脱臭のための重曹

アロマ家事

2018/8/21

ティーツリーで靴も下駄箱もまとめて消臭する方法|アロマインストラクターのお掃除マニュアル

脱臭のための重曹 下駄箱の臭い、気づかれてますよ! とある講演会で市民会館の大ホールへ行った時に、座席にいたらプーンと臭ってきたのは誰かの家の下駄箱の臭い。   ちょうど衣替えの季節だったので「久しぶりに出した靴を履いてきたのかな」と思いました。   ・下駄箱の扉を開けたときにちょっと臭う   ・靴をとろうとかがんだ時に靴の臭いがわかる   ・自分の靴下の臭いがわかる   もしあなたが以上のことに当てはまっているならば、その臭いは靴にも移って他の人も気づい ...

ReadMore

アロマ家事 ハッカ油

2018/8/28

効果的なアロマお掃除の方法とおすすめエッセンシャルオイル6本【アロマ家事】

掃除にアロマを取り入れよう 日々のリラックスやセルフケアにアロマを使っているなら、お掃除にも使ってみませんか?   いま使っている道具や手順にエッセンシャルオイルを足すだけで、あっという間にアロマお掃除に早変わり。   汚れや嫌な臭いがなくなるだけでなく、掃除しているあなたの気分がとっても良くなります。   エッセンシャルオイルは買ってみたけれど、忙しくてなかなかまとまってアロマを楽しむ時間が取れないかたには特にぴったり。   毎日しているちょっとした軽い家事の時間 ...

ReadMore

アロマ家事

2018/11/14

アロマお洗濯で除菌消臭する方法|効果の高いタイミングや柔軟剤との使い方

室内干しの臭い・洗濯機のカビ対策にアロマを使おう   お洗濯の時、洗剤にちょこっと精油を足してみませんか?   もう15年近く使用している年季の入ったうちの洗濯機、ちょっとカビやにおいが出てきた時期がありました。   その際に抗菌・抗カビ作用のある精油を加えてお洗濯をするのを始めたのですが、その防カビ作用もさながら洗濯中に香りが広がるのが大変気に入りまして。   臭いが治まってからも、朝のディフューザー代わりにこの習慣は続いています。   洗濯槽のカビが防 ...

ReadMore

防災用品のチラシ

アロマ家事

2017/12/16

非常持ち出し袋にオレンジ精油を入れておこう

防災用品のチラシ これから非常持ち出しセットを作る方のために 熊本・九州での地震の被害に遭われた皆様に、心からのお見舞いを申し上げます。 皆様のご無事をお祈りしております。 今回の一連のニュースを見ていて「地震は予知できない」「いつ起こってもおかしくない」ということがよくわかりました。 その中で非常持ち出し袋を見直している方もいらっしゃると思うのですが、もしアロマテラピーにご興味があるのなら、オレンジ精油を一本入れておいてはいかがでしょうか。 精油は未開封なら3年~5年もちます。 一見無駄なもののように思 ...

ReadMore

重曹でシンク掃除

アロマ家事

2018/8/6

重曹+精油だけでシンクの掃除|前後写真でツヤを比較

重曹でシンク掃除 重曹と精油だけでも磨けます   重曹はいろんなところのお掃除にクレンザー・洗剤代わりに使えるとっても便利なものですが、調べてみるとクエン酸?石鹸と混ぜる?煮てつけ置き?などなどいろんな方法が出てきて迷ってしまうこともしばしば。   がっちり焦げがこびりついている…わけではない、通常のキッチンシンク・洗面台のボウル磨きでしたらば重曹だけでも十分にツヤを取り戻せます。   私は普段、重曹+精油だけでシンクと洗面台の掃除をしていまして、精油を使うことで、香りとその ...

ReadMore

畳あげ

アロマ家事 ハッカ油

2017/12/16

カビ臭さの消臭:拭き掃除にもハッカ油を足しました

ハッカ油 ハッカ油で消臭:かなりの臭いが抑え込めました ハッカ油をこの夏のうちに使い切ろうと、いろんな用途に使っています(クリックすると、ハッカ油の記事一覧に飛びます)。 今度は消臭! この夏、ずっと気になっていた茶の間のカビ臭さ。 ついに意を決して畳上げをしたところ、やっぱりかびていました。 畳は干しましたが、床部分がかなり臭かったので、ハッカ油を足した水で拭き掃除したところカビ臭さが消えました! お風呂にハッカ油を足すようになってから、浴室のカビ臭さも減ったので消臭効果もあるんだな~ぐらいの感覚でおり ...

ReadMore

除菌消臭スプレーを自分で作る理由

アロマ家事

2018/10/8

脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥

除菌消臭スプレーを自分で作る理由 脳へのご褒美がアロマテラピーの本質   除菌消臭スプレー使ってますか?   私は精油を使った自作の除菌消臭スプレーを使っています。   自作の理由はいろいろあるのですが、一番の理由は「その方が脳が喜ぶから」です。 予防医学情報研究所 朝川兼行 asakawa-lab.jp   他の五感(視覚・触覚)と違って、香りは脳へダイレクトに伝わる本能的なもの。   鼻の粘膜に香り成分がピタッとくっついて、すぐに全身に指令を送って0. ...

