アロマ アロマクラフト

2018/10/9

手作りヨガマットスプレーの作り方|お手入れにおすすめのエタノール濃度は20%

ヨガマットスプレー買ってますか?   ヨガをしている方は多いと思うのですが、ヨガマット用のクリーナーを使っている方はいますか? ↓こういう感じのものです ヨガスプレー【コーム】   消臭と汚れ落としが主な目的ですが、ヨガマットスプレーはアルコール+水+エッセンシャルオイルで作られているものがほとんどで、実は自分で作るのがとても簡単。   そして一度作ってしまえば、ヨガマットに限らず様々な除菌に使えます。   もし手元にエッセンシャルオイルとヨガマットをお持ちの方は、 ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2019/3/12

初めてのアロマ蜜ろうクリームの作り方|材料の選び方~使い方まで|ヘアバーム・リップ・ハンドクリームに

蜜ろうクリーム 【手作りコスメ入門編】蜜ろうクリームを作ってみよう   蜜ろうクリームって何?どこがいいの?と疑問をお持ちの方。   顔・体・手・髪・爪・唇・香り…と様々に使い道の分かれたクリームが出ていますが、その役割ぜーんぶまとめて1つでケアできるのが蜜ろうクリームです。   楽でいい!シンプルでいい!   アロマテラピーを使った手作りコスメの中で、最も幅広く使えてアレンジ力があるのは、それが化粧品の基本中の基本だから。   作り方は蜜ろうに好みの植物 ...

ReadMore

椿油で蜜ろうクリーム

アロマクラフト キャリアオイル

2018/3/31

椿油ベースの蜜ろうクリームつくりました|髪から足まで全身使える万能バーム

椿油で蜜ろうクリーム:溶かしたての頃 椿油を全身で使ってみようと思い、蜜ろうクリームにしました 先日、熊本県益城町産の椿油を頂きました。 国産材料を使って、昔ながらの方法で絞られた油です。油についてはこちらで記事にしましたのでご覧ください。 よくみかける椿油ですが、意外と国産が材料に使われていないじゃないか!という話です。 椿油は、使い方の前に買い方から|それほんとに椿油?   で、せっかくのちゃんとした椿油ですから全身に使ってみようと思いまして、こぼす心配のない蜜ろうクリームを作りました。 蜜 ...

ReadMore

アロマクラフト

2018/3/12

手作りアロマスプレーをフレッシュに保つための、使い切れる精油の選び方

手作りスプレーのための精油選び 手作りヨガマットスプレーを作るときのコツ、として、前回は出来上がりのアルコール濃度について記事にしました。 スプレーの作り方については以下の記事をご覧ください。 手作りヨガマットスプレーの作り方|おすすめのエタノール濃度は20% 脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥 今回はその他の材料の事。 香りや作用をフレッシュに保つには、どう材料を選んだらいいのか? 特にこれから初めてスプレーを作る方、新たに精油を買い足してみようとお考えの方に読んでほしい内 ...

ReadMore

1g量れるスプーン

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】計量スプーンで蜜ろう1gは量れるか?

1g量れるスプーン  計量スプーンで1gの蜜ろうを量ってみます 今回は蜜ろう(ビーズワックス)の量を、デジタルスケールを使わず計量スプーンを使って量る方法です。 前回は生活の木の蜜ろうをサンプルに、粒の数を数えてだいたいの重さを推測する方法を書きましたが、それだと他メーカーの蜜ろうには対応できないため、今日は計量スプーンでざっくり量ったらどのぐらいになるか?を試してみました。 結論として、蜜ろうは1g計量スプーン山盛り一杯でおおよそ1gになるということがわかりました。 以下、山盛り一杯ってどのぐらい?とい ...

ReadMore

蜜ろう1粒の重さは何グラム?

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】生活の木の蜜ろう1粒の重さは何グラム?

