アロマ アロマクラフト

2018/10/9

手作りヨガマットスプレーの作り方|お手入れにおすすめのエタノール濃度は20%

ヨガマットスプレー買ってますか?   ヨガをしている方は多いと思うのですが、ヨガマット用のクリーナーを使っている方はいますか? ↓こういう感じのものです ヨガスプレー【コーム】   消臭と汚れ落としが主な目的ですが、ヨガマットスプレーはアルコール+水+エッセンシャルオイルで作られているものがほとんどで、実は自分で作るのがとても簡単。   そして一度作ってしまえば、ヨガマットに限らず様々な除菌に使えます。   もし手元にエッセンシャルオイルとヨガマットをお持ちの方は、 ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2019/3/12

初めてのアロマ蜜ろうクリームの作り方|材料の選び方~使い方まで|ヘアバーム・リップ・ハンドクリームに

蜜ろうクリーム 【手作りコスメ入門編】蜜ろうクリームを作ってみよう   蜜ろうクリームって何?どこがいいの?と疑問をお持ちの方。   顔・体・手・髪・爪・唇・香り…と様々に使い道の分かれたクリームが出ていますが、その役割ぜーんぶまとめて1つでケアできるのが蜜ろうクリームです。   楽でいい!シンプルでいい!   アロマテラピーを使った手作りコスメの中で、最も幅広く使えてアレンジ力があるのは、それが化粧品の基本中の基本だから。   作り方は蜜ろうに好みの植物 ...

ReadMore

椿油で蜜ろうクリーム

アロマクラフト キャリアオイル

2018/3/31

椿油ベースの蜜ろうクリームつくりました|髪から足まで全身使える万能バーム

椿油で蜜ろうクリーム:溶かしたての頃 椿油を全身で使ってみようと思い、蜜ろうクリームにしました 先日、熊本県益城町産の椿油を頂きました。 国産材料を使って、昔ながらの方法で絞られた油です。油についてはこちらで記事にしましたのでご覧ください。 よくみかける椿油ですが、意外と国産が材料に使われていないじゃないか!という話です。 椿油は、使い方の前に買い方から|それほんとに椿油?   で、せっかくのちゃんとした椿油ですから全身に使ってみようと思いまして、こぼす心配のない蜜ろうクリームを作りました。 蜜 ...

ReadMore

アロマクラフト

2018/3/12

手作りアロマスプレーをフレッシュに保つための、使い切れる精油の選び方

手作りスプレーのための精油選び 手作りヨガマットスプレーを作るときのコツ、として、前回は出来上がりのアルコール濃度について記事にしました。 スプレーの作り方については以下の記事をご覧ください。 手作りヨガマットスプレーの作り方|おすすめのエタノール濃度は20% 脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥 今回はその他の材料の事。 香りや作用をフレッシュに保つには、どう材料を選んだらいいのか? 特にこれから初めてスプレーを作る方、新たに精油を買い足してみようとお考えの方に読んでほしい内 ...

ReadMore

1g量れるスプーン

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】計量スプーンで蜜ろう1gは量れるか?

1g量れるスプーン  計量スプーンで1gの蜜ろうを量ってみます 今回は蜜ろう(ビーズワックス)の量を、デジタルスケールを使わず計量スプーンを使って量る方法です。 前回は生活の木の蜜ろうをサンプルに、粒の数を数えてだいたいの重さを推測する方法を書きましたが、それだと他メーカーの蜜ろうには対応できないため、今日は計量スプーンでざっくり量ったらどのぐらいになるか?を試してみました。 結論として、蜜ろうは1g計量スプーン山盛り一杯でおおよそ1gになるということがわかりました。 以下、山盛り一杯ってどのぐらい?とい ...

ReadMore

蜜ろう1粒の重さは何グラム?

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】生活の木の蜜ろう1粒の重さは何グラム?

