脱臭のための重曹

アロマ家事

2018/8/21

ティーツリーで靴も下駄箱もまとめて消臭する方法|アロマインストラクターのお掃除マニュアル

脱臭のための重曹 下駄箱の臭い、気づかれてますよ! とある講演会で市民会館の大ホールへ行った時に、座席にいたらプーンと臭ってきたのは誰かの家の下駄箱の臭い。   ちょうど衣替えの季節だったので「久しぶりに出した靴を履いてきたのかな」と思いました。   ・下駄箱の扉を開けたときにちょっと臭う   ・靴をとろうとかがんだ時に靴の臭いがわかる   ・自分の靴下の臭いがわかる   もしあなたが以上のことに当てはまっているならば、その臭いは靴にも移って他の人も気づい ...

ReadMore

アロマ家事 ハッカ油

2018/8/28

効果的なアロマお掃除の方法とおすすめエッセンシャルオイル6本【アロマ家事】

掃除にアロマを取り入れよう 日々のリラックスやセルフケアにアロマを使っているなら、お掃除にも使ってみませんか?   いま使っている道具や手順にエッセンシャルオイルを足すだけで、あっという間にアロマお掃除に早変わり。   汚れや嫌な臭いがなくなるだけでなく、掃除しているあなたの気分がとっても良くなります。   エッセンシャルオイルは買ってみたけれど、忙しくてなかなかまとまってアロマを楽しむ時間が取れないかたには特にぴったり。   毎日しているちょっとした軽い家事の時間 ...

ReadMore

アロマ家事

2018/11/14

アロマお洗濯で除菌消臭する方法|効果の高いタイミングや柔軟剤との使い方

室内干しの臭い・洗濯機のカビ対策にアロマを使おう   お洗濯の時、洗剤にちょこっと精油を足してみませんか?   もう15年近く使用している年季の入ったうちの洗濯機、ちょっとカビやにおいが出てきた時期がありました。   その際に抗菌・抗カビ作用のある精油を加えてお洗濯をするのを始めたのですが、その防カビ作用もさながら洗濯中に香りが広がるのが大変気に入りまして。   臭いが治まってからも、朝のディフューザー代わりにこの習慣は続いています。   洗濯槽のカビが防 ...

ReadMore

防災用品のチラシ

アロマ家事

2017/12/16

非常持ち出し袋にオレンジ精油を入れておこう

防災用品のチラシ これから非常持ち出しセットを作る方のために 熊本・九州での地震の被害に遭われた皆様に、心からのお見舞いを申し上げます。 皆様のご無事をお祈りしております。 今回の一連のニュースを見ていて「地震は予知できない」「いつ起こってもおかしくない」ということがよくわかりました。 その中で非常持ち出し袋を見直している方もいらっしゃると思うのですが、もしアロマテラピーにご興味があるのなら、オレンジ精油を一本入れておいてはいかがでしょうか。 精油は未開封なら3年~5年もちます。 一見無駄なもののように思 ...

ReadMore

重曹でシンク掃除

アロマ家事

2018/8/6

重曹+精油だけでシンクの掃除|前後写真でツヤを比較

重曹でシンク掃除 重曹と精油だけでも磨けます   重曹はいろんなところのお掃除にクレンザー・洗剤代わりに使えるとっても便利なものですが、調べてみるとクエン酸?石鹸と混ぜる?煮てつけ置き?などなどいろんな方法が出てきて迷ってしまうこともしばしば。   がっちり焦げがこびりついている…わけではない、通常のキッチンシンク・洗面台のボウル磨きでしたらば重曹だけでも十分にツヤを取り戻せます。   私は普段、重曹+精油だけでシンクと洗面台の掃除をしていまして、精油を使うことで、香りとその ...

ReadMore

畳あげ

アロマ家事 ハッカ油

2017/12/16

カビ臭さの消臭:拭き掃除にもハッカ油を足しました

ハッカ油 ハッカ油で消臭:かなりの臭いが抑え込めました ハッカ油をこの夏のうちに使い切ろうと、いろんな用途に使っています(クリックすると、ハッカ油の記事一覧に飛びます)。 今度は消臭! この夏、ずっと気になっていた茶の間のカビ臭さ。 ついに意を決して畳上げをしたところ、やっぱりかびていました。 畳は干しましたが、床部分がかなり臭かったので、ハッカ油を足した水で拭き掃除したところカビ臭さが消えました! お風呂にハッカ油を足すようになってから、浴室のカビ臭さも減ったので消臭効果もあるんだな~ぐらいの感覚でおり ...

ReadMore

除菌消臭スプレーを自分で作る理由

アロマ家事

2018/10/8

脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥

除菌消臭スプレーを自分で作る理由 脳へのご褒美がアロマテラピーの本質   除菌消臭スプレー使ってますか?   私は精油を使った自作の除菌消臭スプレーを使っています。   自作の理由はいろいろあるのですが、一番の理由は「その方が脳が喜ぶから」です。 予防医学情報研究所 朝川兼行 asakawa-lab.jp   他の五感(視覚・触覚)と違って、香りは脳へダイレクトに伝わる本能的なもの。   鼻の粘膜に香り成分がピタッとくっついて、すぐに全身に指令を送って0. ...

