アロマ アロマクラフト

2018/10/9

手作りヨガマットスプレーの作り方|お手入れにおすすめのエタノール濃度は20%

ヨガマットスプレー買ってますか?   ヨガをしている方は多いと思うのですが、ヨガマット用のクリーナーを使っている方はいますか? ↓こういう感じのものです ヨガスプレー【コーム】   消臭と汚れ落としが主な目的ですが、ヨガマットスプレーはアルコール+水+エッセンシャルオイルで作られているものがほとんどで、実は自分で作るのがとても簡単。   そして一度作ってしまえば、ヨガマットに限らず様々な除菌に使えます。   もし手元にエッセンシャルオイルとヨガマットをお持ちの方は、 ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2019/3/12

初めてのアロマ蜜ろうクリームの作り方|材料の選び方~使い方まで|ヘアバーム・リップ・ハンドクリームに

蜜ろうクリーム 【手作りコスメ入門編】蜜ろうクリームを作ってみよう   蜜ろうクリームって何?どこがいいの?と疑問をお持ちの方。   顔・体・手・髪・爪・唇・香り…と様々に使い道の分かれたクリームが出ていますが、その役割ぜーんぶまとめて1つでケアできるのが蜜ろうクリームです。   楽でいい!シンプルでいい!   アロマテラピーを使った手作りコスメの中で、最も幅広く使えてアレンジ力があるのは、それが化粧品の基本中の基本だから。   作り方は蜜ろうに好みの植物 ...

ReadMore

椿油で蜜ろうクリーム

アロマクラフト キャリアオイル

2018/3/31

椿油ベースの蜜ろうクリームつくりました|髪から足まで全身使える万能バーム

椿油で蜜ろうクリーム:溶かしたての頃 椿油を全身で使ってみようと思い、蜜ろうクリームにしました 先日、熊本県益城町産の椿油を頂きました。 国産材料を使って、昔ながらの方法で絞られた油です。油についてはこちらで記事にしましたのでご覧ください。 よくみかける椿油ですが、意外と国産が材料に使われていないじゃないか!という話です。 椿油は、使い方の前に買い方から|それほんとに椿油?   で、せっかくのちゃんとした椿油ですから全身に使ってみようと思いまして、こぼす心配のない蜜ろうクリームを作りました。 蜜 ...

ReadMore

アロマクラフト

2018/3/12

手作りアロマスプレーをフレッシュに保つための、使い切れる精油の選び方

手作りスプレーのための精油選び 手作りヨガマットスプレーを作るときのコツ、として、前回は出来上がりのアルコール濃度について記事にしました。 スプレーの作り方については以下の記事をご覧ください。 手作りヨガマットスプレーの作り方|おすすめのエタノール濃度は20% 脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥 今回はその他の材料の事。 香りや作用をフレッシュに保つには、どう材料を選んだらいいのか? 特にこれから初めてスプレーを作る方、新たに精油を買い足してみようとお考えの方に読んでほしい内 ...

ReadMore

1g量れるスプーン

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】計量スプーンで蜜ろう1gは量れるか?

1g量れるスプーン  計量スプーンで1gの蜜ろうを量ってみます 今回は蜜ろう(ビーズワックス)の量を、デジタルスケールを使わず計量スプーンを使って量る方法です。 前回は生活の木の蜜ろうをサンプルに、粒の数を数えてだいたいの重さを推測する方法を書きましたが、それだと他メーカーの蜜ろうには対応できないため、今日は計量スプーンでざっくり量ったらどのぐらいになるか?を試してみました。 結論として、蜜ろうは1g計量スプーン山盛り一杯でおおよそ1gになるということがわかりました。 以下、山盛り一杯ってどのぐらい?とい ...

ReadMore

蜜ろう1粒の重さは何グラム?

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】生活の木の蜜ろう1粒の重さは何グラム?

蜜ろう1粒の重さは何グラム? ちょっとだけ蜜ろうクリームを作りたいときに知りたかったコト 手作り化粧品のレシピを見ていると1g~のとても少ない単位で材料を使うことがよくありますが、家にデジタルスケールがない場合はこれが量れません。 特に蜜ろうを使うとき、これ一粒は何グラムなんだろう?これがわかったら粒数数えて入れられるかな?…と思うことが多かったので、実際に量ってみました。 ちょびっとずつ蜜ろうクリームを作るときの参考にしてください。 蜜ろうクリームのことはここで書いてます! 好きな精油の香りを持ち歩く| ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2018/3/31

好きな精油の香りを持ち歩く|蜜ろうクリームの練り香水

蜜ろうクリーム  蜜ろうクリームにして、好きな香りを持ち歩く ちょっと前に、転機の人が好むアロマブレンドのことを書きました。 ゼラニウムとサイプレスの組み合わせで、2015年最も気に入って、事あるごとに使っていた香り。 ゼラニウムもサイプレスも、どちらもホルモンバランス調整の作用がある精油です。 記事に起こしたらやっぱりまた気になり始まって、ふとした時にすぐ香りが楽しめる練り香水を作ることにしました。 練り香水というと難しそうですが、香りが強めの蜜ろうクリームです。 リップクリームの香りが強いものとイメー ...