蜜ろう1粒の重さは何グラム? ちょっとだけ蜜ろうクリームを作りたいときに知りたかったコト 手作り化粧品のレシピを見ていると1g~のとても少ない単位で材料を使うことがよくありますが、家にデジタルスケールがない場合はこれが量れません。 特に蜜ろうを使うとき、これ一粒は何グラムなんだろう?これがわかったら粒数数えて入れられるかな?…と思うことが多かったので、実際に量ってみました。 ちょびっとずつ蜜ろうクリームを作るときの参考にしてください。 蜜ろうクリームのことはここで書いてます! 好きな精油の香りを持ち歩く| ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2018/3/31

好きな精油の香りを持ち歩く|蜜ろうクリームの練り香水

蜜ろうクリーム  蜜ろうクリームにして、好きな香りを持ち歩く ちょっと前に、転機の人が好むアロマブレンドのことを書きました。 ゼラニウムとサイプレスの組み合わせで、2015年最も気に入って、事あるごとに使っていた香り。 ゼラニウムもサイプレスも、どちらもホルモンバランス調整の作用がある精油です。 記事に起こしたらやっぱりまた気になり始まって、ふとした時にすぐ香りが楽しめる練り香水を作ることにしました。 練り香水というと難しそうですが、香りが強めの蜜ろうクリームです。 リップクリームの香りが強いものとイメー ...

ReadMore

香水ディフューザー

アロマ アロマクラフト

2019/3/16

使わない香水で作るリードディフューザー濃度調整のコツ【ルームフレグランス】

大好きな香水をきちんと使い切りたいあなたへ 使わないまましまい込んでいる香水をお持ちではありませんか?   香水は瓶がかわいかったり、くださった方や使っていた時の記憶が閉じ込められていたりで、なかなか「いらないから捨てる」ことができません。   なにより自分が気に入って手に入れたり、大切な人からの贈り物であることが多い香水は、やっぱりきちんと使い切りたいものです。   アルミキャップできっちり封がしてあるものならそれほど早くは変質しないそうですが、口が開いているタイプだとどん ...

ReadMore

芋・根菜類

生産者の小山さんから教わった、布引高原大根の買い方

更新日:

布引高原の大根農家 小山さんと

布引高原の大根農家 小山さんと

9月3日のテレビユー福島 げっきんチェック「畑にキテます」に出演しました。
福島県内の農家さんの畑を訪問して、作物の作り方や見分け方などを伺ってから、私が簡単な料理を畑でする番組です。

生中継のため、現地に到着してからの待ち時間がけっこうあるので、その間に農家の方にお話をいろいろ伺うことができるのが、私はとても楽しいです。
単に話を聞くだけでなく、作物を目の前にしながらなので本当にタメになります。

今回は布引高原大根の買い方について教わりました。

布引高原大根の特徴

布引高原大根とは、郡山市の布引高原エリアで育てられている大根を指します。

標高1080mの高原で、見渡す限り風車と畑だけ。眼下には猪苗代湖、遠くには磐梯山。
季節に合わせてひまわりやコスモスが広範囲に植えられていて、それを目当ての観光客もたくさん訪れる美しい場所です。

寒暖差が生む甘味

高原の特徴は、寒暖差が大きいこと。
昼の温度と夜の寒さの差が大きいほど、作物は実に糖分=甘味をため込みます。

昼間に光合成をしてたくさん作った糖分を、夜の気温が高いと使ってしまうのですが、夜が冷え込む場所ではそれを使わずに済むからです。

これは大根に限らず、お米・葉物野菜・トウモロコシなどなんでもそうです。

逆に夜も暖かいエリアで育ったものは、甘味はないけれどさっぱりスッキリした味になります。

みずみずしさが違いました

布引高原大根は、みずみずしさにおいても定評があります。

番組内で生産者の小山さんが、抜いたばかりの大根を包丁でシャシャっと削ってくれたシーンがあったのですが、削るそばから水しぶきが飛んでいました

あれ放送で映ったかなあ、いくら採りたてとはいえ、飛ぶほど水分が出ている大根はなかなかお目にかかれません。

その後作った大根おろしドリンクも、水分たっぷりでした。

どこで買えるの?

郡山市のJA直営の直売所「愛情館」なら間違いなく購入できます。

JA農産物直売所 愛情館

郡山市朝日にある直売所です。

blog.goo.ne.jp

最近リニューアルされて、すっごくきれいになりました!
ここで販売されている農産物には、シールに名前が書いてあるので、そこで小山さんのお名前のある大根をぜひご購入ください。

布引高原はニンジンもおいしい!

布引高原はニンジンもおいしい!

小山さんはほかにも高原野菜の定番キャベツ、ニンジンなども販売しているそうです。
こちらもおいしかったです!