ReadMore

教室

相馬市立玉野中学校へ行ってきます

更新日:

geralt / Pixabay

geralt / Pixabay

福島県が食育教室に講師派遣を手伝ってくれる「福島食育実践サポーター制度」経由で、明日は相馬市立玉野中学校へ行ってきます。

前回伺った福島北高校も初めてでしたが、中学校ももちろん初めてです。
今年は初めて尽くしの年で、緊張感が絶えません。

テレビもそうですが、どんなによく見せようと思っても「日ごろの自分以上のものは出ない」とつくづく感じています。
だいたいいつも直前まで「どうやってやろうかな」と考え続けたり、新しく何かを読んでみたり加えようとしてみたりするのですが、結局向かってみれば日ごろ感じていることから順番に口から出てくる。

部活や受験勉強と同じ仕組みだから反復練習していたのだと、今頃思い当る。

今回は、トマトを使って授業をする予定です。

トマトは今が旬で
野菜の人気ランキング1位で
売り場面積も広く
他の野菜に比べて品種の違いで買われていて
甘い~酸っぱいまで味の違いも顕著で
大きさの違いも幅広く
家で作られていることも多く
料理の幅も広い

から選びました。
トマトは数ある野菜の中で、いろんな顔が知られている上に、食べている人と接している時間が一番長い野菜です。
愛されている野菜が、その愛され度に比例してどんどん美味しく種類も多くなっていった見本のようなもの。
食べてる人の「もっと食べたい」「使いたい」がダイレクトに反映されています。

もしトマトを好きになったように他の野菜にも興味が持てたら、ニンジンだってピーマンだって同じようにいろんな展開をするかもしれません。

野菜の消費を増やすために6次化が叫ばれていますが、それと同じぐらい加工していない野菜の消費が増えることを願っています。
そこが増えることが、野菜を美味しく食べている証拠だと思うからです。
生のトマトが好きじゃなかったら、トマト味のものだって消費は増えないですよね。

トマトを食べ比べて見ることを軸に、農家でもレストランでもスーパーでもない「普通に食べる人」として授業をしてみたいと思います。

 

追記:行ってみての感想

相馬市立玉野中学校

玉野中学校は、とても小さな学校でした。
だからなのか、先生が生徒さん一人ひとりのことをよくご存じです。
生徒さんも、先生にとてもオープンに接しているように見えて、自分が中学生の頃と比べるとこんな近い距離で日々学べるのはとても羨ましいと感じました。

一番印象に残っているのは、みなさんとても礼儀正しくしっかりとご挨拶をしてくださったこと。
爽やかな挨拶や言葉に、自分の振る舞いを振り返る瞬間が何度もありました。
それは学校の玄関をくぐった時から始まっていて。

相馬市立玉野中学校

玄関にはこんなメッセージが

このメッセージが本当に心に響き嬉しかったので、私も誰かを迎えるときには、本当に心から迎えていることを伝えたいと思いました。

そこは誰が学ぶ場なのか

以前、外国人に日本語を教えるボランティアグループで教えていたことがあります。
私は英語圏の方に教えていたのですが、その際「私も英語が学べて嬉しいです」と感想を正直にグループの方に伝えたところ、「ここはあなたが学ぶ場ではありません」と言われたことがあり、今も強く記憶に残っています。

なるほど全くその通りだ、と思ったからです。

そのボランティアグループは平日の夜間に開催されていて、参加しているのは仕事のために来日した大人や、お母さんの再婚で来日した子供たちまでさまざまでしたが、みんな「明日にでも日本語がうまくなりたい」人たちばかり。
それぞれの仕事を終えた後の限られた時間の中で自主的に学習している中で、本当にそのひとの学びを助けたいと思っていたら「私も勉強になります」じゃねーだろ、とぬるい気構えがその日から修正されました。

お互いに学ぶところはある。
でもそこはキッチリ横に置いといて、目の前の人の学びが最優先。

この人は教育のプロなんだ、と思える人に会うといつもこのことを思い出します。
玉野中学校でも、それを思い出しました。

今回は

今回は、とにかく野菜は同じに見えていろんな種類があることが伝えたかったです。
嫌いだと思っている野菜でも、食べ比べ等を通じてじっくり観察したり、違いを話しあったり、味や食感の違いをよくよく感じて見ると嫌悪感が薄れてくる不思議があります。

一人で単に食べるのではなくて、誰かと食べて話し合うことの不思議です。

野菜に限らず、調味料やお酒でも、この食べ比べをすると、する前と後では対象に対する興味と愛情の深さが違う。

家庭でみんなで囲むご飯は、この食べ比べを自然に行う場です。
毎日同じご飯を食べて、違いを話しあえる人がいる。

今日のご飯がもしおいしかったら、ぜひおいしいと一緒に食べている人に伝えてください!

310tkd336x280A

ご注意



◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-教室
-,

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2018 All Rights Reserved.