野菜とアロマテラピーの力で、美しく楽しい暮らし

たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー

芋・根菜類

品種の違いが楽しい!さつまいも食べ比べおススメ3品種

更新日:

さつまいも食べ比べ

さつまいも食べ比べ

秋の楽しみさつまいも。食べ比べてみませんか

店頭でも比較的いろいろな品種が手に入りやすいのがさつまいも。
見た目に違いも分かりやすく、味や食感の違いがわりかしはっきりしていて楽しいのが特徴です。

さつまいもは旬が長く、10月~2月頃までなが~く楽しめるのがいいところだし、なにより保存がラク。

目についたときに買い集めて、今年はぜひさつまいもを食べ比べてみませんか?

一度食べ比べをすると、自分の好みがはっきりしたり、いつものメニューが品種を変えるだけでランクアップしたように感じるなど、たくさん発見があります。

写真は3年ぐらい前に、ヨガインストラクターKANAKOさんが主宰するヨガと陰陽食事法のクラス「ビューティーヨガ」の時間に、さつまいもの食べ比べをしたときのもの。

こんなにたくさんを一度に食べ比べるのは日常では難しいですが、2種類を食べ比べるだけでも違いが判ります。

たいしてさつまいもにこだわりがあると思っていない人だとしても、やっぱり複数の選択肢を前にすると歴然と好みが出る。

「こっちの方が好きだな」「こっちの食べ方の方がこの芋には合うな」が1つでも見つかれば、それだけ野菜と仲良くなったということ。

秋のおやつに、品種のバリエーションでイロドリを。

オーブンでじっくり加熱がやっぱりいい

食べ比べによる味の違いが分かりやすいのは、やっぱりじっくり焼き。

サツマイモにはアミラーゼというデンプンを分解して麦芽糖に変える酵素が含まれていて、アミラーゼは60℃~80℃以下で徐々に加熱すると甘味が出る性質があります。

電子レンジ加熱のさつまいもより、蒸したり焼いたりする方が甘く感じるのはこのためです。

 

 

最も簡単なさつまいも食べ比べ3品種

私が住む福島県はさつまいもの一大産地・茨城県がすぐ隣にあるため、そこで生産されている紅あずまがほとんどの売り場を占めています。

普段紅あずまばかり食べているという関東~東北の方は、

ほくほく:鳴門金時>>紅あずま>>ねっとり:安納芋

を食べ比べると、違いがとっても際立ってわかりやすいかと思います。

 

甘いねっとり系をお探しなら鹿児島・安納芋

レッスンに参加した皆さんで食べるために、スライスしたサツマイモにオリーブオイルをちょこっと塗って、オーブンでじっくり焼きしたのが下の写真。

さつまいも

さつまいも

色が白っぽいままのものもあれば、加熱後は黄色みを濃くするものも。

天ぷらなら色が白っぽいままでもおいしそうですが、先日作ってみた茶巾しぼりのようなデザートならば、色味が濃いものの方がかわいらしい。

まっ黄色い2番の安納芋(黄金)、もちろん甘さも断トツです。
加熱前のもともとの糖度も高く、加熱後の伸びもまたすごい。甘いさつまいもがお好きならぜひ一度試すべき。

左下の黄土色の芋が2番の安納芋(黄金)です。皮が白くてさつまいもっぽく見えないのにね。

加熱後は黄金の名の通りまっきっき。

さつまいも食べ比べ

焼くと、スライスでもわかるぐらいほんとうにねっとりします。

いろいろなところで栽培された安納芋が出回っておりますが、本家鹿児島・種子島産がやっぱり格別です。野菜はお天気でできています。

 

ほくほく系なら徳島・鳴門金時系

鳴門金時

鳴門金時

ほくほくしたお芋がすきなら、鳴門金時。イラストに描くような形がとてもきれい。

 

ホイルに包んでじっくり焼きました。包丁で切ってしまったのですが、それでも断面のほくほく感伝わるかな。

鳴門金時

鳴門金時

ほくほく系は、調理するなら天ぷらとか大学芋でしょうか。

なんでこんなちょっぴりしか皿に乗っていないかというと…食べてしまったからです。止まらない!

鳴門金時の大学芋

鳴門金時の大学芋

 

1本ずつ買える時が多いのもさつまいものいいところ。

ぜひご家族でこの秋はさつまいもを食べ比べてみてくださいね☆

336x280-1画像とテキスト

336x280-1画像とテキスト

ご注意



◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-芋・根菜類
-

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2018 All Rights Reserved.