アロマ アロマクラフト

2018/10/9

手作りヨガマットスプレーの作り方|お手入れにおすすめのエタノール濃度は20%

ヨガマットスプレー買ってますか?   ヨガをしている方は多いと思うのですが、ヨガマット用のクリーナーを使っている方はいますか? ↓こういう感じのものです ヨガスプレー【コーム】   消臭と汚れ落としが主な目的ですが、ヨガマットスプレーはアルコール+水+エッセンシャルオイルで作られているものがほとんどで、実は自分で作るのがとても簡単。   そして一度作ってしまえば、ヨガマットに限らず様々な除菌に使えます。   もし手元にエッセンシャルオイルとヨガマットをお持ちの方は、 ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2019/3/12

初めてのアロマ蜜ろうクリームの作り方|材料の選び方~使い方まで|ヘアバーム・リップ・ハンドクリームに

蜜ろうクリーム 【手作りコスメ入門編】蜜ろうクリームを作ってみよう   蜜ろうクリームって何?どこがいいの?と疑問をお持ちの方。   顔・体・手・髪・爪・唇・香り…と様々に使い道の分かれたクリームが出ていますが、その役割ぜーんぶまとめて1つでケアできるのが蜜ろうクリームです。   楽でいい!シンプルでいい!   アロマテラピーを使った手作りコスメの中で、最も幅広く使えてアレンジ力があるのは、それが化粧品の基本中の基本だから。   作り方は蜜ろうに好みの植物 ...

ReadMore

椿油で蜜ろうクリーム

アロマクラフト キャリアオイル

2018/3/31

椿油ベースの蜜ろうクリームつくりました|髪から足まで全身使える万能バーム

椿油で蜜ろうクリーム:溶かしたての頃 椿油を全身で使ってみようと思い、蜜ろうクリームにしました 先日、熊本県益城町産の椿油を頂きました。 国産材料を使って、昔ながらの方法で絞られた油です。油についてはこちらで記事にしましたのでご覧ください。 よくみかける椿油ですが、意外と国産が材料に使われていないじゃないか!という話です。 椿油は、使い方の前に買い方から|それほんとに椿油?   で、せっかくのちゃんとした椿油ですから全身に使ってみようと思いまして、こぼす心配のない蜜ろうクリームを作りました。 蜜 ...

ReadMore

アロマクラフト

2018/3/12

手作りアロマスプレーをフレッシュに保つための、使い切れる精油の選び方

手作りスプレーのための精油選び 手作りヨガマットスプレーを作るときのコツ、として、前回は出来上がりのアルコール濃度について記事にしました。 スプレーの作り方については以下の記事をご覧ください。 手作りヨガマットスプレーの作り方|おすすめのエタノール濃度は20% 脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥 今回はその他の材料の事。 香りや作用をフレッシュに保つには、どう材料を選んだらいいのか? 特にこれから初めてスプレーを作る方、新たに精油を買い足してみようとお考えの方に読んでほしい内 ...

ReadMore

1g量れるスプーン

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】計量スプーンで蜜ろう1gは量れるか?

1g量れるスプーン  計量スプーンで1gの蜜ろうを量ってみます 今回は蜜ろう(ビーズワックス)の量を、デジタルスケールを使わず計量スプーンを使って量る方法です。 前回は生活の木の蜜ろうをサンプルに、粒の数を数えてだいたいの重さを推測する方法を書きましたが、それだと他メーカーの蜜ろうには対応できないため、今日は計量スプーンでざっくり量ったらどのぐらいになるか?を試してみました。 結論として、蜜ろうは1g計量スプーン山盛り一杯でおおよそ1gになるということがわかりました。 以下、山盛り一杯ってどのぐらい?とい ...

ReadMore

蜜ろう1粒の重さは何グラム?

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】生活の木の蜜ろう1粒の重さは何グラム?

蜜ろう1粒の重さは何グラム? ちょっとだけ蜜ろうクリームを作りたいときに知りたかったコト 手作り化粧品のレシピを見ていると1g~のとても少ない単位で材料を使うことがよくありますが、家にデジタルスケールがない場合はこれが量れません。 特に蜜ろうを使うとき、これ一粒は何グラムなんだろう?これがわかったら粒数数えて入れられるかな?…と思うことが多かったので、実際に量ってみました。 ちょびっとずつ蜜ろうクリームを作るときの参考にしてください。 蜜ろうクリームのことはここで書いてます! 好きな精油の香りを持ち歩く| ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2018/3/31

好きな精油の香りを持ち歩く|蜜ろうクリームの練り香水

蜜ろうクリーム  蜜ろうクリームにして、好きな香りを持ち歩く ちょっと前に、転機の人が好むアロマブレンドのことを書きました。 ゼラニウムとサイプレスの組み合わせで、2015年最も気に入って、事あるごとに使っていた香り。 ゼラニウムもサイプレスも、どちらもホルモンバランス調整の作用がある精油です。 記事に起こしたらやっぱりまた気になり始まって、ふとした時にすぐ香りが楽しめる練り香水を作ることにしました。 練り香水というと難しそうですが、香りが強めの蜜ろうクリームです。 リップクリームの香りが強いものとイメー ...

