脱臭のための重曹

アロマ家事

2018/8/21

ティーツリーで靴も下駄箱もまとめて消臭する方法|アロマインストラクターのお掃除マニュアル

脱臭のための重曹 下駄箱の臭い、気づかれてますよ! とある講演会で市民会館の大ホールへ行った時に、座席にいたらプーンと臭ってきたのは誰かの家の下駄箱の臭い。   ちょうど衣替えの季節だったので「久しぶりに出した靴を履いてきたのかな」と思いました。   ・下駄箱の扉を開けたときにちょっと臭う   ・靴をとろうとかがんだ時に靴の臭いがわかる   ・自分の靴下の臭いがわかる   もしあなたが以上のことに当てはまっているならば、その臭いは靴にも移って他の人も気づい ...

ReadMore

アロマ家事 ハッカ油

2018/8/28

効果的なアロマお掃除の方法とおすすめエッセンシャルオイル6本【アロマ家事】

掃除にアロマを取り入れよう 日々のリラックスやセルフケアにアロマを使っているなら、お掃除にも使ってみませんか?   いま使っている道具や手順にエッセンシャルオイルを足すだけで、あっという間にアロマお掃除に早変わり。   汚れや嫌な臭いがなくなるだけでなく、掃除しているあなたの気分がとっても良くなります。   エッセンシャルオイルは買ってみたけれど、忙しくてなかなかまとまってアロマを楽しむ時間が取れないかたには特にぴったり。   毎日しているちょっとした軽い家事の時間 ...

ReadMore

アロマ家事

2018/11/14

アロマお洗濯で除菌消臭する方法|効果の高いタイミングや柔軟剤との使い方

室内干しの臭い・洗濯機のカビ対策にアロマを使おう   お洗濯の時、洗剤にちょこっと精油を足してみませんか?   もう15年近く使用している年季の入ったうちの洗濯機、ちょっとカビやにおいが出てきた時期がありました。   その際に抗菌・抗カビ作用のある精油を加えてお洗濯をするのを始めたのですが、その防カビ作用もさながら洗濯中に香りが広がるのが大変気に入りまして。   臭いが治まってからも、朝のディフューザー代わりにこの習慣は続いています。   洗濯槽のカビが防 ...

ReadMore

防災用品のチラシ

アロマ家事

2017/12/16

非常持ち出し袋にオレンジ精油を入れておこう

防災用品のチラシ これから非常持ち出しセットを作る方のために 熊本・九州での地震の被害に遭われた皆様に、心からのお見舞いを申し上げます。 皆様のご無事をお祈りしております。 今回の一連のニュースを見ていて「地震は予知できない」「いつ起こってもおかしくない」ということがよくわかりました。 その中で非常持ち出し袋を見直している方もいらっしゃると思うのですが、もしアロマテラピーにご興味があるのなら、オレンジ精油を一本入れておいてはいかがでしょうか。 精油は未開封なら3年~5年もちます。 一見無駄なもののように思 ...

ReadMore

重曹でシンク掃除

アロマ家事

2018/8/6

重曹+精油だけでシンクの掃除|前後写真でツヤを比較

重曹でシンク掃除 重曹と精油だけでも磨けます   重曹はいろんなところのお掃除にクレンザー・洗剤代わりに使えるとっても便利なものですが、調べてみるとクエン酸?石鹸と混ぜる?煮てつけ置き?などなどいろんな方法が出てきて迷ってしまうこともしばしば。   がっちり焦げがこびりついている…わけではない、通常のキッチンシンク・洗面台のボウル磨きでしたらば重曹だけでも十分にツヤを取り戻せます。   私は普段、重曹+精油だけでシンクと洗面台の掃除をしていまして、精油を使うことで、香りとその ...

ReadMore

畳あげ

アロマ家事 ハッカ油

2017/12/16

カビ臭さの消臭:拭き掃除にもハッカ油を足しました

ハッカ油 ハッカ油で消臭:かなりの臭いが抑え込めました ハッカ油をこの夏のうちに使い切ろうと、いろんな用途に使っています(クリックすると、ハッカ油の記事一覧に飛びます)。 今度は消臭! この夏、ずっと気になっていた茶の間のカビ臭さ。 ついに意を決して畳上げをしたところ、やっぱりかびていました。 畳は干しましたが、床部分がかなり臭かったので、ハッカ油を足した水で拭き掃除したところカビ臭さが消えました! お風呂にハッカ油を足すようになってから、浴室のカビ臭さも減ったので消臭効果もあるんだな~ぐらいの感覚でおり ...

