アロマ アロマクラフト

2018/10/9

手作りヨガマットスプレーの作り方|お手入れにおすすめのエタノール濃度は20%

ヨガマットスプレー買ってますか?   ヨガをしている方は多いと思うのですが、ヨガマット用のクリーナーを使っている方はいますか? ↓こういう感じのものです ヨガスプレー【コーム】   消臭と汚れ落としが主な目的ですが、ヨガマットスプレーはアルコール+水+エッセンシャルオイルで作られているものがほとんどで、実は自分で作るのがとても簡単。   そして一度作ってしまえば、ヨガマットに限らず様々な除菌に使えます。   もし手元にエッセンシャルオイルとヨガマットをお持ちの方は、 ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2019/3/12

初めてのアロマ蜜ろうクリームの作り方|材料の選び方~使い方まで|ヘアバーム・リップ・ハンドクリームに

蜜ろうクリーム 【手作りコスメ入門編】蜜ろうクリームを作ってみよう   蜜ろうクリームって何?どこがいいの?と疑問をお持ちの方。   顔・体・手・髪・爪・唇・香り…と様々に使い道の分かれたクリームが出ていますが、その役割ぜーんぶまとめて1つでケアできるのが蜜ろうクリームです。   楽でいい!シンプルでいい!   アロマテラピーを使った手作りコスメの中で、最も幅広く使えてアレンジ力があるのは、それが化粧品の基本中の基本だから。   作り方は蜜ろうに好みの植物 ...

ReadMore

椿油で蜜ろうクリーム

アロマクラフト キャリアオイル

2018/3/31

椿油ベースの蜜ろうクリームつくりました|髪から足まで全身使える万能バーム

椿油で蜜ろうクリーム:溶かしたての頃 椿油を全身で使ってみようと思い、蜜ろうクリームにしました 先日、熊本県益城町産の椿油を頂きました。 国産材料を使って、昔ながらの方法で絞られた油です。油についてはこちらで記事にしましたのでご覧ください。 よくみかける椿油ですが、意外と国産が材料に使われていないじゃないか!という話です。 椿油は、使い方の前に買い方から|それほんとに椿油?   で、せっかくのちゃんとした椿油ですから全身に使ってみようと思いまして、こぼす心配のない蜜ろうクリームを作りました。 蜜 ...

ReadMore

アロマクラフト

2018/3/12

手作りアロマスプレーをフレッシュに保つための、使い切れる精油の選び方

手作りスプレーのための精油選び 手作りヨガマットスプレーを作るときのコツ、として、前回は出来上がりのアルコール濃度について記事にしました。 スプレーの作り方については以下の記事をご覧ください。 手作りヨガマットスプレーの作り方|おすすめのエタノール濃度は20% 脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥 今回はその他の材料の事。 香りや作用をフレッシュに保つには、どう材料を選んだらいいのか? 特にこれから初めてスプレーを作る方、新たに精油を買い足してみようとお考えの方に読んでほしい内 ...

ReadMore

1g量れるスプーン

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】計量スプーンで蜜ろう1gは量れるか?

1g量れるスプーン  計量スプーンで1gの蜜ろうを量ってみます 今回は蜜ろう(ビーズワックス)の量を、デジタルスケールを使わず計量スプーンを使って量る方法です。 前回は生活の木の蜜ろうをサンプルに、粒の数を数えてだいたいの重さを推測する方法を書きましたが、それだと他メーカーの蜜ろうには対応できないため、今日は計量スプーンでざっくり量ったらどのぐらいになるか?を試してみました。 結論として、蜜ろうは1g計量スプーン山盛り一杯でおおよそ1gになるということがわかりました。 以下、山盛り一杯ってどのぐらい?とい ...

ReadMore

蜜ろう1粒の重さは何グラム?

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】生活の木の蜜ろう1粒の重さは何グラム?

蜜ろう1粒の重さは何グラム? ちょっとだけ蜜ろうクリームを作りたいときに知りたかったコト 手作り化粧品のレシピを見ていると1g~のとても少ない単位で材料を使うことがよくありますが、家にデジタルスケールがない場合はこれが量れません。 特に蜜ろうを使うとき、これ一粒は何グラムなんだろう?これがわかったら粒数数えて入れられるかな?…と思うことが多かったので、実際に量ってみました。 ちょびっとずつ蜜ろうクリームを作るときの参考にしてください。 蜜ろうクリームのことはここで書いてます! 好きな精油の香りを持ち歩く| ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2018/3/31

好きな精油の香りを持ち歩く|蜜ろうクリームの練り香水

蜜ろうクリーム  蜜ろうクリームにして、好きな香りを持ち歩く ちょっと前に、転機の人が好むアロマブレンドのことを書きました。 ゼラニウムとサイプレスの組み合わせで、2015年最も気に入って、事あるごとに使っていた香り。 ゼラニウムもサイプレスも、どちらもホルモンバランス調整の作用がある精油です。 記事に起こしたらやっぱりまた気になり始まって、ふとした時にすぐ香りが楽しめる練り香水を作ることにしました。 練り香水というと難しそうですが、香りが強めの蜜ろうクリームです。 リップクリームの香りが強いものとイメー ...

