脱臭のための重曹

アロマ家事

2018/8/21

ティーツリーで靴も下駄箱もまとめて消臭する方法|アロマインストラクターのお掃除マニュアル

脱臭のための重曹 下駄箱の臭い、気づかれてますよ! とある講演会で市民会館の大ホールへ行った時に、座席にいたらプーンと臭ってきたのは誰かの家の下駄箱の臭い。   ちょうど衣替えの季節だったので「久しぶりに出した靴を履いてきたのかな」と思いました。   ・下駄箱の扉を開けたときにちょっと臭う   ・靴をとろうとかがんだ時に靴の臭いがわかる   ・自分の靴下の臭いがわかる   もしあなたが以上のことに当てはまっているならば、その臭いは靴にも移って他の人も気づい ...

ReadMore

アロマ家事 ハッカ油

2018/8/28

効果的なアロマお掃除の方法とおすすめエッセンシャルオイル6本【アロマ家事】

掃除にアロマを取り入れよう 日々のリラックスやセルフケアにアロマを使っているなら、お掃除にも使ってみませんか?   いま使っている道具や手順にエッセンシャルオイルを足すだけで、あっという間にアロマお掃除に早変わり。   汚れや嫌な臭いがなくなるだけでなく、掃除しているあなたの気分がとっても良くなります。   エッセンシャルオイルは買ってみたけれど、忙しくてなかなかまとまってアロマを楽しむ時間が取れないかたには特にぴったり。   毎日しているちょっとした軽い家事の時間 ...

ReadMore

アロマ家事

2018/11/14

アロマお洗濯で除菌消臭する方法|効果の高いタイミングや柔軟剤との使い方

室内干しの臭い・洗濯機のカビ対策にアロマを使おう   お洗濯の時、洗剤にちょこっと精油を足してみませんか?   もう15年近く使用している年季の入ったうちの洗濯機、ちょっとカビやにおいが出てきた時期がありました。   その際に抗菌・抗カビ作用のある精油を加えてお洗濯をするのを始めたのですが、その防カビ作用もさながら洗濯中に香りが広がるのが大変気に入りまして。   臭いが治まってからも、朝のディフューザー代わりにこの習慣は続いています。   洗濯槽のカビが防 ...

ReadMore

防災用品のチラシ

アロマ家事

2017/12/16

非常持ち出し袋にオレンジ精油を入れておこう

防災用品のチラシ これから非常持ち出しセットを作る方のために 熊本・九州での地震の被害に遭われた皆様に、心からのお見舞いを申し上げます。 皆様のご無事をお祈りしております。 今回の一連のニュースを見ていて「地震は予知できない」「いつ起こってもおかしくない」ということがよくわかりました。 その中で非常持ち出し袋を見直している方もいらっしゃると思うのですが、もしアロマテラピーにご興味があるのなら、オレンジ精油を一本入れておいてはいかがでしょうか。 精油は未開封なら3年~5年もちます。 一見無駄なもののように思 ...

ReadMore

重曹でシンク掃除

アロマ家事

2018/8/6

重曹+精油だけでシンクの掃除|前後写真でツヤを比較

重曹でシンク掃除 重曹と精油だけでも磨けます   重曹はいろんなところのお掃除にクレンザー・洗剤代わりに使えるとっても便利なものですが、調べてみるとクエン酸?石鹸と混ぜる?煮てつけ置き?などなどいろんな方法が出てきて迷ってしまうこともしばしば。   がっちり焦げがこびりついている…わけではない、通常のキッチンシンク・洗面台のボウル磨きでしたらば重曹だけでも十分にツヤを取り戻せます。   私は普段、重曹+精油だけでシンクと洗面台の掃除をしていまして、精油を使うことで、香りとその ...