蜜ろう1粒の重さは何グラム? ちょっとだけ蜜ろうクリームを作りたいときに知りたかったコト 手作り化粧品のレシピを見ていると1g~のとても少ない単位で材料を使うことがよくありますが、家にデジタルスケールがない場合はこれが量れません。 特に蜜ろうを使うとき、これ一粒は何グラムなんだろう?これがわかったら粒数数えて入れられるかな?…と思うことが多かったので、実際に量ってみました。 ちょびっとずつ蜜ろうクリームを作るときの参考にしてください。 蜜ろうクリームのことはここで書いてます! 好きな精油の香りを持ち歩く| ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2018/3/31

好きな精油の香りを持ち歩く|蜜ろうクリームの練り香水

蜜ろうクリーム  蜜ろうクリームにして、好きな香りを持ち歩く ちょっと前に、転機の人が好むアロマブレンドのことを書きました。 ゼラニウムとサイプレスの組み合わせで、2015年最も気に入って、事あるごとに使っていた香り。 ゼラニウムもサイプレスも、どちらもホルモンバランス調整の作用がある精油です。 記事に起こしたらやっぱりまた気になり始まって、ふとした時にすぐ香りが楽しめる練り香水を作ることにしました。 練り香水というと難しそうですが、香りが強めの蜜ろうクリームです。 リップクリームの香りが強いものとイメー ...

ReadMore

香水ディフューザー

アロマ アロマクラフト

2019/3/16

使わない香水で作るリードディフューザー濃度調整のコツ【ルームフレグランス】

大好きな香水をきちんと使い切りたいあなたへ 使わないまましまい込んでいる香水をお持ちではありませんか?   香水は瓶がかわいかったり、くださった方や使っていた時の記憶が閉じ込められていたりで、なかなか「いらないから捨てる」ことができません。   なにより自分が気に入って手に入れたり、大切な人からの贈り物であることが多い香水は、やっぱりきちんと使い切りたいものです。   アルミキャップできっちり封がしてあるものならそれほど早くは変質しないそうですが、口が開いているタイプだとどん ...

ReadMore

果物

福島市の夏は桃一色!市内のおすすめ直売所とよいお買い物のコツ

更新日:

古山果樹園の桃

古山果樹園の桃

福島市の夏は桃一色

福島県のイチオシ果物は桃。

 

全国出荷量の約2割が福島県産で、福島県内で作られている果物の約半数が桃なんです。

 

そのうち9割が、福島市・伊達市・国見町・桑折町といった中通りの県北エリアで生産されています。

桃の地図

桃の地図

雪国あいづ・海のそばいわきエリアではないんですね。

 

特に福島市は福島県内でも桃農家さんが一番多い市町村です。

 

そんな福島市内で桃を買う方へ、おすすめの直売所をお伝えします。

スポンサーリンク

 

JAの直売所「ここら」矢野目店

誰でも行きやすい・買いやすいのがJAの運営する直売所ですが、その中なら私が最も行く「ここら」矢野目店がおすすめです。

 

こんな方におすすめ

  • 国道4号線・13号線から車で来る方
  • 安く桃を買いたい方
  • たくさんの桃の中から選びたい方
  • 贈り物の手続きをしたい方
  • 他の野菜やお惣菜も買いたい方

 

 

市内・国道から近い!駐車場が広い!

桃の出荷が始まると福島市内の産直は桃一色となりますが、とくに7月下旬ごろから県産品種「あかつき」の出荷が始まりますとぐーーーっとお客様の数が増えます。

 

せっかく来ても、車が止めにくいと残念ですよね。

 

ここら矢野目店はまず駐車場がすっごく広い!運転に自信のない方でも、休日でも待たずに入れて安心です。

 

また福島市街からわりと近いのでアクセスしやすいです。

 

家庭消費用の桃がとにかく安い!

家で食べる家庭消費用はほんとに安い!

 

家庭消費用の箱入り桃なら15個近く入って1箱1000円程度、1個あたり数十円程度のものもザラ。

福島市内の直売所で買った桃

福島市内の直売所で買った桃

桃の品種ってものすごくたくさんありまして、産直に行くと聞いたことない品種がたっくさん!

