アロマ アロマクラフト

2018/10/9

手作りヨガマットスプレーの作り方|お手入れにおすすめのエタノール濃度は20%

ヨガマットスプレー買ってますか?   ヨガをしている方は多いと思うのですが、ヨガマット用のクリーナーを使っている方はいますか? ↓こういう感じのものです ヨガスプレー【コーム】   消臭と汚れ落としが主な目的ですが、ヨガマットスプレーはアルコール+水+エッセンシャルオイルで作られているものがほとんどで、実は自分で作るのがとても簡単。   そして一度作ってしまえば、ヨガマットに限らず様々な除菌に使えます。   もし手元にエッセンシャルオイルとヨガマットをお持ちの方は、 ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2019/3/12

初めてのアロマ蜜ろうクリームの作り方|材料の選び方~使い方まで|ヘアバーム・リップ・ハンドクリームに

蜜ろうクリーム 【手作りコスメ入門編】蜜ろうクリームを作ってみよう   蜜ろうクリームって何?どこがいいの?と疑問をお持ちの方。   顔・体・手・髪・爪・唇・香り…と様々に使い道の分かれたクリームが出ていますが、その役割ぜーんぶまとめて1つでケアできるのが蜜ろうクリームです。   楽でいい!シンプルでいい!   アロマテラピーを使った手作りコスメの中で、最も幅広く使えてアレンジ力があるのは、それが化粧品の基本中の基本だから。   作り方は蜜ろうに好みの植物 ...

ReadMore

椿油で蜜ろうクリーム

アロマクラフト キャリアオイル

2018/3/31

椿油ベースの蜜ろうクリームつくりました|髪から足まで全身使える万能バーム

椿油で蜜ろうクリーム:溶かしたての頃 椿油を全身で使ってみようと思い、蜜ろうクリームにしました 先日、熊本県益城町産の椿油を頂きました。 国産材料を使って、昔ながらの方法で絞られた油です。油についてはこちらで記事にしましたのでご覧ください。 よくみかける椿油ですが、意外と国産が材料に使われていないじゃないか!という話です。 椿油は、使い方の前に買い方から|それほんとに椿油?   で、せっかくのちゃんとした椿油ですから全身に使ってみようと思いまして、こぼす心配のない蜜ろうクリームを作りました。 蜜 ...

ReadMore

アロマクラフト

2018/3/12

手作りアロマスプレーをフレッシュに保つための、使い切れる精油の選び方

手作りスプレーのための精油選び 手作りヨガマットスプレーを作るときのコツ、として、前回は出来上がりのアルコール濃度について記事にしました。 スプレーの作り方については以下の記事をご覧ください。 手作りヨガマットスプレーの作り方|おすすめのエタノール濃度は20% 脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥 今回はその他の材料の事。 香りや作用をフレッシュに保つには、どう材料を選んだらいいのか? 特にこれから初めてスプレーを作る方、新たに精油を買い足してみようとお考えの方に読んでほしい内 ...

ReadMore

1g量れるスプーン

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】計量スプーンで蜜ろう1gは量れるか?

1g量れるスプーン  計量スプーンで1gの蜜ろうを量ってみます 今回は蜜ろう(ビーズワックス)の量を、デジタルスケールを使わず計量スプーンを使って量る方法です。 前回は生活の木の蜜ろうをサンプルに、粒の数を数えてだいたいの重さを推測する方法を書きましたが、それだと他メーカーの蜜ろうには対応できないため、今日は計量スプーンでざっくり量ったらどのぐらいになるか?を試してみました。 結論として、蜜ろうは1g計量スプーン山盛り一杯でおおよそ1gになるということがわかりました。 以下、山盛り一杯ってどのぐらい?とい ...

ReadMore

蜜ろう1粒の重さは何グラム?

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】生活の木の蜜ろう1粒の重さは何グラム?

蜜ろう1粒の重さは何グラム? ちょっとだけ蜜ろうクリームを作りたいときに知りたかったコト 手作り化粧品のレシピを見ていると1g~のとても少ない単位で材料を使うことがよくありますが、家にデジタルスケールがない場合はこれが量れません。 特に蜜ろうを使うとき、これ一粒は何グラムなんだろう?これがわかったら粒数数えて入れられるかな?…と思うことが多かったので、実際に量ってみました。 ちょびっとずつ蜜ろうクリームを作るときの参考にしてください。 蜜ろうクリームのことはここで書いてます! 好きな精油の香りを持ち歩く| ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2018/3/31

好きな精油の香りを持ち歩く|蜜ろうクリームの練り香水

蜜ろうクリーム  蜜ろうクリームにして、好きな香りを持ち歩く ちょっと前に、転機の人が好むアロマブレンドのことを書きました。 ゼラニウムとサイプレスの組み合わせで、2015年最も気に入って、事あるごとに使っていた香り。 ゼラニウムもサイプレスも、どちらもホルモンバランス調整の作用がある精油です。 記事に起こしたらやっぱりまた気になり始まって、ふとした時にすぐ香りが楽しめる練り香水を作ることにしました。 練り香水というと難しそうですが、香りが強めの蜜ろうクリームです。 リップクリームの香りが強いものとイメー ...

