野菜とアロマテラピーの力で、美しく楽しい暮らし

たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー

葉と茎の野菜

ワインと食べる白菜:オリーブオイルで作る白菜とイタリアンパセリの塩もみ

更新日:

白菜とイタリアンパセリの塩もみ

白菜とイタリアンパセリの塩もみ

 

これから白菜がいよいよもっておいしい季節になっていきます。
最近、会う人会う人に

白菜の芯と葉のどちらが好きか??

を聞いて回っている私です。(私は葉のほう)

現在のところ、7:3で芯のほうが優勢です。

てっきりみんな葉の方が好きかと誤解していました、聞いて回ってよかったです笑
今後も引き続き聞き取り調査を続けたいと思います。

白菜とイタリアンパセリの塩もみ

白菜とイタリアンパセリの塩もみ

 

洋風ゴハンに合う、イタリアンパセリとの塩もみ

私が住んでいるのが田舎だからか、冬にお茶うけとして白菜漬けがでることが多いです。
様々な人が、様々な塩加減でつくる白菜漬け。

家庭で作られている白菜づけは、大きめの樽に漬かってあるイメージ。
そんなに大量に作る自信も食べる自身もない私に、漬けもの上手の恵美子さんが勧めてくれたのは、「漬け」まで行かない塩もみでした。

和風ごはん&和風出汁との組み合わせが鉄板の白菜ですが、このオリーブオイル&レモンとの組み合わせで、一気に洋風に寄っていきます。
ワインと食べられるおつまみに変わる。

そしていつもながら、すごーく簡単&すぐできます。

白菜とイタリアンパセリの塩もみ

【材  料】
※すべて適量です
白菜
イタリアンパセリ
オリーブオイル

レモン果汁

 

漬けものの時よりずっと細かく刻んだ白菜に、やはり同じく刻んだイタリアンパセリを混ぜ込み、塩もみします。

水分がすこし抜けたあたりで、十分に水を切ってからおいしいオリーブオイルとレモン果汁を加えます。

これで出来上がり!

お好みでとうがらしが入っても、いろどりにGood.

白菜は和風の味付けが合う野菜ではありますが、このイタリアンパセリ+オリーブだけは、キャベツよりも白菜の方が食感がいいのです

コツは、オリーブオイルにおいしいものを選ぶこと。
加熱しないで食べますので、ここをケチらないだけでおいしさが増します。

もしおいしい、がピンとこない時は「新しいオリーブオイル」を使いましょう。
封を切って時間が経ったものではなく、新しめのもの。

些細なことですが、オリーブオイルをかけて食べる時はその違いが結構はっきりと判ります。

私が家で使っているのはこれです。
家の近くで買えて、500mlとたっぷり入って2000円以内。
あま~いフルーティーな香りがするので、かけて食べるオリーブオイルに向いています。

抗酸化力が強いイタリアンパセリがたくさん食べられる

パセリは、野菜の中でも本当にトップクラスに栄養が詰まっている野菜。

ビタミンC,K,E、カリウム、カロテン、鉄分、葉酸…

美容と健康、体を錆びさせない抗酸化に必要なものはみーんなイタリアンパセリに入っています!

食品成分表で、ほかの野菜と比べながら見ていると「これもっと食べたい!すごい!」となるだけでなく、育てようかなとすら思えてしまう野菜なのです。

ただ問題はたくさん食べることが難しいことでしたが、この塩もみならたくさん食べられます。

体のサビ付きがこそげ落とせる一品。

しかもオリーブ+レモンのため、生のお魚やすっきりしたお酒にもとても合う。
とにかく、洋風箸やすめとしてとても優秀です。

白菜づけに飽きた頃に、またはクリスマス・ディナーのはじっこにいかがですか??

336x280-1画像とテキスト

336x280-1画像とテキスト

ご注意



◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-葉と茎の野菜
-, , ,

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2018 All Rights Reserved.