ReadMore

香水ディフューザー

アロマ アロマクラフト

2019/3/16

使わない香水で作るリードディフューザー濃度調整のコツ【ルームフレグランス】

大好きな香水をきちんと使い切りたいあなたへ 使わないまましまい込んでいる香水をお持ちではありませんか?   香水は瓶がかわいかったり、くださった方や使っていた時の記憶が閉じ込められていたりで、なかなか「いらないから捨てる」ことができません。   なにより自分が気に入って手に入れたり、大切な人からの贈り物であることが多い香水は、やっぱりきちんと使い切りたいものです。   アルミキャップできっちり封がしてあるものならそれほど早くは変質しないそうですが、口が開いているタイプだとどん ...

ReadMore

検定・勉強法

アロマテラピーを独学・ネット・無料で勉強できるサイト

更新日:

資格だからと言って、本を買わなくていい

本を買わなくてもアロマテラピーは勉強できます。

アロマテラピー検定1級・2級向けの、無料のいい問題集サイトがあるからです。

受験する人が多い資格のため、お勉強サイトがたくさんある。
そこを利用しない手はありません。

私がお勧めなのは「AromaInfo」(アロマインフォ)というサイトです。

問題の量も十分、これ全部やらなくても、半分もやれば合格する=アロマテラピーの基本が身につく。

問題の質も、なんなら本番より難しい。

スマホサイトもありますので、スキマ時間にもちょこちょこできる。

スポンサーリンク

アロマテラピーの知識は、検定の勉強をしてしまうのが近道

検索すれば精油の効果もいろいろ出てきますけど、全体的なことを一度勉強してしまうのが、実はアロマテラピーを楽しむ近道。

特に、検定の1級・2級で出てくる内容は、女性誌の特集で組まれている内容に近いことが多いからです。

検定で問われるのは基本的なルール、普段使いやすい精油の特徴などなど。
勉強というよりはちょっと詳しめのムック本に近いような内容です。

そんなに難しいことはないし、精油以外の知識も普段見ているテレビの健康番組で言われている内容からそれほど遠くありません。

だから特に検定を受ける予定がなくても、アロマテラピー検定に関するサイトや問題なんかを見ていると、アロマテラピーの初歩的知識がまず身につくのでお勧めしています。

 

検定受けると「やっちゃいけないこと」がわかるのが大事!

アロマテラピーのことを検定ベースで勉強することの一番いいところは、

「やっちゃいけないことが分かる」

こと。これに尽きる!

妊婦さん・乳幼児・高齢者にはどうするのか?
保存期限やアレルギーは?
使う頻度や量は?

精油の効能やプロフィールも大事だけれど、この「やっちゃいけないこと」をまず知ることが一番大事だと思う。

たとえばお風呂やお部屋で香りを楽しむ時に使う量ですが、ほんとうに少なくていい。
1滴~5滴以内。

寝るときに枕元に置くだけなら、1滴で十分。

たくさん使ったほうが効果があるような気がして、たっぷりトポトポ使っている方が多い印象です。
あなたの使い方は合ってますか?基礎知識として、これだけでも読んでみてください。

テキスト購入時には発行年月日に注意

もしテキストを購入するつもりなら、発行年月日をよく見て買ってくださいね。

アロマテラピー検定は2015年7月に出題範囲が改定されています。

それ以前に発行されたテキストには、新たに出題範囲に加わった地球環境等についての問題が入っていませんのでご注意を。

 

検定範囲改定後も使えるテキスト

改定以前、どうしても紙が好き!という方にお勧めしていた本がこれ。
アロマテラピー検定1級・2級を考えている方はもちろん、その後インストラクターやセラピストになってもずっと使える、賞味期限がとにかく長い本。

趣味の人も、それ以上の人も満足できる内容です。

化粧水や入浴剤などのクラフトから、精油を使ったマッサージのことまで幅広い!
タイトルに偽りなしの良書です。
持っている人もすごく多いと思います。

 

精油も検定仕様だと安くいろいろ試せます

検定を受けないとしても、これはお買い得!
いろんな精油がちょっとずつ(1.5ml)楽しめる。

精油は1滴=0.05ml換算なので、30滴分入ってます。
過去記事に、ファブリーズ代わりに使える消臭スプレーの作り方を書いたのですが(記事後半部分です)、1本作るのに必要なのは10滴。

2種類~3種類の精油をブレンドしながら使うと思うと、けっこう多く感じませんか?

香りも10種類ずつ入って、各2000円程度。まずは精油を一通り試してみたいな~という方はぜひこれがいいと思います。

正直、テキスト買うよりもこっち買う方が先だと思ってます。

 

私がアロマテラピー検定を受験したときは

自分がアロマテラピー検定を受けたときの勉強法のことを書きました。
対策期間は1週間~2週間で大丈夫だと思います。
もし誰かの参考になれば!

ご注意

◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-検定・勉強法
-, ,

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2020 All Rights Reserved.