脱臭のための重曹

アロマ家事

2018/8/21

ティーツリーで靴も下駄箱もまとめて消臭する方法|アロマインストラクターのお掃除マニュアル

脱臭のための重曹 下駄箱の臭い、気づかれてますよ! とある講演会で市民会館の大ホールへ行った時に、座席にいたらプーンと臭ってきたのは誰かの家の下駄箱の臭い。   ちょうど衣替えの季節だったので「久しぶりに出した靴を履いてきたのかな」と思いました。   ・下駄箱の扉を開けたときにちょっと臭う   ・靴をとろうとかがんだ時に靴の臭いがわかる   ・自分の靴下の臭いがわかる   もしあなたが以上のことに当てはまっているならば、その臭いは靴にも移って他の人も気づい ...

ReadMore

アロマ家事 ハッカ油

2018/8/28

効果的なアロマお掃除の方法とおすすめエッセンシャルオイル6本【アロマ家事】

掃除にアロマを取り入れよう 日々のリラックスやセルフケアにアロマを使っているなら、お掃除にも使ってみませんか?   いま使っている道具や手順にエッセンシャルオイルを足すだけで、あっという間にアロマお掃除に早変わり。   汚れや嫌な臭いがなくなるだけでなく、掃除しているあなたの気分がとっても良くなります。   エッセンシャルオイルは買ってみたけれど、忙しくてなかなかまとまってアロマを楽しむ時間が取れないかたには特にぴったり。   毎日しているちょっとした軽い家事の時間 ...

ReadMore

アロマ家事

2018/11/14

アロマお洗濯で除菌消臭する方法|効果の高いタイミングや柔軟剤との使い方

室内干しの臭い・洗濯機のカビ対策にアロマを使おう   お洗濯の時、洗剤にちょこっと精油を足してみませんか?   もう15年近く使用している年季の入ったうちの洗濯機、ちょっとカビやにおいが出てきた時期がありました。   その際に抗菌・抗カビ作用のある精油を加えてお洗濯をするのを始めたのですが、その防カビ作用もさながら洗濯中に香りが広がるのが大変気に入りまして。   臭いが治まってからも、朝のディフューザー代わりにこの習慣は続いています。   洗濯槽のカビが防 ...

ReadMore

防災用品のチラシ

アロマ家事

2017/12/16

非常持ち出し袋にオレンジ精油を入れておこう

防災用品のチラシ これから非常持ち出しセットを作る方のために 熊本・九州での地震の被害に遭われた皆様に、心からのお見舞いを申し上げます。 皆様のご無事をお祈りしております。 今回の一連のニュースを見ていて「地震は予知できない」「いつ起こってもおかしくない」ということがよくわかりました。 その中で非常持ち出し袋を見直している方もいらっしゃると思うのですが、もしアロマテラピーにご興味があるのなら、オレンジ精油を一本入れておいてはいかがでしょうか。 精油は未開封なら3年~5年もちます。 一見無駄なもののように思 ...

ReadMore

重曹でシンク掃除

アロマ家事

2018/8/6

重曹+精油だけでシンクの掃除|前後写真でツヤを比較

重曹でシンク掃除 重曹と精油だけでも磨けます   重曹はいろんなところのお掃除にクレンザー・洗剤代わりに使えるとっても便利なものですが、調べてみるとクエン酸?石鹸と混ぜる?煮てつけ置き?などなどいろんな方法が出てきて迷ってしまうこともしばしば。   がっちり焦げがこびりついている…わけではない、通常のキッチンシンク・洗面台のボウル磨きでしたらば重曹だけでも十分にツヤを取り戻せます。   私は普段、重曹+精油だけでシンクと洗面台の掃除をしていまして、精油を使うことで、香りとその ...

ReadMore

畳あげ

アロマ家事 ハッカ油

2017/12/16

カビ臭さの消臭:拭き掃除にもハッカ油を足しました

ハッカ油 ハッカ油で消臭:かなりの臭いが抑え込めました ハッカ油をこの夏のうちに使い切ろうと、いろんな用途に使っています(クリックすると、ハッカ油の記事一覧に飛びます)。 今度は消臭! この夏、ずっと気になっていた茶の間のカビ臭さ。 ついに意を決して畳上げをしたところ、やっぱりかびていました。 畳は干しましたが、床部分がかなり臭かったので、ハッカ油を足した水で拭き掃除したところカビ臭さが消えました! お風呂にハッカ油を足すようになってから、浴室のカビ臭さも減ったので消臭効果もあるんだな~ぐらいの感覚でおり ...

ReadMore

除菌消臭スプレーを自分で作る理由

アロマ家事

2018/10/8

脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥

除菌消臭スプレーを自分で作る理由 脳へのご褒美がアロマテラピーの本質   除菌消臭スプレー使ってますか?   私は精油を使った自作の除菌消臭スプレーを使っています。   自作の理由はいろいろあるのですが、一番の理由は「その方が脳が喜ぶから」です。 予防医学情報研究所 朝川兼行 asakawa-lab.jp   他の五感(視覚・触覚)と違って、香りは脳へダイレクトに伝わる本能的なもの。   鼻の粘膜に香り成分がピタッとくっついて、すぐに全身に指令を送って0. ...

