アロマ アロマクラフト

2018/10/9

手作りヨガマットスプレーの作り方|お手入れにおすすめのエタノール濃度は20%

ヨガマットスプレー買ってますか?   ヨガをしている方は多いと思うのですが、ヨガマット用のクリーナーを使っている方はいますか? ↓こういう感じのものです ヨガスプレー【コーム】   消臭と汚れ落としが主な目的ですが、ヨガマットスプレーはアルコール+水+エッセンシャルオイルで作られているものがほとんどで、実は自分で作るのがとても簡単。   そして一度作ってしまえば、ヨガマットに限らず様々な除菌に使えます。   もし手元にエッセンシャルオイルとヨガマットをお持ちの方は、 ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2019/3/12

初めてのアロマ蜜ろうクリームの作り方|材料の選び方~使い方まで|ヘアバーム・リップ・ハンドクリームに

蜜ろうクリーム 【手作りコスメ入門編】蜜ろうクリームを作ってみよう   蜜ろうクリームって何?どこがいいの?と疑問をお持ちの方。   顔・体・手・髪・爪・唇・香り…と様々に使い道の分かれたクリームが出ていますが、その役割ぜーんぶまとめて1つでケアできるのが蜜ろうクリームです。   楽でいい!シンプルでいい!   アロマテラピーを使った手作りコスメの中で、最も幅広く使えてアレンジ力があるのは、それが化粧品の基本中の基本だから。   作り方は蜜ろうに好みの植物 ...

ReadMore

椿油で蜜ろうクリーム

アロマクラフト キャリアオイル

2018/3/31

椿油ベースの蜜ろうクリームつくりました|髪から足まで全身使える万能バーム

椿油で蜜ろうクリーム:溶かしたての頃 椿油を全身で使ってみようと思い、蜜ろうクリームにしました 先日、熊本県益城町産の椿油を頂きました。 国産材料を使って、昔ながらの方法で絞られた油です。油についてはこちらで記事にしましたのでご覧ください。 よくみかける椿油ですが、意外と国産が材料に使われていないじゃないか!という話です。 椿油は、使い方の前に買い方から|それほんとに椿油?   で、せっかくのちゃんとした椿油ですから全身に使ってみようと思いまして、こぼす心配のない蜜ろうクリームを作りました。 蜜 ...

ReadMore

アロマクラフト

2018/3/12

手作りアロマスプレーをフレッシュに保つための、使い切れる精油の選び方

手作りスプレーのための精油選び 手作りヨガマットスプレーを作るときのコツ、として、前回は出来上がりのアルコール濃度について記事にしました。 スプレーの作り方については以下の記事をご覧ください。 手作りヨガマットスプレーの作り方|おすすめのエタノール濃度は20% 脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥 今回はその他の材料の事。 香りや作用をフレッシュに保つには、どう材料を選んだらいいのか? 特にこれから初めてスプレーを作る方、新たに精油を買い足してみようとお考えの方に読んでほしい内 ...

ReadMore

1g量れるスプーン

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】計量スプーンで蜜ろう1gは量れるか?

1g量れるスプーン  計量スプーンで1gの蜜ろうを量ってみます 今回は蜜ろう(ビーズワックス)の量を、デジタルスケールを使わず計量スプーンを使って量る方法です。 前回は生活の木の蜜ろうをサンプルに、粒の数を数えてだいたいの重さを推測する方法を書きましたが、それだと他メーカーの蜜ろうには対応できないため、今日は計量スプーンでざっくり量ったらどのぐらいになるか?を試してみました。 結論として、蜜ろうは1g計量スプーン山盛り一杯でおおよそ1gになるということがわかりました。 以下、山盛り一杯ってどのぐらい?とい ...

ReadMore

蜜ろう1粒の重さは何グラム?

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】生活の木の蜜ろう1粒の重さは何グラム?

蜜ろう1粒の重さは何グラム? ちょっとだけ蜜ろうクリームを作りたいときに知りたかったコト 手作り化粧品のレシピを見ていると1g~のとても少ない単位で材料を使うことがよくありますが、家にデジタルスケールがない場合はこれが量れません。 特に蜜ろうを使うとき、これ一粒は何グラムなんだろう?これがわかったら粒数数えて入れられるかな?…と思うことが多かったので、実際に量ってみました。 ちょびっとずつ蜜ろうクリームを作るときの参考にしてください。 蜜ろうクリームのことはここで書いてます! 好きな精油の香りを持ち歩く| ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2018/3/31

好きな精油の香りを持ち歩く|蜜ろうクリームの練り香水

蜜ろうクリーム  蜜ろうクリームにして、好きな香りを持ち歩く ちょっと前に、転機の人が好むアロマブレンドのことを書きました。 ゼラニウムとサイプレスの組み合わせで、2015年最も気に入って、事あるごとに使っていた香り。 ゼラニウムもサイプレスも、どちらもホルモンバランス調整の作用がある精油です。 記事に起こしたらやっぱりまた気になり始まって、ふとした時にすぐ香りが楽しめる練り香水を作ることにしました。 練り香水というと難しそうですが、香りが強めの蜜ろうクリームです。 リップクリームの香りが強いものとイメー ...

ReadMore

香水ディフューザー

アロマ アロマクラフト

2019/3/16

使わない香水で作るリードディフューザー濃度調整のコツ【ルームフレグランス】

大好きな香水をきちんと使い切りたいあなたへ 使わないまましまい込んでいる香水をお持ちではありませんか?   香水は瓶がかわいかったり、くださった方や使っていた時の記憶が閉じ込められていたりで、なかなか「いらないから捨てる」ことができません。   なにより自分が気に入って手に入れたり、大切な人からの贈り物であることが多い香水は、やっぱりきちんと使い切りたいものです。   アルミキャップできっちり封がしてあるものならそれほど早くは変質しないそうですが、口が開いているタイプだとどん ...

