アロマ アロマクラフト

2018/10/9

手作りヨガマットスプレーの作り方|お手入れにおすすめのエタノール濃度は20%

ヨガマットスプレー買ってますか?   ヨガをしている方は多いと思うのですが、ヨガマット用のクリーナーを使っている方はいますか? ↓こういう感じのものです ヨガスプレー【コーム】   消臭と汚れ落としが主な目的ですが、ヨガマットスプレーはアルコール+水+エッセンシャルオイルで作られているものがほとんどで、実は自分で作るのがとても簡単。   そして一度作ってしまえば、ヨガマットに限らず様々な除菌に使えます。   もし手元にエッセンシャルオイルとヨガマットをお持ちの方は、 ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2019/3/12

初めてのアロマ蜜ろうクリームの作り方|材料の選び方~使い方まで|ヘアバーム・リップ・ハンドクリームに

蜜ろうクリーム 【手作りコスメ入門編】蜜ろうクリームを作ってみよう   蜜ろうクリームって何?どこがいいの?と疑問をお持ちの方。   顔・体・手・髪・爪・唇・香り…と様々に使い道の分かれたクリームが出ていますが、その役割ぜーんぶまとめて1つでケアできるのが蜜ろうクリームです。   楽でいい!シンプルでいい!   アロマテラピーを使った手作りコスメの中で、最も幅広く使えてアレンジ力があるのは、それが化粧品の基本中の基本だから。   作り方は蜜ろうに好みの植物 ...

ReadMore

椿油で蜜ろうクリーム

アロマクラフト キャリアオイル

2018/3/31

椿油ベースの蜜ろうクリームつくりました|髪から足まで全身使える万能バーム

椿油で蜜ろうクリーム:溶かしたての頃 椿油を全身で使ってみようと思い、蜜ろうクリームにしました 先日、熊本県益城町産の椿油を頂きました。 国産材料を使って、昔ながらの方法で絞られた油です。油についてはこちらで記事にしましたのでご覧ください。 よくみかける椿油ですが、意外と国産が材料に使われていないじゃないか!という話です。 椿油は、使い方の前に買い方から|それほんとに椿油?   で、せっかくのちゃんとした椿油ですから全身に使ってみようと思いまして、こぼす心配のない蜜ろうクリームを作りました。 蜜 ...

ReadMore

アロマクラフト

2018/3/12

手作りアロマスプレーをフレッシュに保つための、使い切れる精油の選び方

手作りスプレーのための精油選び 手作りヨガマットスプレーを作るときのコツ、として、前回は出来上がりのアルコール濃度について記事にしました。 スプレーの作り方については以下の記事をご覧ください。 手作りヨガマットスプレーの作り方|おすすめのエタノール濃度は20% 脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥 今回はその他の材料の事。 香りや作用をフレッシュに保つには、どう材料を選んだらいいのか? 特にこれから初めてスプレーを作る方、新たに精油を買い足してみようとお考えの方に読んでほしい内 ...

ReadMore

1g量れるスプーン

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】計量スプーンで蜜ろう1gは量れるか?

1g量れるスプーン  計量スプーンで1gの蜜ろうを量ってみます 今回は蜜ろう(ビーズワックス)の量を、デジタルスケールを使わず計量スプーンを使って量る方法です。 前回は生活の木の蜜ろうをサンプルに、粒の数を数えてだいたいの重さを推測する方法を書きましたが、それだと他メーカーの蜜ろうには対応できないため、今日は計量スプーンでざっくり量ったらどのぐらいになるか?を試してみました。 結論として、蜜ろうは1g計量スプーン山盛り一杯でおおよそ1gになるということがわかりました。 以下、山盛り一杯ってどのぐらい?とい ...

ReadMore

蜜ろう1粒の重さは何グラム?

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】生活の木の蜜ろう1粒の重さは何グラム?

蜜ろう1粒の重さは何グラム? ちょっとだけ蜜ろうクリームを作りたいときに知りたかったコト 手作り化粧品のレシピを見ていると1g~のとても少ない単位で材料を使うことがよくありますが、家にデジタルスケールがない場合はこれが量れません。 特に蜜ろうを使うとき、これ一粒は何グラムなんだろう?これがわかったら粒数数えて入れられるかな?…と思うことが多かったので、実際に量ってみました。 ちょびっとずつ蜜ろうクリームを作るときの参考にしてください。 蜜ろうクリームのことはここで書いてます! 好きな精油の香りを持ち歩く| ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2018/3/31

好きな精油の香りを持ち歩く|蜜ろうクリームの練り香水

蜜ろうクリーム  蜜ろうクリームにして、好きな香りを持ち歩く ちょっと前に、転機の人が好むアロマブレンドのことを書きました。 ゼラニウムとサイプレスの組み合わせで、2015年最も気に入って、事あるごとに使っていた香り。 ゼラニウムもサイプレスも、どちらもホルモンバランス調整の作用がある精油です。 記事に起こしたらやっぱりまた気になり始まって、ふとした時にすぐ香りが楽しめる練り香水を作ることにしました。 練り香水というと難しそうですが、香りが強めの蜜ろうクリームです。 リップクリームの香りが強いものとイメー ...

