脱臭のための重曹

アロマ家事

2018/8/21

ティーツリーで靴も下駄箱もまとめて消臭する方法|アロマインストラクターのお掃除マニュアル

脱臭のための重曹 下駄箱の臭い、気づかれてますよ! とある講演会で市民会館の大ホールへ行った時に、座席にいたらプーンと臭ってきたのは誰かの家の下駄箱の臭い。   ちょうど衣替えの季節だったので「久しぶりに出した靴を履いてきたのかな」と思いました。   ・下駄箱の扉を開けたときにちょっと臭う   ・靴をとろうとかがんだ時に靴の臭いがわかる   ・自分の靴下の臭いがわかる   もしあなたが以上のことに当てはまっているならば、その臭いは靴にも移って他の人も気づい ...

ReadMore

アロマ家事 ハッカ油

2018/8/28

効果的なアロマお掃除の方法とおすすめエッセンシャルオイル6本【アロマ家事】

掃除にアロマを取り入れよう 日々のリラックスやセルフケアにアロマを使っているなら、お掃除にも使ってみませんか?   いま使っている道具や手順にエッセンシャルオイルを足すだけで、あっという間にアロマお掃除に早変わり。   汚れや嫌な臭いがなくなるだけでなく、掃除しているあなたの気分がとっても良くなります。   エッセンシャルオイルは買ってみたけれど、忙しくてなかなかまとまってアロマを楽しむ時間が取れないかたには特にぴったり。   毎日しているちょっとした軽い家事の時間 ...

ReadMore

アロマ家事

2018/8/31

アロマで洗濯機も服もまとめて消臭!効果の高いタイミングや精油選びのコツ

室内干しの臭い・洗濯機のカビ対策にアロマを使おう   お洗濯の時、洗剤にちょこっと精油を足してみませんか? もう15年近く使用している年季の入ったうちの洗濯機、ちょっとカビやにおいが出てきた時期がありました。 その際に抗菌・抗カビ作用のある精油を加えてお洗濯をするのを始めたのですが、その防カビ作用もさながら洗濯中に香りが広がるのが大変気に入りまして。 臭いが治まってからも、朝のディフューザー代わりにこの習慣は続いています。   洗濯槽のカビが防げて、 洗濯物の臭いもつきづらく、 洗濯機 ...

ReadMore

防災用品のチラシ

アロマ家事

2017/12/16

非常持ち出し袋にオレンジ精油を入れておこう

防災用品のチラシ これから非常持ち出しセットを作る方のために 熊本・九州での地震の被害に遭われた皆様に、心からのお見舞いを申し上げます。 皆様のご無事をお祈りしております。 今回の一連のニュースを見ていて「地震は予知できない」「いつ起こってもおかしくない」ということがよくわかりました。 その中で非常持ち出し袋を見直している方もいらっしゃると思うのですが、もしアロマテラピーにご興味があるのなら、オレンジ精油を一本入れておいてはいかがでしょうか。 精油は未開封なら3年~5年もちます。 一見無駄なもののように思 ...

ReadMore

重曹でシンク掃除

アロマ家事

2018/8/6

重曹+精油だけでシンクの掃除|前後写真でツヤを比較

重曹でシンク掃除 重曹と精油だけでも磨けます   重曹はいろんなところのお掃除にクレンザー・洗剤代わりに使えるとっても便利なものですが、調べてみるとクエン酸?石鹸と混ぜる?煮てつけ置き?などなどいろんな方法が出てきて迷ってしまうこともしばしば。   がっちり焦げがこびりついている…わけではない、通常のキッチンシンク・洗面台のボウル磨きでしたらば重曹だけでも十分にツヤを取り戻せます。   私は普段、重曹+精油だけでシンクと洗面台の掃除をしていまして、精油を使うことで、香りとその ...