ReadMore

アロマ 英語

コールドケース 迷宮事件簿 シーズン6 第8話|海外ドラマのアロマテラピー

更新日:

 海外ドラマの中のアロマテラピー


コールドケース<シックス・シーズン>(字幕版)
日々のアイロンがけのおともは、定額動画サービスdtvで見る海外ドラマです。
ドラマ見たさに、最近はシーツや布団カバー類のアイロン頻度もあがりました。

見るドラマはスパイ・犯罪・弁護士モノが主なのですが、ごくごくたまーーにアロマテラピーや嗅覚に関する話題が出てきます。
匂いって映像に写らないからなかなか話題にならないがゆえ、逆になった時にはついメモってしまいます。

今回は珍しくアロマテラピーががっつりメイン!
以下、ネタバレをたっぷりと含みますのでご了承のうえお進みください。

 

今回のドラマのこと

今回見たドラマは『コールドケース 迷宮事件簿』。

既に迷宮入りとなった事件を新証拠が出たことで再捜査をするチームの話。
再捜査だから扱う事件が現代に限らず、古くは1930年代のものも含まれるため「昔のアメリカ」がたっくさん出てくる。

派手さはないけれどアメリカ文化の今昔が生活者目線から理解できるから、とても好きなドラマです。

しかもその昔のエピソードの再現がものすごく丁寧!衣装や小物がやっぱり海外ドラマらしく丁寧で、その時代の音楽をたくさん使っていて、でも昔の映画そのものではないからとっても見やすい。

ほんの数十年前まで黒人差別・男女差別が激しかったアメリカ…って過去形でつい書いてしまいそうになりますが、それが現在形で続いていることなんだなと、このドラマを見ているとわかります。

 

ウィンターグリーン(冬緑油)で殺人事件?!

今回登場するのはウィンターグリーン。

オーガニック エッセンシャルオイル ウインターグリーン 15g(12.7ml)
サリチル酸メチル(アスピリンとほぼほぼ同じ)が95%で、消炎・鎮痛・抗炎症が得意なため「アスリート用に」「運動用に」と使われることがおおい精油です。

簡単に言うと、湿布薬の匂いのあの成分。

日本人で好きな人をあまり見かけないルートビアもこの匂いですが、アメリカでは歯磨き粉とかミントタブレットでよくこのウィンターグリーン味を見かけていたから、アメリカ人は生活にすっかり入っている香りです。
日本のハッカ油みたいなもんでしょうか。

 

使い方を間違えると、ほんとに精油で死んでしまう

なにせ刺激が強いので、日本のアロマテラピー本を見ているととにかくこの精油は注意書きが多い!

・芳香浴には向きません
・刺激が強いので必ず低濃度から
・発疹・赤み・おう吐などの副作用があります

などなど、扱いが結構難しい。
薬品のアスピリンとほぼ同じなんだから当たり前なんだけれど、精油だと雑貨として売られているのが怖いところです。

子供は小さじ1杯飲んだら死んでしまう。

サリチル酸塩の中では、ウインターグリーンオイル(冬緑油、ヒメコウジの精油)の主成分であるサリチル酸メチルが最も強い毒性を持っています。サリチル酸メチルは、塗布剤や蒸気吸入器に使う溶液などの製品に含まれます。幼児は小さじ1杯未満のサリチル酸メチルの精油を飲みこむだけで死に至ります。
メルクマニュアル医学百科 家庭版 アスピリン中毒 より)

ドラマでは副作用の一つ「サリチル酸メチルで喘息発作を起こす人がいる」部分を利用して、ウィンターグリーン入りのお茶が凶器として使われていました。

被害者はウィンターグリーン入りのお茶を飲んで喘息発作を起こして地下鉄の階段下で倒れていたのですが、サリチル酸メチルの血液凝固作用であざが大きく出ていたため、強盗事件による打撲痕と見間違えられて迷宮入りです。

その凶器のお茶もね…先生がアスピリン中毒で自殺しようとして用意してたお茶で…みたいな、ほんとにうまいこと組み込んであるんです。

瞑想のためにおでこにつけてるシーンもあるし。

ウィンターグリーンの香りって、日本人にとっては完全に「サロンパスの匂い」なので飲用するには抵抗があるからこの死因は成立しなかったと思うけど、アメリカ人にとっては普段飲んだり食べたりしている、親しみのある香りなのですよね

毎回思うのですが、シナリオライターのかたはどんなことをきっかけにこの筋書きを考えたのだろう??

一見安全に見える精油の二つの副作用側面を、こんなにうまく絡ませる死因ってすごいな…。

他に私が驚いたのは、犯人がお茶にウィンターグリーンを入れるシーンで握っていたボトルが結構大きかったことです!30mlサイズ以上なのは間違いない。

 

エッセンシャルオイルは植物エキスとは違います

ウィンターグリーン精油が凶器に使われるこのドラマは、「精油は取扱次第では人を危険にさらします」のいい例です。

エッセンシャルオイルは野菜エキスやサプリじゃないから、いっぱい使えばばいいっていうものでもない。

そもそも飲むのは反対だし、あくまでほどよい量を使うことが大事です。

その時はエッセンシャルオイルのクオリティもチェックしてね。

試しにネットで精油を買ってアロマやってみようかな?という時最低限気にしたほうがいいこと

定額動画サービスdtvはこちら

ご注意

◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-アロマ, 英語
-, ,

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2019 All Rights Reserved.