ReadMore

香水ディフューザー

アロマ アロマクラフト

2019/3/16

使わない香水で作るリードディフューザー濃度調整のコツ【ルームフレグランス】

大好きな香水をきちんと使い切りたいあなたへ 使わないまましまい込んでいる香水をお持ちではありませんか?   香水は瓶がかわいかったり、くださった方や使っていた時の記憶が閉じ込められていたりで、なかなか「いらないから捨てる」ことができません。   なにより自分が気に入って手に入れたり、大切な人からの贈り物であることが多い香水は、やっぱりきちんと使い切りたいものです。   アルミキャップできっちり封がしてあるものならそれほど早くは変質しないそうですが、口が開いているタイプだとどん ...

ReadMore

野菜

旅先のお土産に郷土料理の本を|『会津伝統野菜』 『つるおか おうち御膳』

投稿日:

 各地で郷土料理の本が出ています

旅行先で、スーパーや産直、道の駅に立ち寄るのが好きです。
ちかごろは野菜だけでなく、味噌やタレ、ジャムやドレッシングなどの6次化商品のラインナップも広がっていて、日持ちをあまり心配せずにお買い物を楽しめるようになってきました。

で、目につくとつい買ってしまうのが各地の郷土料理や伝統野菜の本。
旅館に泊まると、たいてい朝夕の食事ではその土地の郷土料理や伝統野菜を使ったメニューが出ますよね?
それについて知ることができたり、レシピがあったりであとで見ると楽しいんだ~

福島県も2016年6月には会津の伝統野菜についての本が出版されていまして、私もつい最近購入しました。
その名もそのまま、『会津伝統野菜』。

伝統野菜の紹介と、それを使った昔のレシピと今のレシピの両方が載っています。

野菜とレシピの紹介までだったら普通の郷土料理本なのですが、この本のいいところは特別寄稿として、福島県農業総合センターの方が「農産物として」の解説をつけているところです。

どういう歴史の中で育ってきたのか、品種としてはどうなのか、現在はどのように栽培されているのか、栄養の分析値…などなどが書かれています。

レシピ本としての側面が家庭科に属するならば、生物や歴史の分野のコトが丁寧に書かれているのが特徴です。

とくに好きなのは巻末の栽培カレンダー。
収穫時期が書かれているのはたまに見ますが、種まき・肥料をやる時期なんかも丁寧に書かれているのはすごい。

パラパラめくりながら目で見ても楽しいのですが、読み込む部分が多いんだなー。
本としてのレイアウトや写真の素朴な感じも、私が学生時代に使っていた教科書の副読本のよう。
活字が大きいのは、年配の方が読むことを想定しているのかな。
全体的に懐かしい生真面目な感じの本です。

 

本としてカッコよかったのは山形・鶴岡の本

ケンミンショーって、山形の登場回数が多いと思いませんか?でもそれもしかりと思えるぐらい、山形県は食文化が豊かだなと思います。
それだけに今まで買った郷土料理の本の中でも、山形のものは良かったです。

つるおか おうち御膳

つるおかおうち御膳

つるおかおうち御膳

アマゾンで売っていなかったので表紙の写真だけなのですが、鶴岡に行った時に買った郷土料理の本。
市の農政課が発行している本なのですが、写真も中身もカッコよい。

歴史とか農産物としての側面とかはなく、純粋に昔からの料理のレシピ本。今風アレンジなし。
「行事」っていう一章があるからそこが歴史になるのかな?

写真がとにかく大きくてキレイ!おいしそうに撮ってある!
これアマゾンで買えないってことは、行かないと買えないんだよねきっと??買ってよかった本です。

 

たんぼの味

最も写真が大きくてきれいで、レシピ本というよりほぼ写真集のような本はこちら。
鶴岡は文化の香りに溢れる場所ですが、さすがこういった本のデザインも素敵。

地元のシェフや食に関わる方が考えたレシピの本。
この本の中で、アル・ケッチャーノの奥田シェフがご飯の炊き方を解説しているのですが「今の炊飯ジャーは『コシヒカリ』に合わせて炊きあがり温度が設定されている」という一文に驚きました。
そんな驚きの個所が何か所かある本でした。

 

私はもっぱら行ってから買う派なんですが、行く前に予習で買うとさらにその土地の食文化が楽しめるのではないでしょうか。

今度青森に行く予定なので、そこでもいい本があるといいな~

ご注意

◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。


野菜を食べて健康できれいになりたいけれど、どうしていいかわからない方、どうしていいかはわかるけど気力が続かない方、一冊本をキッチンに置いてみませんか?

面倒な時にページをめくると、少しやる気が湧いてきて、きれいな写真を見るとちょっと作る気が湧いてきます。

これ、スマホだとすぐ別のサイトを見てしまったり寝そべってしまったりするから、本じゃないとダメなんです。

「こんなにいいことばっかりなら食べたいな」って思えますよ。


-野菜
-

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2019 All Rights Reserved.