ReadMore

香水ディフューザー

アロマ アロマクラフト

2019/3/16

使わない香水で作るリードディフューザー濃度調整のコツ【ルームフレグランス】

大好きな香水をきちんと使い切りたいあなたへ 使わないまましまい込んでいる香水をお持ちではありませんか?   香水は瓶がかわいかったり、くださった方や使っていた時の記憶が閉じ込められていたりで、なかなか「いらないから捨てる」ことができません。   なにより自分が気に入って手に入れたり、大切な人からの贈り物であることが多い香水は、やっぱりきちんと使い切りたいものです。   アルミキャップできっちり封がしてあるものならそれほど早くは変質しないそうですが、口が開いているタイプだとどん ...

ReadMore

アロマ

クリスマスを感じるアロマならシナモンを買い足そう

更新日:

aroma-2096_640

12月に1本買い足すならシナモンの精油を

アロマテラピーでクリスマスを演出するなら、1本スパイス系を買い足そう!

スパイス系にもジンジャー、クローブ、ペッパーなどいろいろありますが…

私のおススメはシナモン。
冬の飲み物にシナモンが入っているものがいろいろあるように、お部屋で香らせればこれで一気にクリスマスっぽくなります。

エッセンシャルオイルのシナモンには大まかに2種類あって、

シナモン小枝(シナモンリーフ)

シナモン樹皮(シナモンバーク)

この2つはそれぞれ成分が違っているため、香りや効能も変わってきます。

シナモン小枝が一番効果がマイルドで、香りもいわゆるシナモンの香り。
樹皮の方は「樹」ですので、すこし男らしいというか、よりスパイシーでベースの効いた香りになります。

価格もシナモン小枝からの精油のほうが、やや安いです。

使いやすさと価格の面から、まずはシナモン小枝の方から試してみるのがおすすめです。

 

シナモンのおススメブレンド

スパイス系の精油は、たいていどれも刺激がとても強いです。
お風呂に入れるのは、人によってはあまりおすすめしません。ピリピリすると思います。
ボディオイルに使う際は必ず濃度薄め・パッチテスト必須でお願いします。

刺激は温めてくれる作用につながるものなのでぜひとも取り入れたいところで、やっぱりスパイスはお料理でもそうですが、組み合わせた方がよさが出やすい。

ですのでシナモン単体で使うのではなく、ブレンドして使うのがおすすめです。

cinnamon-15476_640

刺激を抑えつつホリデー感を味わえるオレンジxシナモン

これはもう鉄板の組み合わせ、数々のドリンクやスイーツで使われている香り。

香りの組み合わせの相性がホリデーっぽいだけではなくて、オレンジ精油をブレンドすることで、シナモンの刺激が抑えられる効果もあります。

またオレンジ精油はアロマテラピーを始めた方がまず買う1本でもあることから、アロマテラピーをしている方はたいてい持っているのではないでしょうか?

もしオレンジがなかったら、ほかの柑橘系でもいいかとは思うのですが、

やっぱりシナモンと甘さのコンビネーションががホリデーっぽさのキモだと思うので、ここはぜひオレンジでお願いします。

お部屋で香らせるとき

シナモンとオレンジをまずは1滴ずつお皿に落としましょう。
もっとオレンジが強い方が好きなのか、シナモンが強い方が好きなのか、自分の好みの香りの強さのブレンド比を探します。

なんとなく決まったら、そのブレンド比でアロマスプレーを作ります。
スプレーを作っておくと、玄関やお手洗いなど、ずっと居るわけではない場所もいい香りで満たすことが簡単にできます。

アロマスプレーの作り方

【材料】

無水または消毒用エタノール 5ml
精油           10滴
精製水          45ml

 

10%がアルコール
1%が精油
あとは水

  1. エタノールを瓶に入れる
  2. 精油を入れてよく振って溶かす
  3. 最後に精製水を入れる

アロマスプレーはプラスチックよりガラス瓶がおすすめ。
100均ならセリアにお取り扱いがあります。

clove-316436_640

 シナモンxオレンジの心への働き

このブレンドは、沈んだ心を明るく上げるブレンドです。
体の疲れで気力が萎えがちな時にぱーっと明るく光をさしてくれるようなイメージ。

オレンジは例えるなら太陽の光、それをシナモンでさらに援護射撃。底上げ。

またどちらも胃腸系の疲れにも作用しますので、とくに心の疲れが胃に来やすい方にはいいのではないでしょうか。

食べるアロマテラピーならヨーグルトに

胃腸と書いていて気付いたのですが、この2つは食べることもできたんだった。

エッセンシャルオイルを使わなくても食べ物としての香りそのものから、アロマテラピーの効果を得ることは可能です。

朝のヨーグルトに、カットしたオレンジとシナモンパウダーを加えてはいかがでしょうか?

シナモンには美肌効果のほかに脂肪細胞を小さくしてくれる効果も報告されています。

毎日の食事にもクリスマスムードを☆

ご注意

◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-アロマ
-, , ,

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2019 All Rights Reserved.