ReadMore

香水ディフューザー

アロマ アロマクラフト

2019/3/16

使わない香水で作るリードディフューザー濃度調整のコツ【ルームフレグランス】

大好きな香水をきちんと使い切りたいあなたへ 使わないまましまい込んでいる香水をお持ちではありませんか?   香水は瓶がかわいかったり、くださった方や使っていた時の記憶が閉じ込められていたりで、なかなか「いらないから捨てる」ことができません。   なにより自分が気に入って手に入れたり、大切な人からの贈り物であることが多い香水は、やっぱりきちんと使い切りたいものです。   アルミキャップできっちり封がしてあるものならそれほど早くは変質しないそうですが、口が開いているタイプだとどん ...

ReadMore

おすすめ

年単位で読み続けている、ごはんがすごく作りたくなるブログ3選

投稿日:

ある日の夕ご飯は鍋

ある日の夕ご飯は鍋

まだ野菜ソムリエになる前から、ずーっと読んでいる食べ物系ブログがいくつかあります。

そのどれもが読めば必ずや台所に立ちたくなるブログ。
単においしそうな食べ物のことが書いてあるだけではなくて、書いている人がいかに食べ物と食事の時間を愛しているのかが伝わる。

やっぱり愛って行間からにじむのね。

どれもすごく好きなブログ、ぜひ一度見てみてください。

イタリア人の暮らしと家庭料理に詳しくなれるbarmariko

barmariko

イタリア・ペルージャで労働。カフェ、いれてます。→和食作ってます→ペルージャ卒業

d.hatena.ne.jp

もう10年も前に書かれたブログ。2005年から2006年9月までの1年半の更新で現在は更新終了です。
でもその期間に関わらず記事数は多く、いったん読み始まると物語のようで止まらない。
これまで何度も読み終えたはずなのに、しばらくたつとまた戻って読んでしまう。
ずっと消さないであってほしいです。
秋の夜長に読みふけるブログをお探しの方にお勧め。

概要

イタリア・ペルージャにある大学に留学したmarikoさんが、現地で友人になったイタリア人にさまざまな食事を作り作られする様子と、イタリア暮らしの生活のあれこれが主。

ブログというよりは、旅行記・滞在記です。
marikoさんが留学生として行ったからか、「日本の常識」「イタリアの常識」の違いへの驚きや気づくポイントがイタリアを知らない読み手の視点(=私)と重なっていたのが、最初にはまったきっかけです。

ポイント解説

marikoさんは本当に文章が上手で、食べたパスタの作り方や野菜の特徴の描写などが本当においしそう!読んでいて「今うちにあるので作れないかな」とうずうずしてくる。

途中からカフェでバリスタとして働き始め、個性的な常連さん・だらしないオーナーなどの強烈なエピソードも混じってくるとこれがまた面白い!
出てくる人がほんとにマンガのよう。アルベルトしっかりしろ!

イタリアのカフェ文化のことは、このブログから学びました。

食べ物のことが書いてあるけれど、食べ物を囲む人たちのエピソードとその人生の背景まで広げて書いてあるから、まわりまわってよりその食べ物の魅力が伝わる、という感じでしょうか…

いまリンクを貼るために飛んでみたら、やっぱり読み始めてしまった。
今はどこで何をされているのかな。

 

外食無しの夫婦二人の食事、ばーさんがじーさんに作る食卓

ばーさんがじーさんに作る食卓

70才+α外食なしのふたり(リンクフリーですが、スペースの関係で新しい相互リンクは控えさせていただいてますのでご了解下さい)

sesenta.exblog.jp

これも2005年から始まっていて、ずーーーーっと読んでいるブログ。
しかしこちらはいまだ更新中!10年オーバーのベテランブロガー。

写真が毎回とても素晴らしい!70歳+αとは思えないボリュームの食事は毎回美しい。
あこがれの「夫婦でちゃんとしたものを楽しんで食べる暮らし」をしている人がこの世にいる、ということを確認できるブログです。

ちゃんとした暮らし、は都市伝説ではないのでした。

概要

70歳+αのお二人の毎日の食生活が、料理写真とそのエピソードや作り方と共に綴られていて、毎回のメニュー選びにきちんと「それを食べたい理由」があるところを尊敬しています。