ReadMore

畳あげ

アロマ家事 ハッカ油

2017/12/16

カビ臭さの消臭:拭き掃除にもハッカ油を足しました

ハッカ油 ハッカ油で消臭:かなりの臭いが抑え込めました ハッカ油をこの夏のうちに使い切ろうと、いろんな用途に使っています(クリックすると、ハッカ油の記事一覧に飛びます)。 今度は消臭! この夏、ずっと気になっていた茶の間のカビ臭さ。 ついに意を決して畳上げをしたところ、やっぱりかびていました。 畳は干しましたが、床部分がかなり臭かったので、ハッカ油を足した水で拭き掃除したところカビ臭さが消えました! お風呂にハッカ油を足すようになってから、浴室のカビ臭さも減ったので消臭効果もあるんだな~ぐらいの感覚でおり ...

ReadMore

除菌消臭スプレーを自分で作る理由

アロマ家事

2018/10/8

脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥

除菌消臭スプレーを自分で作る理由 脳へのご褒美がアロマテラピーの本質   除菌消臭スプレー使ってますか?   私は精油を使った自作の除菌消臭スプレーを使っています。   自作の理由はいろいろあるのですが、一番の理由は「その方が脳が喜ぶから」です。 予防医学情報研究所 朝川兼行 asakawa-lab.jp   他の五感(視覚・触覚)と違って、香りは脳へダイレクトに伝わる本能的なもの。   鼻の粘膜に香り成分がピタッとくっついて、すぐに全身に指令を送って0. ...

ReadMore

テレビで紹介したもの

1年中あるけど、ほうれん草の旬は真冬です:げっきんチェック「畑にキテます」第17回

更新日:

佐藤農園さんのほうれん草畑

佐藤農園さんのほうれん草畑

福島市鎌田の佐藤農園さんにお邪魔しました

12月3日のテレビユー福島 げっきんチェック「畑にキテます」に出演しました。
福島県内の農家さんの畑を訪問して、作物の作り方や見分け方などを伺ってから、私が簡単な料理を畑でする番組です。

今回は福島市内でホウレンソウを作っている、佐藤農園さんの畑にお邪魔しました。

佐藤農園|トマト・きゅうりといった新鮮野菜の販売

佐藤農園では、福島県にてトマト・きゅうりといった新鮮野菜の販売を行っております。それぞれの季節で一番おいしい”旬なお野菜”はいかがでしょうか。

www.satofarm.jp

写真のホウレンソウ畑、夏場はここにトウモロコシや枝豆が育っているそうです。
しかし毎度ながら、本職の方の畑は美しい。

ホウレンソウの旬はいつ?

1年中出回っているホウレンソウですが、旬は真冬。
特にこの12月~2月ぐらいまでの間が栄養もおいしさも最大値となります。

今回、育てている佐藤さんからお話を伺うことでおいしさの旬がなぜ冬に来るのかの理由をたくさん伺うことができましたので、簡単にまとめていきたいと思います。

寒さで糖度が上がり、甘くなる

厳しい寒さのおかげで、ホウレンソウが自分の身を守るために糖度を上げます。

糖度=エネルギーなので、寒いからため込もうとするのは人間と同じです。

これによって凍りにくくなるともいわれています。

寒さで成長がゆっくりになる

夏場のホウレンソウと冬場のホウレンソウの1番の違いは育つ速さ。

温度が高いと早く育ち、低いとゆっくりじっくり育ちます。
これは有機栽培をしているあおぞら農園の亀井さんにも伺ったのですが、ゆっくり育つと甘味には顕著に差が出るそうです。

【過去記事】化学肥料と有機肥料の効きの違い:ゆっくり育つことがおいしくなる条件

番組内でほうれん草の根っこの赤いところについて説明をしましたが、この赤みはじっくり育つ冬場のホウレンソウにしかありません。

夏場の早く育つほうれん草は、根が赤くなる前に出荷サイズに育ってしまうので、普通の茎と同じ色のまま。

赤みの部分には体の代謝機能を向上させるマンガンが豊富に含まれていると言います。
ホウレンソウに栄養を期待するなら冬場にたくさん食べておくのが最良のようです。

寒さでエグみやあくが少なくなる

同じく寒さによる成長速度の低下は、肥料の吸収速度の低下にもつながります。

肥料を吸う速度もゆっくり・あるいはほとんど吸わなくなることで、葉に感じるエグみも少なくなる…というのは今回初めて知りました。

番組内では生のままサラダで頂いたのですが、確かにエグみはほとんどなくホウレンソウの葉の厚みと甘味を感じるばかり!

