アロマ アロマクラフト

2022/4/14

手作りヨガマットスプレーの作り方|お手入れにおすすめのエタノール濃度は20%

ヨガマットスプレー買ってますか? ヨガをしている方は多いと思うのですが、ヨガマット用のクリーナーを使っている方はいますか? ↓こういう感じのものです ヨガスプレー【コーム】 消臭と汚れ落としが主な目的ですが、ヨガマットスプレーはアルコール+水+エッセンシャルオイルで作られているものがほとんどで、実は自分で作るのがとても簡単。 そして一度作ってしまえば、ヨガマットに限らず様々な除菌に使えます。 もし手元にエッセンシャルオイルとヨガマットをお持ちの方は、一度作ってみてはいかがですか? 顔をマットに近づけるポー ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2022/4/30

初めてのアロマ蜜ろうクリームの作り方|材料の選び方~使い方まで|ヘアバーム・リップ・ハンドクリームに

【手作りコスメ入門編】蜜ろうクリームを作ってみよう 蜜ろうクリームって何?どこがいいの?と疑問をお持ちの方。 顔・体・手・髪・爪・唇・香り…と様々に使い道の分かれたクリームが出ていますが、その役割ぜーんぶまとめて1つでケアできるのが蜜ろうクリームです。 楽でいい!シンプルでいい! アロマテラピーを使った手作りコスメの中で、最も幅広く使えてアレンジ力があるのは、それが化粧品の基本中の基本だから。 作り方は蜜ろうに好みの植物オイルを加えて固めるだけなのに、栄養たっぷり・保湿力大でボディケア用クリームとしてはも ...

ReadMore

椿油で蜜ろうクリーム

アロマクラフト キャリアオイル

2018/3/31

椿油ベースの蜜ろうクリームつくりました|髪から足まで全身使える万能バーム

椿油を全身で使ってみようと思い、蜜ろうクリームにしました 先日、熊本県益城町産の椿油を頂きました。 国産材料を使って、昔ながらの方法で絞られた油です。油についてはこちらで記事にしましたのでご覧ください。 よくみかける椿油ですが、意外と国産が材料に使われていないじゃないか!という話です。 椿油は、使い方の前に買い方から|それほんとに椿油?   で、せっかくのちゃんとした椿油ですから全身に使ってみようと思いまして、こぼす心配のない蜜ろうクリームを作りました。 蜜ろうクリームはとっても簡単。温めて、溶 ...

ReadMore

アロマクラフト

2018/3/12

手作りアロマスプレーをフレッシュに保つための、使い切れる精油の選び方

手作りスプレーのための精油選び 手作りヨガマットスプレーを作るときのコツ、として、前回は出来上がりのアルコール濃度について記事にしました。 スプレーの作り方については以下の記事をご覧ください。 手作りヨガマットスプレーの作り方|おすすめのエタノール濃度は20% 脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥 今回はその他の材料の事。 香りや作用をフレッシュに保つには、どう材料を選んだらいいのか? 特にこれから初めてスプレーを作る方、新たに精油を買い足してみようとお考えの方に読んでほしい内 ...

ReadMore

1g量れるスプーン

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】計量スプーンで蜜ろう1gは量れるか?

 計量スプーンで1gの蜜ろうを量ってみます 今回は蜜ろう(ビーズワックス)の量を、デジタルスケールを使わず計量スプーンを使って量る方法です。 前回は生活の木の蜜ろうをサンプルに、粒の数を数えてだいたいの重さを推測する方法を書きましたが、それだと他メーカーの蜜ろうには対応できないため、今日は計量スプーンでざっくり量ったらどのぐらいになるか?を試してみました。 結論として、蜜ろうは1g計量スプーン山盛り一杯でおおよそ1gになるということがわかりました。 以下、山盛り一杯ってどのぐらい?という写真と共にご覧くだ ...

ReadMore

蜜ろう1粒の重さは何グラム?

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】生活の木の蜜ろう1粒の重さは何グラム?

ちょっとだけ蜜ろうクリームを作りたいときに知りたかったコト 手作り化粧品のレシピを見ていると1g~のとても少ない単位で材料を使うことがよくありますが、家にデジタルスケールがない場合はこれが量れません。 特に蜜ろうを使うとき、これ一粒は何グラムなんだろう?これがわかったら粒数数えて入れられるかな?…と思うことが多かったので、実際に量ってみました。 ちょびっとずつ蜜ろうクリームを作るときの参考にしてください。 蜜ろうクリームのことはここで書いてます! 好きな精油の香りを持ち歩く|蜜ろうクリームの練り香水 &n ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2022/1/11

エッセンシャルオイルを使った練り香水|蜜ろう使用・湯せんなし

湯せんなし・レンジで作る最も簡単な蜜ろうクリームの作り方 練り香水というと難しそうですが、実は香りが強めの蜜ろうクリームです。 香りが強いリップクリームをイメージして頂けたら正解。 オイルに香りを乗せて、固めて、持ち歩けるようにします。 この記事では、少量だけ作りたい方向けに、使う道具も最小限で済む蜜ろうクリームの使い方を説明しています。 湯せんをせず、電子レンジで作るので5分程度で完成。持ち歩き用・お試し用に最適です。 蜜ろうクリームについて、効果・材料の選び方・混ぜるアロマなど個別の材料についての作用 ...