おすすめ品種の出回りは今週末ごろから

一番のおすすめ品種の出回りは9月10日ごろから

もう出荷が始まっている布引大根ですが、小山さんイチオシ品種「夏の翼」の出回りは9月10日ごろから今月いっぱいぐらいを予定しているそうです。

ただ直売所販売されるときには、小山さんの名前は記載されていても、品種名までは書いていない…これが残念。
ですが、この時期のものは夏の翼だそうですので、ぜひ一度お試しください。
私も買ってみます!

「夏の翼」は品種情報の載っているサイトによると

緻密で硬めの肉質を持ち、サラダや刺身のツマに最適。また、生食や煮物のほか、漬物などの加工品に至るまで、幅広い用途での利用が可能(みんなの農業広場より)

ぎゅっと締まった身とのことなので、生食だときっとシャキシャキした歯ごたえが期待できそうです。
硬めの肉質ということは、煮物の場合は長時間煮ても煮崩れしにくいということだと思います。

同じブランド・特産品でも品種は異なる

小山さんの畑では、上記の「夏の翼」以外にも「美春」という品種の大根を育てており、どちらも「布引高原大根」というブランド、或いは特産品のくくりで出荷されています。

出身はいろいろでも、布引高原で育った子たちが布引高原大根。

収穫時期をずらす→種を撒く時期が違う→その時期に合った品種を選ぶ
という流れを取るので、いろんな品種を育てる必要性が出てきます。

野菜だと品種をはっきり打ち出しているものとそうでないものがありますが、桃やリンゴなどの果物は、この品種の違いをはっきり表示させて販売している例です。

品種とブランドの違い

品種とブランドの違いをざっくり言うと、

品種=育てる時期や味・色・形など、植物として基本的な違い

ブランド=生産者・産地・栽培方法・選別方法などによる品質を保証するもの

例えば野菜をブランド化するときには、

生産者が、その場所や天気にあった「品種」を選んで、ブランド化する

と理解していただくとごっちゃにならないと思います。

品種そのもののおいしさ × 育てる人・場所・知恵によるおいしさ

の2つが重なり合って初めて特産品・ブランド野菜と呼ばれます。

白河のブランドトマト「旬太郎トマト」の時にも書いたのですが、モノによっては最終の選別工程で基準を満たしていないとブランドを名乗れない、ということもあります。(旬太郎トマトの場合は糖度9.5以上)

最近はこのブランド化が盛んです。
単に「だいこん」として買うのではなく、氏と育ちを重視したほうがおいしいものにたどり着きやすいし、何よりその地方のオリジナリティが楽しめるからかと思います。

産直売り場での正しい大根の取り扱い方

カウボーイみたいなこれは

カウボーイみたいな長靴のバンドは、雨合羽の裾を止めるためのもの

小山さんと産直話をしていて、生産者ならではのお話を伺うことができました。
以下、小山さんからのお願いです。

転がしてはいけません

直売所の売り場にある大根、「触るのはOKですがごろごろ転がさないでほしい」とのことでした。

日常的にスーパーで見かける大根は、出荷からある程度時間が経っているものが多いです。
これらは水分がちょっと抜けて、表面が少しやわらかくなっています。
このやわらかさがクッションの役割を果たすため、多少ぶつかったり転がったりしても、本体が割れることはありません。

一方、直売所に降ろしたばかりの、収穫したての大根はというと、

水分が抜けていないためハリがあり、ちょっとしたショックで割れたり傷ついたりしやすい

のです。
傷がついてしまうとそこから一気に水分が抜けてしまい、折れたり大きく割れたりしやすくなり、商品にならなくなってしまいます。

直売所に出ている野菜は新鮮さがウリ。
若くてぴちぴちですので、ちょっとやさしく接してあげる必要がありそうです。

さいごに

野菜ソムリエになるときの講座で学んだことですが、野菜に大事なのは


育ち
頃(ころ)
たて

の4つ。
氏と育ちのことは品種とブランドのところで少し触れましたが、「食べごろ」「採りたて」を逃さないこともおいしく食べる秘訣です。

氏と育ちがわからなくても、頃とたてが守られていればおいしく食べられます。

目の前にある野菜を見て、自分にわかることを大事にしながら野菜と付き合いたいと思いました。

ご注意

◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-芋・根菜類
-, , ,

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2020 All Rights Reserved.