アロマ アロマクラフト

2018/10/9

手作りヨガマットスプレーの作り方|お手入れにおすすめのエタノール濃度は20%

ヨガマットスプレー買ってますか?   ヨガをしている方は多いと思うのですが、ヨガマット用のクリーナーを使っている方はいますか? ↓こういう感じのものです ヨガスプレー【コーム】   消臭と汚れ落としが主な目的ですが、ヨガマットスプレーはアルコール+水+エッセンシャルオイルで作られているものがほとんどで、実は自分で作るのがとても簡単。   そして一度作ってしまえば、ヨガマットに限らず様々な除菌に使えます。   もし手元にエッセンシャルオイルとヨガマットをお持ちの方は、 ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2019/3/12

初めてのアロマ蜜ろうクリームの作り方|材料の選び方~使い方まで|ヘアバーム・リップ・ハンドクリームに

蜜ろうクリーム 【手作りコスメ入門編】蜜ろうクリームを作ってみよう   蜜ろうクリームって何?どこがいいの?と疑問をお持ちの方。   顔・体・手・髪・爪・唇・香り…と様々に使い道の分かれたクリームが出ていますが、その役割ぜーんぶまとめて1つでケアできるのが蜜ろうクリームです。   楽でいい!シンプルでいい!   アロマテラピーを使った手作りコスメの中で、最も幅広く使えてアレンジ力があるのは、それが化粧品の基本中の基本だから。   作り方は蜜ろうに好みの植物 ...

ReadMore

椿油で蜜ろうクリーム

アロマクラフト キャリアオイル

2018/3/31

椿油ベースの蜜ろうクリームつくりました|髪から足まで全身使える万能バーム

椿油で蜜ろうクリーム:溶かしたての頃 椿油を全身で使ってみようと思い、蜜ろうクリームにしました 先日、熊本県益城町産の椿油を頂きました。 国産材料を使って、昔ながらの方法で絞られた油です。油についてはこちらで記事にしましたのでご覧ください。 よくみかける椿油ですが、意外と国産が材料に使われていないじゃないか!という話です。 椿油は、使い方の前に買い方から|それほんとに椿油?   で、せっかくのちゃんとした椿油ですから全身に使ってみようと思いまして、こぼす心配のない蜜ろうクリームを作りました。 蜜 ...

ReadMore

アロマクラフト

2018/3/12

手作りアロマスプレーをフレッシュに保つための、使い切れる精油の選び方

手作りスプレーのための精油選び 手作りヨガマットスプレーを作るときのコツ、として、前回は出来上がりのアルコール濃度について記事にしました。 スプレーの作り方については以下の記事をご覧ください。 手作りヨガマットスプレーの作り方|おすすめのエタノール濃度は20% 脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥 今回はその他の材料の事。 香りや作用をフレッシュに保つには、どう材料を選んだらいいのか? 特にこれから初めてスプレーを作る方、新たに精油を買い足してみようとお考えの方に読んでほしい内 ...

ReadMore

1g量れるスプーン

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】計量スプーンで蜜ろう1gは量れるか?

1g量れるスプーン  計量スプーンで1gの蜜ろうを量ってみます 今回は蜜ろう(ビーズワックス)の量を、デジタルスケールを使わず計量スプーンを使って量る方法です。 前回は生活の木の蜜ろうをサンプルに、粒の数を数えてだいたいの重さを推測する方法を書きましたが、それだと他メーカーの蜜ろうには対応できないため、今日は計量スプーンでざっくり量ったらどのぐらいになるか?を試してみました。 結論として、蜜ろうは1g計量スプーン山盛り一杯でおおよそ1gになるということがわかりました。 以下、山盛り一杯ってどのぐらい?とい ...

ReadMore

蜜ろう1粒の重さは何グラム?

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】生活の木の蜜ろう1粒の重さは何グラム?

蜜ろう1粒の重さは何グラム? ちょっとだけ蜜ろうクリームを作りたいときに知りたかったコト 手作り化粧品のレシピを見ていると1g~のとても少ない単位で材料を使うことがよくありますが、家にデジタルスケールがない場合はこれが量れません。 特に蜜ろうを使うとき、これ一粒は何グラムなんだろう?これがわかったら粒数数えて入れられるかな?…と思うことが多かったので、実際に量ってみました。 ちょびっとずつ蜜ろうクリームを作るときの参考にしてください。 蜜ろうクリームのことはここで書いてます! 好きな精油の香りを持ち歩く| ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2018/3/31

好きな精油の香りを持ち歩く|蜜ろうクリームの練り香水

蜜ろうクリーム  蜜ろうクリームにして、好きな香りを持ち歩く ちょっと前に、転機の人が好むアロマブレンドのことを書きました。 ゼラニウムとサイプレスの組み合わせで、2015年最も気に入って、事あるごとに使っていた香り。 ゼラニウムもサイプレスも、どちらもホルモンバランス調整の作用がある精油です。 記事に起こしたらやっぱりまた気になり始まって、ふとした時にすぐ香りが楽しめる練り香水を作ることにしました。 練り香水というと難しそうですが、香りが強めの蜜ろうクリームです。 リップクリームの香りが強いものとイメー ...