ReadMore

アロマ

エッセンシャルオイル、芳香浴専用品は何が違うの?|生活の木に聞いてみました

更新日:

多肉植物

 大容量で価格が安い、芳香浴専用のエッセンシャルオイルがあります

アロマテラピーに使うエッセンシャルオイル(精油)は、購入時にはクオリティーに気を付けましょう!…と常々申し上げておりますが、香りを楽しみたいだけならたくさん入って価格が安い、芳香浴専用品があります。

お部屋でディフューザーを使って香りを楽しむだけなら、こちらで全く問題ない!
チマチマせずに使えてお財布にも心にもやさしい。

こちらは食欲を押さえ、脂肪の燃焼を促すことで有名なグレープフルーツ精油の例ですが、30ml入って3,000円。

普通のグレープフルーツ精油だと、10ml1,620円。

Cグレープフルーツ精油 10ml 1本 関東当日便

Cグレープフルーツ精油 10ml 1本 関東当日便
価格:1,620円(税込、送料別)

1.5倍ぐらいの差でしょうか?

お家で香らせるのにしか使わない、キャリアオイルと混ぜてマッサージはしない、という方にはありがたい商品です。

なぜこんなふうに価格に差が出るのかについて、生活の木さんにメールで質問をしてみましたところ、なんとお電話でご連絡がありました。

そもそもこの二つは何が違うのか?というのは、友人にプレゼントした際に質問されたことでしたので、「芳香浴専用」という言葉を初めて聞いた方には自然な疑問なのかもしれません、誰かの役に立てばいいなとこちらでシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

310tkd336x280A

成分分析表がついていません

生活の木 芳香浴専用オイル

生活の木 芳香浴専用オイル(生活の木オンラインショップより

生活の木さんからのご回答によれば、価格が安く抑えられている理由は

成分分析表をつけていないから

です。

オンラインショップを見てみますと、芳香浴専用の商品には必ず以下の注意書きがあります。

毎日生活の中で芳香浴をお楽しみいただくための、芳香専用の大容量シリーズです。
※精油の成分分析表は付いていません。また原産国の限定をしていません。
※当エッセンシャルオイルは芳香浴のみにご使用ください。
(生活の木オンラインショップより)

グレープフルーツ精油の原産国にはアメリカ、イスラエル、ブラジルなどが挙げられますが、どこの国の精油を使うか特定しないで商品化しているために、成分が変わることがあります。

精油の成分表示:発売元と原産国

精油の成分表示:発売元と原産国

普通の精油には、原産国表示がこんなかんじで記載されています。
【過去記事】試しにネットで精油を買ってアロマやってみようかな?という時最低限気にしたほうがいいこと

複数の原産国の精油が混じっているのかどうかについてはわかりませんでしたが、成分分析にはとても大きなコストがかかりますので、そこを端折っただけで価格はだいぶ違うとのことでした。

 

成分分析表の有無が、体に直接使えるかどうかの違い

生活の木さんでは、成分分析表がついていない商品は、体に触れる使い方をしないでほしいとおっしゃっていました。

おそらくこれは、何か事故があった際に原因がわからなくなる恐れがあるからではないでしょうか。

個々の成分がどのような作用をするかについてはわかっていても、

それが複数組み合わさったときにどう反応するか(いわゆるケミストリーですね)が想定できない。

1人の人でもわからないのに、商品として販売していたらうなずけることです。(だからパッチテストは大事だよ!)

ちなみに、ブレンド精油を作る材料として使われているものは、成分表がついているものを使用しているそうです。
なので、個別に材料については成分も産地も追跡できますが、ブレンド後の製品自体には責任が持てない、ということのようでした。

生活の木にはこんなかわいいブレンドオイルのセットもあるのですが、こちらも成分分析表はついていない商品。
このようなブレンド商品についても伺いましたが、

生活の木では、基本的にブレンドオイルを肌に使うことを推奨していないし、

そもそも精油を混ぜて使うことも推奨していない

とおっしゃっていました。

既に調合されたオイルについてだけではなく、単体販売しているもの同士を混ぜて使うことも推奨していないというのは正直意外です。

ブレンドして楽しんでこそのアロマテラピーだと思っていたのですが、商品として販売するにはそのぐらい慎重に対象の安全を考える必要があるのだなと考えるきっかけになりました。

 

生活の木さんは親切に回答してくださいました

実は、メーカーさんに質問したのは初めてです。

今回のことは自分で考えて予測していてもラチがあかないな、と思って勇気を出して聞いてみました。

聞いてみると思った以上に親切に、そしてオープンに回答していただけた印象です。
使い方についてのアドバイスもいただけたので、疑問に感じたことでFAQへの掲載もなければ、質問してみてはいかがでしょうか。

 

成分の違いは香りにどの程度反映するのか

さいごに、過去記事のご紹介。

原産国が変わると香りが大きく変わることもあるということを、ローズマリーを例に書いたことがあります。

この記事の後半「精油は産地によって香りが違う:ローズマリーの例」の部分です。

忘れがちなことですが、エッセンシャルオイルは農産物。

ワインのように、材料が収穫された土地・お天気・その他の環境要因に左右されて、毎年出来が違います。

その違いをきちんと把握できるのが成分分析表です。
精油の特徴成分が何%入っているのかが分析されています。

これはいわば精油の育ってきた環境や品質の証明書のようなもの。
もしアレルギー反応が起きたときには、お医者様にはこの成分分析表を見せた方がいいと思います。

体に付けるものについては、

  • 成分分析表がついている精油を材料に使って、
  • 必ずパッチテストをする

ことを推奨します。

310tkd336x280A

ご注意



◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-アロマ
-,

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2018 All Rights Reserved.