佐藤さんによると、成長速度がきゅーんと早くなる4月ごろのホウレンソウはエグみが強くなりがちなのだそうです。サラダ好きのかたは、春先に注意しましょう。

 

おいしいホウレンソウの見分け方

佐藤農園さんのほうれん草

佐藤農園さんのほうれん草

持っている野菜本やソムリエ協会の冊子などを読んでいると、おいしいホウレンソウの選び方となると

「茎が太過ぎないものを選びましょう」

と書いてあることが多いです。

確かに食べていては筋張っているものよりは、葉と同じやわらかさのもののほうがおいしく感じるのでそのためかな?と思っていました。

おひたしならともかく、サラダの時は太すぎるとちょっと食べにくいですし。

しかしこれは栽培過程では何か違うのかな?と佐藤さんに伺ってみたところ、茎の太さの違いは

ホウレンソウが混み合ったところで育ったのか、広々したところで育ったかの違いで、味の質は同じ

とのことでした。

混み合ったところで育つと細くなり、広いところで育つと太くなるそうです。

茎の太さは食感の違いが中心の話のようですので、「それよりも葉の厚みの方がおいしさに関係する」とのことでした。

茎の太さは用途によって使い分け。

おいしさの面では厚さ大事です、厚さ!根や茎より、ホウレンソウは葉で決まる。

 

ホウレンソウのアジア風サラダ

ホウレンソウのアジア風サラダ

ホウレンソウのアジア風サラダ

今日作ったのは「ホウレンソウのアジア風サラダ」。

ナンプラーを使わずに、東南アジアっぽいタレを作ってもりもり食べるサラダです。

ナンプラー+レモン+甘さ

が東南アジアっぽい味付けのキーワード。
ナンプラー感を、醤油+小エビとニンニク炒めを使って出してみました。

レタスや他の葉物でもできますが、これはホウレンソウが一番おいしいと個人的には思っています。
葉の柔らかさ、コク、かおりがエビと負けずに調和するから。
ホウレンソウでなければルッコラとかかなぁ。
トマトとかキュウリとかあんまり混ぜずに、シンプルに行くのが一番おいしいと思います。

上のサラダに春雨やシーフードを混ぜればタイ料理のヤムウンセンになります。

【材 料】
小エビ 大さじ2
にんにく 1かけ
ごま油 適量
ホウレンソウ 3分の2袋
醤油 大さじ1
砂糖 大さじ1
レモン 大さじ

 

  1. 小エビとニンニクをごま油でカリカリになるまで炒める
  2. 炒めあがったらまな板の上に取り、細かく刻み、ボウルに取っておく
  3. ホウレンソウを刻む。茎は2センチ幅、葉は1センチ幅ほどに細目がおすすめ
  4. 醤油、砂糖、レモン果汁をよく混ぜ、ほうれん草と和える
  5. 最後に小エビを和えてよく混ぜてできあがり

小エビを最後に混ぜるのがポイントです。

醤油と一緒に混ぜてしまったり、醤油より先にホウレンソウと混ぜてしまうと、小エビが湿って固まってしまい、なかなか均一になりにくくなります。
春雨やシーフードを混ぜる時も小エビは最後に。

ほんの少しのことですが、ぜひお気を付けください。

 

【ほうれんそうサラダに合うメニュー】

レモングラスの代わりに山椒を使ってタイ風焼ビーフン|精油としての山椒

310tkd336x280A

ご注意



◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-テレビで紹介したもの
-, , , ,

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2018 All Rights Reserved.