ReadMore

香水ディフューザー

アロマ アロマクラフト

2019/3/16

使わない香水で作るリードディフューザー濃度調整のコツ【ルームフレグランス】

大好きな香水をきちんと使い切りたいあなたへ 使わないまましまい込んでいる香水をお持ちではありませんか?   香水は瓶がかわいかったり、くださった方や使っていた時の記憶が閉じ込められていたりで、なかなか「いらないから捨てる」ことができません。   なにより自分が気に入って手に入れたり、大切な人からの贈り物であることが多い香水は、やっぱりきちんと使い切りたいものです。   アルミキャップできっちり封がしてあるものならそれほど早くは変質しないそうですが、口が開いているタイプだとどん ...

ReadMore

おすすめ

まずデザインが美しい!抗菌スポンジの決定版|亀の子スポンジ

更新日:

亀の子たわしちびっこ

亀の子たわしちびっことセットで買いました

ずーっと気になってた抗菌スポンジ、ようやく買えました

前回の記事で100均のたわしと亀の子タワシでは全然品質が違う話を書いたのですが、その時一緒に買ったのが亀の子スポンジ。

亀の子たわしの会社がものすごい情熱を込めて作ったという、ものすごい抗菌力を持つスポンジです。

去年『東洋経済オンライン』に掲載されていたこの記事を読んで以来、ずーっと使ってみたかったもの。

即完売!亀の子束子が生んだすごいスポンジ | めちゃ売れ!コスパ最強商品はコレだ

たわしで有名な亀の子束子西尾商店の開発したスポンジが、即完売するほどの売れ行きだという。いったい、…

toyokeizai.net

・6時間後にはO157が検出されないほどの抗菌力
・水切れのよさ
・シンプルなデザイン

なかなか売っている場所にいけなくて、近頃ようやく購入できました。

私は何といっても水切れを気にしてしまいます。ずっとビシャビシャしているのがいや。ビシャビシャのスポンジを触るのが本当にいやだ。

こういうぱこっとはめるタイプのスポンジも使っていますが、水切れの良さについての記事に加えて、亀の子スポンジの抗菌力についてのことを読んだら、すっかり心が奪われまして。
もうすぐ1歳になる姪っ子にもプレゼントしてしまいました。
気に入ったものを躊躇なく配ることができるのは加齢のなせる業だとおもいますが、このスポンジばっかりは配っても悪くないんじゃないか。

本家のサイトはこちらです。

スポンサーリンク

雑菌の繁殖を抑える銀イオンコーティングがされています

亀の子スポンジのコーティング面

亀の子スポンジのコーティング面

スポンジは雑菌の温床であるというのは、誰しもが聞いたことがあるかと思います。
それを防ぐ銀イオンが片面に塗布されていて、そちらは洗うのには使えない面です。

なんとなくゴムっぽくなってます。
これのおかげで、もう消毒とか殺菌についてアタマを悩ませなくていいかと思うと本当に助かります。

亀の子スポンジの洗う面

亀の子スポンジの洗う面

洗う面の方は普通。比べるとよくわかる。

亀の子スポンジ、弾力性ありました

亀の子スポンジ、弾力性ありました

ぎゅーっと握ってみると、だいぶ反発力があります。5個パック100円のスポンジにはない弾力性です。

黄色のほかに白、グレー(銀?)があって、とりあえず3種それぞれ買ってみました。
特に白、変色しないといいなーと思っています。

このスポンジを使うなら、スポンジホルダーは必須でしょう!水切れの良さを十分に味わいたいものです。

本家サイトもそうですが、英語での説明がとってもしっかりしていますので海外の方へのお土産にもいいのではないでしょうか。
私は亀の子タワシとのセットで考えております。

亀の子スポンジの説明書き

亀の子スポンジの説明書き

封かんシールもちゃんと亀。

亀の子スポンジ

亀の子スポンジ

これからは濡れていないスポンジに触れる生活になるのがとても嬉しいお買い物でした。

スポンジの雑菌が気になる方、梅雨前にぜひぜひ。

 

【これは!と思ったキッチン用品、ほかにも記事にしています】

ご注意

◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-おすすめ
-

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2019 All Rights Reserved.