ReadMore

トマト

DOP認証って何?おいしいトマト缶を見分ける手がかり

更新日:

DOP認証トマト缶

DOP認証トマト缶

ちゃんと作られているものには印がついてる

とある、ここ数年食べたピザどころかここ数年食べた物の中ですら「おいしかったものランキング」上位に来るピザ屋さんで見せてもらったトマトピューレの缶詰。

おいしいものはきちんと品質管理と保証がされている…というお話を伺っているときに出てきました。

オリーブオイルやトマト缶って、今はほんとにもー数限りなくあって、どれがおいしいのかなにがなんだか分からない。値段の差はなんだろう。

そんな時は、EU物については「D.O.P」が付いてるかどうか?を目安にしてはいかがでしょう。
しかし私たちがあまりよく見ていないだけで、製品には消費者に少しでも理解してもらおうと様々な認証ロゴがついていたのを、この缶を見せてもらってわかりました。

今回はそのD.O.Pロゴについてざっくり書いていきます。

 

さっそく表示を見てみましょう

大きな字でなんて書いてあるかというと、品名と産地。

「サンマルツァーノ種トマト、アグロ・サルネーゼ・ノチェリーノ地域産」

このエリアはサンマルツァーノ種トマトの特産地です。もう少し掘り下げると

アグロ・サルネーゼ・ノチェリーノ地域と言うのは、ナポリ、サレルノ、アヴェッリーノの三都市と結ぶ▲エリアのことで、ちょうど真ん中ぐらいにある街の名前がサルノ。

場所で言うと、

イタリアをブーツにたとえたら、甲側の足首のあたりです。(グーグルマップへのリンクです)

 

その産地や品質の表示が確かに正しい、というのをEUが保証するのが、そのあとに見えるDOP認証です。

トマト

地名を冠にするためには許可が要る

D.O.Pとは

"Denominazione di Origine Protetta"

の頭文字の略語。

日本語だと、原産地保護呼称とか、原産地名称保護制度と呼ばれています。

どういうことかググってみました。

「イタリアワイン、チーズなどの伝統的食材に対し、品質管理と産品保護のため地域を指定した上、基準をみたすものにのみ特定原産地の名称を付して販売することを許可する制度。」
(wikipediaより

ある地域に特色ある食品がそこで生産されたこと、

しかもきちんとした品質管理をされた上で生産されていること

を保証する制度です。

産地さえ合ってればいいってもんじゃない

なんでこんなことが必要かと言うと、

輸入加工食品の場合、食品が最終的に加工された国の名前が、原産国として表示してあります。
例えば、農畜水産物を輸入して、国内で味付けをした場合、最終的に加工されたのは日本なので、原産国の表示はされません。製造業者の欄には、味付けをした業者の名前が表示されます。
一方、農畜水産物を輸入して、小分けや袋詰めをした場合、国内では加工していないため、この農畜水産物を生産した国が原産国として表示されます。(農水省のページより)

つまり、イタリア産サンマルツァーノ・トマトを使ったピューレでも、日本で味にかかわる最終加工をされたらそれは日本産になるということ。

例えば薄めて水増ししたり、日本向けに勝手に味を変えたりすることなどが想像できます。

そういう可能性を排除するために、原材料の栽培から収穫、加工、缶詰・瓶詰め加工に至るまで、すべての製造工程をその土地で行っていることを保証するのがこのDOP認証です。

材料も手順もぜーんぶイタリアそのままに作りました、のお墨付きです。

 

生産・加工の場所は確かだ。あとは品質

さらに特産品というからには、その味のクオリティも一定以上を超えてキープしなくてはならない!というハードルもあるのです。

あんまりたとえは良くないかもしれないけれど、

出生地が○○県だから○○県民だと言うのと

○○県に生まれたことはもちろんのこと、ずっとその土地の小中高に通っていて、しかも通っていたのは一番いい学校で優秀な成績で卒業しました、っていうのとの違いでしょうか。(人間に例えるのはちょっとエグいかもですが、野菜は育ちが結構モノをいう気がするので許して下さい)

ヨーロッパは本当にこういうのが厳しくて、このイタリアのDOP以外にも、EU各国で同じような原産地保護対策がされています。
(それぞれ微妙に呼び方が異なるので、それらをまとめて地理的表示制度、って呼ぶことも)

ワインとかオリーブオイルとか、ほんとに多種多様に。

サンマルツァーノトマトは、イタリアでも希少品。

ネットで調べると種が日本のものもたくさん出てくるのですが、きっとこれは品種改良されたもので、原産のホンモノとは違うものなのでしょう。

DOP認証トマト缶

DOP認証トマト缶

シリアルナンバーは、生産数が限られていることや、なにかあったら追跡できる証。

左の太陽のようなロゴは、イタリア政府のD.O.P認証ロゴ。

そして右上に見えるトマトのロゴは、D.O.P認証を取ったサンマルツァーノ組合のロゴ。

トマト缶にかぎらず、オリーブオイルなんかもD.O.P認証を取る組合ごとにこうしたロゴを作って付けてたりしてます。

イタリアのDOPを取っている食品一覧はこちらでガイドブックがダウンロードできます!思ったより少ない。

日本で○○産××をうたうのよりも、ものすごく厳しい基準だなーと調べているうちにしみじみと感じました。

ネットでかうなら"DOP"を検索ワードに入れると見つかりやすい。イタリア食材専門店だとお取扱があるようです。

 

おいしいトマト缶で作ったピザ

ペコリーノのピザ

そんなこだわり素材を使ったピザがこれ!

こちらのお店では、毎回こんなふうに使っている素材の説明をしてくれます。

チーズのことや、バルサミコのこと。野菜のことや、その野菜を育てるために使った肥料の調達方法まで。

それを聞きながら出てくる味を想像して期待を膨らませる…本当に毎回ワクワクします。

 

 

石窯ピッツア ペコリーノ
岩瀬郡鏡石町本町274
0248-62-3225
定休日:日曜日~水曜日(木・金・土のみ営業)
駐車場:店前に4台

独り言p.s.  "Denominación de origen protegida"はスペイン語かな。

310tkd336x280A

ご注意



◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-トマト
-

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2018 All Rights Reserved.