季節に合わせた食材を使っていることが多いことと、またその季節に合わせた思い出のエピソードがとても品がよい筆致のため「料理系歳時記」とでも申し上げたい気分です。

70歳オーバーだからと言って和食だけではなく、イタリアン・アジアンなど幅広く召し上がられているところも、とても素敵です。

ポイント解説

このブログを書いているお二人は食べることがとっても好きですが、外食をしない。
そして野菜なら畑づくりから、お肉やお魚は信頼できる場所から買って…と時間をかけて準備する。

たまにどなたかを招くときなどは、数日前から準備に取り掛かる様子が記事で見て取れます。

それが「うへぇ、私にはできないな」ではなくて、「なるほど、私もこんな風にしてみたいな!」と思える書き方なのです。

お二人の人柄がにじみ出たような文章のおかげで、食事って時間をかけてゆっくり食べるとおいしくなるんだ!と気付かされるブログです。
楽しむことって、ゆっくり時間をかけることと比例する。
せわしい気持ちの時にここを読むと、手間が楽しい時間に変換できる脳内に生まれ変わります。

 

海外の料理ブログを読むきっかけになったBoulder Locavore

留学経験があるため「海外ブログもよく読んでいるんでしょう?」と聞かれることがあるのですが、ここを読み始めるまでは実はほとんど読んでいませんでした。

日本のブログだけで、すっかり満足していたからです。

2010年開始、最初は普通の個人ブログだったのですが、今ではすっかり大メジャー!
コスモポリタン、ELLE、FOX NEWSなどでも取り上げられています。

概要

Toniさんというコロラド州ボルダー在住のアメリカ人女性が書いているブログです。
ボルダーといえば、日本人にとっては陸上選手が高地トレーニングのため合宿に向かう場所、というイメージでしょうか。

ロッキー山脈が見える、アメリカの美しい田舎。
しかし、アメリカの中でも健康志向がとても強い街でもあります。

そんな街で、アメリカの季節の行事食、地産地消、グルテンフリーなどをキーワードにいろいろなレシピが公開されています。

"My passion for food transformed into a passion to test my ability to have a diet as locally and seasonally based as possible. "(From And so it begins...)

「私の食べ物への情熱は、自分が食事をいかに季節に合わせ、地産地消でいくことができるのかを試してみよう、という情熱に変わりました。」(武田訳)

地産地消に対する考え方や、アメリカの健康食ブームに関する意見などもとってもおもしろいですが、写真だけでもじゅーーぶんです!読まなくてもいい!

ポイント解説

日本だと最近聞くようになった言葉「グルテンフリー」。

Toniさんは、6年前に自分がグルテン不耐性だとわかりました。
小麦に含まれるグルテンが原因で体の不調が起こる体質です。
(たぶんジェーン・スーさんもこれ)

だから、このブログで紹介されているメニューはすべてグルテンフリーで作ることができる。
さらにいいのは、そうではない人向けに普通の作り方も選べる。
ここにToniさんの姿勢が出ていていいな、と思うわけです。

グルテンフリーではありますがベジタリアンではないため、肉や乳製品のメニューは豊富。

そしてなんといっても、アメリカの行事の時の食事がかっこいい!
テーブルディスプレイもそうなのですが、特にお酒類!

カクテルアイディアが”Booze"(お酒、の意)のカテゴリにあるのですが、どれもたくさんフルーツを使ってあるおうち用カクテルで、すぐ取り入れられるアイディアばかりです。

お酒に果物の香りを移した、"DIY Infusion Liquie"(自家製果実酒)のラインナップがお気に入り

家でおもてなしとかする前に、一度インスピレーションを得るためのサイトをお探しの方にお勧めです。

健康の街ボルダー発のレシピだけに、どれをとってもヘルシーです。

 

「人と場所をつないでいる食べ物」のブログが面白い

単純に食べ物の写真をみたいとか知りたいなら、毎日作ってるお弁当をアップしているブログとか、それこそ極端なことを言えばGoogle画像検索で上がってくる写真でも満足できるはずなのですよね。

(あ、インスタグラムはそういう使い方してます)

【過去記事】美しい食べ物を見つけるInstagram英語#ハッシュタグ一覧

【過去記事】美しい食べ物を見つけるInstagram英語#ハッシュタグ一覧2

でも心の底から「私も作りたい!」と思えるようなブログって、それを食べる人とか場所のことがたくさん書いてあって、料理にこめてあるブログ。

それは私の知らない場所の、知らない人の経験がぎゅぎゅーっと詰まっている料理。

秋の夜長に、ぜひ一度ご覧くださいませ。

ご注意

◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-おすすめ
-

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2020 All Rights Reserved.