ReadMore

除菌消臭スプレーを自分で作る理由

アロマ家事

2018/10/8

脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥

除菌消臭スプレーを自分で作る理由 脳へのご褒美がアロマテラピーの本質   除菌消臭スプレー使ってますか?   私は精油を使った自作の除菌消臭スプレーを使っています。   自作の理由はいろいろあるのですが、一番の理由は「その方が脳が喜ぶから」です。 予防医学情報研究所 朝川兼行 asakawa-lab.jp   他の五感(視覚・触覚)と違って、香りは脳へダイレクトに伝わる本能的なもの。   鼻の粘膜に香り成分がピタッとくっついて、すぐに全身に指令を送って0. ...

ReadMore

あおぞら農園

化学肥料と有機肥料の効きの違い:ゆっくり育つことがおいしくなる条件

更新日:

鳥取県あおぞら農園の白なす

鳥取県あおぞら農園の白なす

農薬を使う・使わないことの違い

農薬を使わないで、有機肥料をだけを使って栽培している鳥取県のあおぞら農園
代表の亀井喜代美さんに、野菜のことをたくさん教わりました。

化学肥料と有機肥料の、いったい何が違うのでしょう??

…理由一つに、育てるためにかかる時間の違い、があります。

有機肥料はゆっくり効く

8月中旬のこの時期、9月・10月にいいピーマンをきちんと収穫するためには、追肥をする必要があります。

追肥:植物が生育したあとに、生育状態に合わせて必要な養分を追加すること

有機肥料の特徴は、化学肥料に比べて効きがゆっくりであること。
追肥の場合も、肥料をあげてから効き始めるまで約二週間かかります。

じわじわ効く→ゆっくり育つ、のサイクルは、野菜の味がよくなることの条件です。
先週、福島の桃農家さんも同じことを仰っていました。
すぐに育っては美味しいものができないのですね。

ですので8月下旬ごろから効果を期待したいな…と思う場合、今頃から追肥をする必要があるのです。
ですから、おいしいピーマンを育てようと頑張る亀井さんにお盆休みは無縁のようです(*_*)

 

化学肥料は早く効く

肥料メーカーのサイトで調べると、化学肥料に関してはこんな風な記述。

植物の生育に応じて必要な養分を追加で与えることを追肥といいます。すぐに効果を期待するため、速効性のある液体肥料(花工場原液など)や化成肥料を使用します。
(住友化学園芸のサイトより)

「すぐに効果を期待する」とありますが、液体の場合は1~2日、粒状なら4日~5日で効いてしまうのだそうです。(亀井さん談)

育ちが悪いな…と思ってパッと撒けばパっと効く!みたいな感じなのでしょうか?
追肥だけではなくて、病気を防ぐ農薬などに関しても肥料の効きは同様のようです。

レトルト食品と手作り食品の違いに似ています。
顆粒ダシと天然だしの違いの方が近いかな?
ともかくこの手間の違いが、味の違いです。

鳥取県あおぞら農園の使用しているカニ殻肥料

漁港にある工場からカニ殻を貰って来て干しているところ。カニ処鳥取ならでは

あおぞら農園は、肥料に鶏糞ではなくカニ殻を使用

野菜を美味しくゆっくり育てるために、亀井さんは肥料にもとても気を配ってらっしゃいます。
有機肥料は資材会社で販売もしていますが、亀井さんはそれも自前で手作り。

あおぞら農園では、肥料にカニの殻を使用しています。
その本質は、脱鶏糞!

鶏糞を使わないメリットはたくさんあるのですが、もともとは

肥料に使う鶏糞の、その元となる鶏が食べているものはなんですか?

というお客様からの質問があったこと。

確かに、糞にはその鶏が食べていたものが残留しています。
そして直接養鶏農家から糞を貰ってくるのでない限り、それを追うことがほとんどできないのが現状です。

本当に安心・安全な食べ物のためには、脱鶏糞が必要なのでは?と考え、たどり着いたのがカニ殻。

今はさらに、米ぬかぼかし肥料を加えているとか。
米糠に乳酸菌を入れ、10日間程度発酵させ出来上がります。
ちなみに米ぬかから作った乳酸菌は、放射性物質対策や抗がん対策に注目が集まっているものです。

鳥取県あおぞら農園の使用しているカニ殻肥料

鳥取県あおぞら農園の使用しているカニ殻ボカシ肥料

亀井さんからのコメント:
鶏糞主体の肥料からの脱却ということもありますが、鶏糞の多投入によってアンモニア態窒素が発生し、これに病害虫が寄って来るので、病害虫の発生防止がまず一つ。
それとボカシ肥料は微生物の大好物な食べ物なので、土中の微生物を多くできることと、野菜の旨みや甘さを増すといわれていることから、今年はボカシ肥料を復活をしました。

肥料選びで、うまみ・甘み・安全性ともにさらに増していけるのは素晴らしいな、と思います。

有機・無農薬の野菜は高いと思うこともあるけれど、こういうのを聞くと、べらぼうに高いわけではないとあらためて実感します。
価格差には意味がある。
その意味を大事だと思える野菜を食べたいです。

310tkd336x280A

ご注意



◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-あおぞら農園
-,

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2018 All Rights Reserved.