多くは女性っぽい名前や、かわいらしい名前がついているの。

 

"She is a peach" : あの子めちゃめちゃかわいい☆

 

って英語でも言うから、桃は女の子なのかもしれません。

 

こっちは300円で大き目が7個入り。

福島市内の直売所で買った桃

福島市内の直売所で買った桃

県外の方はもちろん、県内の他のエリアの方も「桃を買いに」行くためだけにでも県北エリアに来る価値がありますよ!

 

熟していないまだかた~い桃が買えます(福島県民は固い桃が好き)。

 

特に桃は冷やさないで食べる果物ですので、常温で安心してお持ち帰り頂けます。

 

 

売場も広いから種類も在庫も豊富

 

この写真はJAの直売所「ここら」矢野目店の店内。ここは駐車場だけでなく果物コーナーも広い!

 

福島市の直売所の桃

福島市の直売所の桃

 

置いてある品種もとても多いし(桃って品種がとってもたくさんあるんです)、品種ごとの在庫量もとっても豊富。

 

直売所って午後になると品薄になるのがあるあるなのですが、ここなら割とおそくに行ってもまだ商品があります。

 

 

贈答カウンターがあるので贈り物の手続きがしやすい

ここら矢野目店には、贈答専用カウンターがあって、宅急便で送る手続きをその場ですることができます。

 

桃の時期だけではなく、その後のナシ・ブドウ・リンゴ…と、臨時ではなくずっと設置されているカウンターです。

 

贈答カウンターはどこの直売所でもあるとは限らないので、これは贈り物をしたい方には大変便利かと思います。

 

お中元に送る、贈答用コーナーでも商品はどどーん!とたくさん!

みんな、ショッピングカートに桃の箱をたくさん積み上げながら店内を移動してます。1箱2箱じゃないんです。

福島市の直売所の桃

福島市の直売所の桃

 

他の野菜も品ぞろえが豊富

お店の面積の半分近くが桃となる夏ですが、お店そのものがたいへん広いので、他の野菜もたくさん見ることができます。

 

野菜ソムリエの私が、とくにこの時期買うことをおすすめするのは

 

枝豆

 

トウモロコシ

 

の2つです。

 

この2つは収穫してから時間が経てば経つほど、まるで走って逃げるようにおいしさが減っていく野菜。

 

「お湯を沸かしてから収穫しろ」

 

と言われるほどなのです。

 

直売所に並んでいる野菜は、基本的にその日の朝に採れたもの。

 

枝豆とトウモロコシのおいしさは、スーパーでは味わえないよ!

 

 

JAの直売所2「ここら」吾妻店

 

もう一か所売場も駐車場も広くて果物の品ぞろえが豊富なのは、同じくJA「ここら」吾妻店です。

 

市街地から離れたフルーツラインの近くなのですが、土湯温泉に行かれる方や、観光果樹園で果物狩りする人にはこっちがよさそう。

 

こんな方におすすめ

  • 高速道路の福島西ICで降りる方
  • 土湯温泉・観光果樹園で桃狩りもしたい方
  • 子供連れで近くの施設(四季の郷)などに立ち寄りたい方

 

私はたいていこの二か所のどちらかを利用しています。

 

 

2018年は甘くて香りが強くて小玉

福島県の代表品種あかつきは、通常7月下旬からお盆のあたりまでが出回り時期だとされています。

 

出荷が早まった年2016年、生育が遅れていた2017年、さて今年はと言えば…

 

暑さのせいで甘味・香りが凝縮!ただし水不足のため小玉傾向。

 

というのが一般的な意見。

 

玉が大きく育つはずの梅雨時に雨がなかったために実が育たなかった傾向があるらしいので、今年は全体的に小玉なのだそう。

 

ただしとある農家さんから聞いた話では「その時期にきちんと水をあげていればきちんと大玉に仕上げられている」という意見もありますので、そこは各農家さんの管理の腕の見せ所というところでしょうか。

 

ただそのぶん、甘味・かおりがぎゅーっと詰まっているそうです。私も「ぎょうせい」という品種の桃を食べましたが、例年よりも甘味が濃いのは納得!

