシピを見ていると1g~のとても少ない単位で材料を使うことがよくありますが、家にデジタルスケールがない場合はこれが量れません。 特に蜜ろうを使うとき、これ一粒は何グラムなんだろう?これがわかったら粒数数えて入れられるかな?…と思うことが多かったので、実際に量ってみました。 ちょびっとずつ蜜ろうクリームを作るときの参考にしてください。 蜜ろうクリームのことはここで書いてます! 好きな精油の香りを持ち歩く| ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2018/3/31

好きな精油の香りを持ち歩く|蜜ろうクリームの練り香水

蜜ろうクリーム  蜜ろうクリームにして、好きな香りを持ち歩く ちょっと前に、転機の人が好むアロマブレンドのことを書きました。 ゼラニウムとサイプレスの組み合わせで、2015年最も気に入って、事あるごとに使っていた香り。 ゼラニウムもサイプレスも、どちらもホルモンバランス調整の作用がある精油です。 記事に起こしたらやっぱりまた気になり始まって、ふとした時にすぐ香りが楽しめる練り香水を作ることにしました。 練り香水というと難しそうですが、香りが強めの蜜ろうクリームです。 リップクリームの香りが強いものとイメー ...

ReadMore

香水ディフューザー

アロマ アロマクラフト

2019/3/16

使わない香水で作るリードディフューザー濃度調整のコツ【ルームフレグランス】

大好きな香水をきちんと使い切りたいあなたへ 使わないまましまい込んでいる香水をお持ちではありませんか?   香水は瓶がかわいかったり、くださった方や使っていた時の記憶が閉じ込められていたりで、なかなか「いらないから捨てる」ことができません。   なにより自分が気に入って手に入れたり、大切な人からの贈り物であることが多い香水は、やっぱりきちんと使い切りたいものです。   アルミキャップできっちり封がしてあるものならそれほど早くは変質しないそうですが、口が開いているタイプだとどん ...

ReadMore

心とアロマ

リラックスのためのアロマ|ラベンダーの香りで心のよどみを換気する

更新日:

ラベンダー

ラベンダー

リラクゼーション時間、生活にありますか?

英語のリラクゼーションという言葉の意味は、骨休め・休息・息抜き。気晴らしやくつろぎ。

よく使われる「癒し」(英語ではhealingを充てることが多い)よりも言葉の感触がもう少しドライというか軽い。まだ傷までは負っていない感じ。

人間関係での緊張感を緩める時にも使われるぐらい、ゆるめ、中に詰まっているなにかを抜き、いっぺん空っぽにすること全体に対して使われることばです。

最近は「リラクゼーション外来」が病院にできるぐらい、ゆるゆる・からっぽにすることの意義が見直されています。

 

ただ寝てるのと何が違うのか

仕事から帰ってきてごはんを食べて、ゴロンと横になってリラックスタイム…のはずですが、それを繰り返していても疲れは取れないし、ストレスも解消されない。

これは単に「今現在はストレスがない状態」というだけで、すでに溜まっているものを回復・解消する行動ではないのが一番の違いです。

リラクゼーション状態の体は、眠っている時とは全く違う反応をしています。

例えば、睡眠中、身体は省エネ運転となっていますが、酸素消費量は入眠から45時間かけてようやく覚醒時と比べて8%程度減少します。

その一方で、深いリラクゼーション状態においては、最初の3分間で平均1020%も酸素消費量が低下することが知られているのです。

早稲田大学応用脳科学研究所所長:熊野宏昭さんのサイトより

ストレスを受けている状態も体にとっては普通ではないけれど、リラクゼーション状態も普通ではない状態とのこと。

寝っ転がってぼーっとするのと似てるけれど、中身は全く違うのですね。

kermit-383370_640

↑これはこれでいいような気もしてきた

 