ReadMore

畳あげ

アロマ家事 ハッカ油

2017/12/16

カビ臭さの消臭:拭き掃除にもハッカ油を足しました

ハッカ油 ハッカ油で消臭:かなりの臭いが抑え込めました ハッカ油をこの夏のうちに使い切ろうと、いろんな用途に使っています(クリックすると、ハッカ油の記事一覧に飛びます)。 今度は消臭! この夏、ずっと気になっていた茶の間のカビ臭さ。 ついに意を決して畳上げをしたところ、やっぱりかびていました。 畳は干しましたが、床部分がかなり臭かったので、ハッカ油を足した水で拭き掃除したところカビ臭さが消えました! お風呂にハッカ油を足すようになってから、浴室のカビ臭さも減ったので消臭効果もあるんだな~ぐらいの感覚でおり ...

ReadMore

除菌消臭スプレーを自分で作る理由

アロマ家事

2017/11/24

脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥

除菌消臭スプレーを自分で作る理由 脳へのご褒美がアロマテラピーの本質 除菌消臭スプレー使ってますか? 私は精油を使った自作のスプレーを使っています。 自作の理由はいろいろあるのですが、一番の理由は「その方が脳が喜ぶから」です。 予防医学情報研究所 朝川兼行 asakawa-lab.jp 他の五感(視覚・触覚)と違って、香りは脳へダイレクトに伝わる本能的なもの。 要らないものは目に入らない、大事じゃないことは聞こえないなどの例外なく、0.2秒で脳に伝わるのが嗅覚です。 鼻の粘膜に香り成分がピタッとくっついて ...

ReadMore

アロマ 英語

容疑者の心を開かせるラベンダーサシェ|Law & Order:性犯罪特捜班シーズン13第21話|海外ドラマのアロマテラピー

更新日:

海外ドラマの中のアロマテラピー

日々のアイロンがけのおともは、定額動画サービスdtvで見る海外ドラマです。 今日はタイトルに入れた『Law & Order:性犯罪特捜班 シーズン13』を見ていて、その中にアロマテラピーに関するようなセリフがあったのでそれについて書いてみます。

香りは映像に載らないため食べ物やインテリアに比べるとなかなかセリフの中で話題に上ってこず、それゆえ香りの話になるとつい耳がダンボになります。

しかも私が好んでみているのは犯罪捜査モノ。香りは証拠にもなりにくい(かつてCSIでトイレの個室の残り香から香水を特定する回もありましたが、またそれは別の時にでも)ので、話題に出ると「おおっ」と前のめり。
ほぼ個人的趣味のメモになりますが、今回はラベンダーサシェについてです。

 

ラベンダーサシェに関するセリフがあったシーン

該当のシーンは、情緒不安定な容疑者が自殺未遂したという一報を受け、精神病院に駆けつけようとする捜査官オリビアへかけた、別の捜査官マンチのセリフ「花かラベンダーサシェでも持っていけ」。

ちなみに日本語字幕は「花かなんか」と省略されていました。

ラベンダーには精神安定作用がありますので、それを踏まえてのアドバイスかと思いました。

この発言をしたマンチは50代半ばぐらいの、ネズミ顔をしたユダヤ人。
およそラベンダーサシェとは程遠い風貌なので、そんなマンチの口からラベンダーサシェがするっと出てきたのにびっくり。
マンチ、なんでも知ってる!そんなところも守備範囲か!

結局オリビアはユリの花束を持っていくのですが、こちらのユリの香りもリラックスを司る副交感神経に作用すると言われていますので、オリビアもまたナイスワーク。

優秀な捜査官になるためには、対象者の心を落ち着けて話を聞き出すための、こんな心配りも必要なのですね

サシェってなに?