ケーキにも負けない、夜のデザートにぴったりの甘さでした。

 

ちなみに福島県の代表品種あかつき、最高においしくなる時期は7/30-8/2あたりとのこと!

 

農家さんによってバラつきはあるかと思いますが、7月下旬ごろがねらい目だそうです。

雨が降ると甘味がボケるとのことなので、7月下旬で晴れが続いた日があればそこが最高にねらい目です!

 

個人的には、むきやすく食べきりやすく・お値段も手ごろな小さいサイズは大歓迎です。ぜひ皆様もいろいろ食べ比べてくださいませ。

 

 

直売所でのよい買い物のコツ

 

直売所でいいものを買いたいなら…

 

行くのは午前中です!観光前に、まず直売所!

 

農家さんたちが10時ごろまでには商品を搬入していきますので、10時~お昼ぐらいまでがねらい目です。

 

桃は常温保存でも大丈夫ですが、葉物はやっぱり冷たいところで保存したほうがいいので、できればクーラーバッグを持参するとお買い物の幅がより広がります。

 

 

品種ごとの出回り時期もみてみよう!

品種ごとの出回り時期を見るなら、カレンダー形式で載っている福島市のページが入門編。

代表的な品種の出回り時期が書いてあります。

 

ちなみに桃だけじゃなくて、その後に続く梨やブドウのカレンダーも一緒に載っていますので、ぜひ一度ご覧ください。

これから秋の終わりごろまで果物が目白押しの福島、見ているうちに、全部の品種を試してみたくなってくる。

フルーツを食す - 福島市ホームページ

www.city.fukushima.fukushima.jp

 

「あかつき」の次は「まどか」食べてみよう

特に、お盆明けからが出回り時期の「まどか」はぜひ品種指定で食べてみてほしい桃です。

というのはある桃農家さんに伺ったところ、

 

・糖度が上がりやすい、甘くなりやすい品種

・だけど均一にそろえて栽培するのが難しいため、栽培する人が少なくなっている

・面倒な桃だから、だんだん栽培する人がいなくなるんじゃないか

 

とのことで「あるものはあるうちに」楽しんでおいた方がいい代表のような品種だからです。

 

9月初旬~中旬くらいなら「さくら」

保原町斎藤さんのつくる「さくら」

保原町斎藤さんのつくる「さくら」

シーズンの終わりごろに出回る、成熟の遅い品種を「晩生(おくて)」と呼びます。

 

「さくら」も桃の晩生品種の1つだそうなのですが、斎藤さん曰く

 

大玉で、日持ちして、9月頭からならこれがいい

 

とのことでした。

 

パリパリの食感がたまらない、福島県民が好きそうな桃☆

 

日頃熟した柔らかい桃を食べている東京のお友達も、ついつい手が伸びるくらいおいしかったとのこと。

 

すーっとさわやかな甘さで、梨やブドウに目移りしがちな9月でも

 

「これを食べて夏を締めくくる」

 

にふさわしい桃です。

保原町斎藤さんのつくる「さくら」

保原町斎藤さんのつくる「さくら」

ほんとにおいしかったな~

 

 

以上、福島市内のおすすめの直売所についてでした。

 

農家さんから直接買うなら

我が家がお中元でお世話になった伊達市の桃農家・斎藤さんのところでもまどか・さくらを作っています。
農家さんから直で買えるのならば、それが一番おいしいものが手に入る食べ方☆

保原町のニラ農家斎藤さん@げっきんチェック
福島の桃を買うならここ!農家さんから直接買ってみよう

保原町のニラ農家斎藤さん@げっきんチェック 農家さんから直接買おう、おいしいものは農家さんちにあります おいしい桃がどこで買えるかお探しの方、本当に一番おいしい桃が買える場所とは、デパートでも直売所で ...

ご注意

◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-果物
-

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2020 All Rights Reserved.