リラクゼーションとは、元に戻る力が高まった状態

柔軟さがキーです

解放され、緩んでいるリラクゼーション状態とごろ寝がどう違うのかについて、わかりやすい解説を見つけました。

リラクゼーションとは、少々の負荷では凹まない、あるいは凹んでもすぐに元の状態に戻ることができるような、復元力の高まった柔軟な状態を意味しています。

早稲田大学応用脳科学研究所所長:熊野宏昭さんのサイトより

心身にストレスを受けている時は、ボールがへこんでいる状態であるとの図も。

ストレス溜まってるなーという時は、集中力がなくなったり、心に余裕がなくなってイライラします。

これは本来の力が損なわれている状態。それをもとに戻せる柔軟さがリラクゼーション。

元に戻す「力」ではなくて、「柔軟さ」という部分に私は目からウロコ。
なににつけ頑張ればどうにかなると思いがちの私は、「元に戻す力」と自然に書いてしまいそうになりました。危ない危ない。

 

押し殺した感情を解き放って、自然ともとに戻れるラベンダー

flowers-964881_1280

リラクゼーションのキーポイントは、

  • 溜まったものを一度ゆるめて空っぽにする
  • 抑圧をもとに戻せる柔軟さがある

であることがわかりましたが、これで思いつくのはラベンダーの作用です。

あらゆる痛みにラベンダー

いろいろな本やサイトでも緊張の緩和が得意で、頭痛・イライラ・不安解消にと書かれていますが、ポイントはひとつで、あらゆる痛みに作用すること。

もちろん心の痛みも含まれています。

中でも長い時間をかけてため込まれた・作られた痛みこそがラベンダーの得意なところです。

急激なストレス(家族の死などの突発的な出来事)もありますが、ほとんどの人が悩んでいるのはパターン化した生活・行動から来る、慢性的なストレスでして、それこそがラベンダーが最も得意な痛みだと思います。

 

ラベンダーの作用のイメージ

output-419280_1280

作用の仕方をイメージで言うなら、ドアを開けて換気するような。
へこんだボールに穴をあけて、また空気が入っていくような。

ゆるめ、閉じ込められていた圧縮○○を外に逃がし、その出入りする過程で自然と元のかたちに戻っていく。

 

自分は特に何をしているわけではないのですが、圧力になっていた過剰な何かを逃がしただけで、人は余裕を取り戻せるのだと思うのです。

忙しさによるイライラは、自分にかけていた過度なプレッシャーが理由かもしれない。
寝つきの悪さは、言いたいことを言えないもどかしさがぶり返して興奮しているからかもしれない。

このような、知らないうちに濃度を高めてしまう感情のドロドロした濃さに、ラベンダーは作用していきます。

教科書的には、ラベンダーは「強力な鎮静作用」と書かれていますが、「鎮静」とは高ぶった何かを鎮めること。
高まりすぎた何かを逃がす・解放する・流していくこと=鎮めるなのだと考えています。

 

一滴たらして、深呼吸

buddha-525883_640

リラクゼーション状態を作り出すのには、

体のゆるみ
深い呼吸
心のゆるみ

の三つが大切。

楽な姿勢で座って、ラベンダー精油を一滴落としたティッシュを近くに置き、目を閉じて深呼吸を5分ぐらい続けてみます。

アロマランプやディフューザーがある方はもちろんそれを使っていただいてOKです。

たったこれだけ?と思うかもしれませんが、簡単なことだと続けやすい。
やってみると、今日一日ずっと深呼吸をしていなかった自分に気づきます。

呼吸の出入りと一緒に、自分が換気され、みずみずしい香りで満たされるのを感じてください。

 

最後に、本物を買いましょう

アロマテラピーの中でも最も有名な精油のため、いろいろなところで売っていますが

100%天然のものを使うこと。合成香料はダメ。

ファンタを飲んで「オレンジの栄養を取った」と思うようなものです。全然違う。(ごめんねファンタ)

100均アロマだけではなくて、「アロマオイル」「ポプリオイル」として販売されているものも要注意です。ラベルを見て買いましょう。

 

ラベルの見方はこちらで記事にしましたので、合わせてお読みください。
試しにネットで精油を買ってアロマやってみようかな?という時最低限気にしたほうがいいこと

ご注意

◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-心とアロマ
-,

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2019 All Rights Reserved.