野菜とアロマテラピーの力で、美しく楽しい暮らし

たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー

検定・勉強法

アロマテラピーを独学・ネット・無料で勉強できるサイト

更新日:

資格だからと言って、本を買わなくていい

本を買わなくてもアロマテラピーは勉強できます。

アロマテラピー検定1級・2級向けの、無料のいい問題集サイトがあるからです。

受験する人が多い資格のため、お勉強サイトがたくさんある。
そこを利用しない手はありません。

私がお勧めなのは「AromaInfo」(アロマインフォ)というサイトです。

問題の量も十分、これ全部やらなくても、半分もやれば合格する=アロマテラピーの基本が身につく。

問題の質も、なんなら本番より難しい。

スマホサイトもありますので、スキマ時間にもちょこちょこできる。

スポンサーリンク

336x280-1画像とテキスト

アロマテラピーの知識は、検定の勉強をしてしまうのが近道

検索すれば精油の効果もいろいろ出てきますけど、全体的なことを一度勉強してしまうのが、実はアロマテラピーを楽しむ近道。

特に、検定の1級・2級で出てくる内容は、女性誌の特集で組まれている内容に近いことが多いからです。

検定で問われるのは基本的なルール、普段使いやすい精油の特徴などなど。
勉強というよりはちょっと詳しめのムック本に近いような内容です。

そんなに難しいことはないし、精油以外の知識も普段見ているテレビの健康番組で言われている内容からそれほど遠くありません。

だから特に検定を受ける予定がなくても、アロマテラピー検定に関するサイトや問題なんかを見ていると、アロマテラピーの初歩的知識がまず身につくのでお勧めしています。

 

検定受けると「やっちゃいけないこと」がわかるのが大事!

アロマテラピーのことを検定ベースで勉強することの一番いいところは、

「やっちゃいけないことが分かる」

こと。これに尽きる!

妊婦さん・乳幼児・高齢者にはどうするのか?
保存期限やアレルギーは?
使う頻度や量は?

精油の効能やプロフィールも大事だけれど、この「やっちゃいけないこと」をまず知ることが一番大事だと思う。

たとえばお風呂やお部屋で香りを楽しむ時に使う量ですが、ほんとうに少なくていい。
1滴~5滴以内。

寝るときに枕元に置くだけなら、1滴で十分。

たくさん使ったほうが効果があるような気がして、たっぷりトポトポ使っている方が多い印象です。
あなたの使い方は合ってますか?基礎知識として、これだけでも読んでみてください。

テキスト購入時には発行年月日に注意

もしテキストを購入するつもりなら、発行年月日をよく見て買ってくださいね。

アロマテラピー検定は2015年7月に出題範囲が改定されています。

それ以前に発行されたテキストには、新たに出題範囲に加わった地球環境等についての問題が入っていませんのでご注意を。

 

検定範囲改定後も使えるテキスト

改定以前、どうしても紙が好き!という方にお勧めしていた本がこれ。
アロマテラピー検定1級・2級を考えている方はもちろん、その後インストラクターやセラピストになってもずっと使える、賞味期限がとにかく長い本。

趣味の人も、それ以上の人も満足できる内容です。

化粧水や入浴剤などのクラフトから、精油を使ったマッサージのことまで幅広い!
タイトルに偽りなしの良書です。
持っている人もすごく多いと思います。

 

精油も検定仕様だと安くいろいろ試せます

検定を受けないとしても、これはお買い得!
いろんな精油がちょっとずつ(1.5ml)楽しめる。

精油は1滴=0.05ml換算なので、30滴分入ってます。
過去記事に、ファブリーズ代わりに使える消臭スプレーの作り方を書いたのですが(記事後半部分です)、1本作るのに必要なのは10滴。

2種類~3種類の精油をブレンドしながら使うと思うと、けっこう多く感じませんか?

香りも10種類ずつ入って、各2000円程度。まずは精油を一通り試してみたいな~という方はぜひこれがいいと思います。

正直、テキスト買うよりもこっち買う方が先だと思ってます。

 

私がアロマテラピー検定を受験したときは

自分がアロマテラピー検定を受けたときの勉強法のことを書きました。
対策期間は1週間~2週間で大丈夫だと思います。
もし誰かの参考になれば!

336x280-1画像とテキスト

336x280-1画像とテキスト

ご注意



◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-検定・勉強法
-, ,

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2018 All Rights Reserved.