ReadMore

アロマ アロマクラフト

2022/1/16

使わない香水で作るリードディフューザー濃度調整のコツ【ルームフレグランス】

大好きな香水をきちんと使い切りたいあなたへ 使わないまましまい込んでいる香水をお持ちではありませんか? 香水は瓶がかわいかったり、くださった方や使っていた時の記憶が閉じ込められていたりで、なかなか「いらないから捨てる」ことができません。 なにより自分が気に入って手に入れたり、大切な人からの贈り物であることが多い香水は、やっぱりきちんと使い切りたいものです。 アルミキャップできっちり封がしてあるものならそれほど早くは変質しないそうですが、口が開いているタイプだとどんどん品質も変わってしまいます。 そこでリー ...

ReadMore

葉と茎の野菜

キャベツの茎たち菜の卵とじ:緑の野菜と卵

キャベツの茎たち菜の卵とじ
キャベツの茎たち菜の卵とじ

キャベツの茎たち菜の卵とじ

いま、農産物は端境期で、どこの直売所に行っても野菜はあまり見かけません。

熊本産のかんきつ類や、長期保存の効くたまねぎ・じゃがいもなどがちらほら見えるぐらいです。

毎週第1・第3木曜日に出演予定のTUFげっきんチェック「農家にキテます」も、この時期収穫を迎える農家さんはあまりいないため、第2週に予定を変更して、田植えロケになると聞いています。(私はお休みです)

そんな野菜不足のこの時期に、日曜にあった教室:ビューティーヨガで縒りあい処空間のえみこさんが使った素材はキャベツの茎たち菜でした。

スポンサーリンク

茎たち菜:
アブラナ科の野菜を越冬させて、春に暖かくなって茎が伸びてきた(とうがたった)もの。蕾、芽、茎の部分を収穫して食べる。
白菜、キャベツなど品種はいろいろ。古くから食べられているため、地域によって呼び名も異なる。
福島、新潟、山形、石川など寒冷な地方で食べられていることが多い。

えみこさんは、春先に茎たち菜のような芽や花をまるごと食べる野菜を好んで使います。

「全身まるごと食べるものからは、ぎゅーっと詰まってるエネルギーを全部もらえる感じがするから」

と仰っていました。
何気ないコメントですが、えみこさんのこういう姿勢が好きです。
調理する前に一度、これから食べるものを生き物として眺めているところ。

ある農家さんが作っている恵美子さんお気に入りのレタスがあるのですが、その葉の厚みを褒める言葉はいつもかわいくて元気な子を見つけた時のようなボキャブラリー。

食べ物を食べられることに感謝する方法は何通りもあると思いますが、私はこの「褒める」方法が、自然でいいなぁと思っています。

野菜+凍み豆腐+卵

写真はキャベツの茎たち菜の卵とじです。写真には写っていませんが、そこには凍み豆腐が敷いてあり、野菜と卵の出汁をきっちり吸って食べ応えあります。

凍み豆腐(しみどうふ):分厚い高野豆腐・凍り豆腐と似ているもので一緒にされることも多いが、福島県で凍み豆腐といえば厚さ5mm程度の薄いもの。福島市立子山の凍み豆腐が有名。

ほっとする味。「立子山の凍み豆腐」(福島市) | ふくしま 新発売。

「立子山(たつごやま)の凍み豆腐」 物心ついた時から身近にあった食べ物です。 「凍み豆腐」は冬の煮物の定番で、私にとって懐かしいようなほっとする味がします。 立子山の凍み豆腐の歴史は、江戸時代初期に信

www.new-fukushima.jp

立子山の凍み豆腐、まだ屋外での天然乾燥もやってます。
ちなみに郡山っ子えみこさんが好きなのは、中田町の凍み豆腐。

葉物の卵とじ、水で戻した凍み豆腐を入れるだけでぐっとダシの存在が効いてきて、季節の葉物のよさを感じやすくなります。
今回もキャベツの甘さをたくさん感じることができたのは凍み豆腐のおかげでした。

食べ物の油っ気をおいしいと思っていたころはあまり凍み豆腐のよさがわからず油揚げを使うことが多かったですが、出汁のおいしさを楽しむようになってからは、こういう出汁のよさを支えてくれる食材に手が伸びています。

 

ご注意

◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-葉と茎の野菜
-, , ,