ReadMore

香水ディフューザー

アロマ アロマクラフト

2019/3/16

使わない香水で作るリードディフューザー濃度調整のコツ【ルームフレグランス】

大好きな香水をきちんと使い切りたいあなたへ 使わないまましまい込んでいる香水をお持ちではありませんか?   香水は瓶がかわいかったり、くださった方や使っていた時の記憶が閉じ込められていたりで、なかなか「いらないから捨てる」ことができません。   なにより自分が気に入って手に入れたり、大切な人からの贈り物であることが多い香水は、やっぱりきちんと使い切りたいものです。   アルミキャップできっちり封がしてあるものならそれほど早くは変質しないそうですが、口が開いているタイプだとどん ...

ReadMore

暮らし方

「容」は受け入れ許すこと:自分を縛るルール・許すルール

更新日:

縛るルール・許すルール

講座とかレッスンとかに出た後に思うことが多いこと。
何かを防ぐ・しないために○○しようというよりも、なりたい状態になるためには○○しよう、という話がしたい。

恐れから行動を縛るルールより、現状を認めて、前に進むためのルール。

食べ物のことを仕事にしていると"You are what you eat" 「あなたの体は食べたものでできている」という言葉をよく聞く。

体は食べたもので作られていくから、食べ物をきちんと選ぼう、という話をするときに引き合いに出てくる言葉ですが、この文章が現在形で書かれている意味は重い。

You are what you've had:あなたの体はこれまで食べたものでできている

の方が、消化吸収されて効果を発揮する体の仕組みとしては適切なのでしょうが、そうしていない。

もちろん未来に食べるもののことでもない。

what you eat, 今現在取っている食習慣にフォーカスが当たっている。

人の体は入れ物。

中身は何だろう、心、でしょうか。時間でしょうか。

許すルールと勇気がいる話

こないだ読んだ、健康生活研究所の岡田麻紀さんのブログに書かれていたことに、すごくぐっときた。

かつての私と同じように、自分でつくった自分ルールによって、美を諦めている人がとても多いということを、講演会等で女性の方にお会いするたびに気付かされます。「私はもう歳だから」「今さら綺麗になれない」「私はもともと美人じゃない」「あなたは特別で、私はなんの能力もない」というようなことをおっしゃる女性の方がとても多いです。そして、それと全く同じことを、私は長年思っていました。ですから、そのようにおっしゃる方のお気持ちが痛いほどよくわかります。岡田麻紀 【美容コラムvol.7】美容とは勇気のことである

岡田さんはかつて摂食障害と肥満に悩んでいました。

摂食障害と肥満は体に現れる症状で、やり方次第で改善することができるものですが、その後岡田さんが手間取ったのは、自分の女性性を認めてあげるコトだったこと。
彼女のブログを読んでいると、その例がいくつも出てきます。

肥満や摂食障害までいかなくても、この自分の女性性を背負いきれなくて困ったことになっている人の数は多い。

【例】自分の下の名前で自己紹介できないことが発覚した相談者さん
ジェーン・スーのチャット相談室/彼氏いない歴=年齢の29歳「どうしたら彼氏ができる?」(1)

ジェーン・スー: 正直なところ、女として見られたい? 見られたくない?

山口さん: 今は見られたいですかねえ。
女としての価値を見いだされないで、このまま生きていくのは辛そうかなと。

ジェーン・スー: 見いだされないというより、見いだせさせないようにしてるって感じはしますけれども…。

山口さん: 長年の、慣れがそれを染み出させちゃってるみたいで。

ジェーン・スー: 確かに習慣は恐ろしいですよね。
自分のなかに少しでも女性としての魅力を他者に認めてもらいたいという気持ちがあるならば、
残念ながら、自分から女性であることを表明していかなくちゃいけないんですよ。

ジェーン・スーのチャット相談室/彼氏いない歴=年齢(29歳)へ「気持ちの棚卸しと仕分けを」(2)

自分が認めていないものを、他人に認めろというのは酷な話です。

ここでジェーン・スーさんが言っていることと、岡田さんの言っていることがリンクする。

美容の「容」という漢字の語源は、「姿」「容姿」というもの以外に、「聞き入れる」「許す」(例 受容・許容)というものがあるそうです。ですから、美容のためには、「自分の声を自分で聞き入れる」「自分ルールで縛り付けずに許してあげる」ということが大切だと私は思っています。岡田麻紀 【美容コラムvol.7】美容とは勇気のことである

美容とは、外見である体を美しい容器にすることだけではなくて、美しさを容認することも含まれている。

病は気からですが、美容もテクニックより心構えから。
暗いメイク上手よりはつらつとスッピンを受け入れるところから。

縛るルールと許すルール、一見すると縛る方が大変そうに見えますが、実際は許すルールの方が勇気がいる。

でも勇気を出してみると…

私が勇気を出してみてわかったこと。それは、周りの人は、びっくりするほど私のことを気にしていない、ということです(笑)
岡田麻紀 【美容コラムvol.7】美容とは勇気のことである

この拍子抜けするような結論が、ものすごく腑に落ちた!すごく納得。

今年は「できるだけ新しいことをやる」と決めている1年ですが、自分ルールで辞めていたことをたくさん見つけてしまった1年でもあります。
そういう時期だったからこの記事にぐっと来ちゃったのだと思う。

結論:自分ルールって、本当に自分にしか効果がない。

岡田さんの書く美容コラムや健康コラムは、○○したら痩せるなどのテクニックではなくて、その一つ手前の精神状態のことが書かれていることが多いので、運動や美容になかなか一歩踏み出せない人におすすめです。

運動ができない(と思ってしまう理由)と何をすればいいかの話など、とても参考になりました。運動したくなりますよ!

ご注意

◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-暮らし方
-, ,

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2019 All Rights Reserved.