ラベンダーサシェ

ラベンダーサシェ

サシェとは、袋の中にポプリやハーブなどを詰めて香りを楽しむ、いわば匂い袋です。
上の写真はとてもシンプルな袋ですが、刺繍やリボンでかわいらしくデコレーションされたものの方が最近はよく見かけるかも。

クローゼットにつるしたり、ベッドサイドやお部屋に置いて…が商品説明書によく書いてある使い方ですが、「持ち運べるアロマテラピーグッズ」として捉えて、香りを楽しみたい場所・香りを移したい場所どこでも使えます。

日本の匂い袋もそういう使い方でしたよね。

適度な狭さがサシェにちょうどよいので、私は車の中で使っています。

じんわり効く方法

じんわり効く方法

猪苗代ハーブ園のサシェ、ラベンダーがみっしりと詰まっていてお手玉みたいにずっしりしてます。
もし行ったら買った方がいいものの一つですよ!
香りが飛んだら、その上に精油を落として使えばOK。

 

マンチはなぜ容疑者にラベンダーサシェが合うと思ったか


ラベンダー ベラ オーガニック 15g [真正ラベンダー/ラベンダー・アングスティフォリア/トゥルーラベンダー] 【フロリハナ】 【精油/エッセンシャルオイル/アロマオイル/アロマテラピー】
ドラマを見ている限り、刑事が容疑者などに話を聞きに行くときに、何か手土産を持っていくことはほとんどありません。
またマンチは、海外犯罪ドラマの捜査チームでは必ず1人は設定されている知識・雑学担当の人です。
だから今回「花かラベンダーサシェを持っていけ」というのは、それがあった方がうまく容疑者とコミュニケーションできると考えた上でのアドバイスに違いない。

マンチはなぜ、花やラベンダーサシェがあったほうがうまく話しを聞き出せると考えたのでしょうか?

そのヒントは、容疑者の生き方に関係があります。

容疑者の職業は高校教師で、19世紀英文学のクラスを担当。
叔母が所有する古くて品のいい家に住み、天蓋付きのベッドには刺繍がほどこされた枕が並べてある、とてもクラシックな少女趣味のお部屋に仕立てています。
お金持ちばかりが通う高校の学年主任を担当しているところから察するに、仕事の上でも優秀で真面目であり、古風な価値観が校長からも評価されているように受け取れました。

そんな彼女の取った自殺方法は、「ポケットに小石をたくさん詰めて、池に入水する」というなんとも…古風な、それこそ19世紀的な品の良さのある自殺方法。

それを聞いた時のマンチは「バージニア・ウルフか?」と反応していますが、バージニア・ウルフ(20世紀初め頃のイギリス女性作家)も生涯を通じて不安定だった人だったことと、彼女の前時代的な生き方が重なったのかなと。

一連のセリフを日本人で置き換えるなら「樋口一葉か?」「花か匂い袋でも持っていけ」あたりがふさわしいでしょうか。

それを踏まえての「花かラベンダーサシェでも持っていけ」というアドバイスは、いかにも容疑者が喜びそうな19世紀的お見舞いの品としてふさわしく、容疑者の大事にしている世界を尊重する姿勢を見せるためには最適だと思います。

実際に精神的な作用もあるし一石二鳥です。

マンチのプレゼント選びの絶妙さに感心しきり。他にもマンチが何か物を選ぶシーンがあるかどうかをこれから注目したいと思いました。

海外ドラマに出てきたアロマテラピーのことは、ここでも書いてます。
こっちは具体的に精油をブレンドしてある例です。
シナリオライターの方はほんとどうやってこれにたどり着いたのだろう?と思うような絶妙なブレンドでした。
NCIS-ネイビー犯罪捜査班シーズン3-第10話|海外ドラマのアロマテラピー

動画配信サービス「dTV」

最後に、匂い袋のこと

生活のほとんどは精油の香りに頼っていますが、唯一日本の香りに頼っていることがあります。

この袋タイプの衣装用の匂い袋。

お礼状を書くときの文房具を入れておく箱があるのですが、その中に入れています。
きっと香りはお手紙が届くころには飛んでいるとは思いますが、はがきや便箋がほんのり和の香りになって、虫もつかず気に入っています。

310tkd336x280A

ご注意



◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-アロマ, 英語
-, ,

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2018 All Rights Reserved.