アロマ アロマクラフト

2018/10/9

手作りヨガマットスプレーの作り方|お手入れにおすすめのエタノール濃度は20%

ヨガマットスプレー買ってますか?   ヨガをしている方は多いと思うのですが、ヨガマット用のクリーナーを使っている方はいますか? ↓こういう感じのものです ヨガスプレー【コーム】   消臭と汚れ落としが主な目的ですが、ヨガマットスプレーはアルコール+水+エッセンシャルオイルで作られているものがほとんどで、実は自分で作るのがとても簡単。   そして一度作ってしまえば、ヨガマットに限らず様々な除菌に使えます。   もし手元にエッセンシャルオイルとヨガマットをお持ちの方は、 ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2019/3/12

初めてのアロマ蜜ろうクリームの作り方|材料の選び方~使い方まで|ヘアバーム・リップ・ハンドクリームに

蜜ろうクリーム 【手作りコスメ入門編】蜜ろうクリームを作ってみよう   蜜ろうクリームって何?どこがいいの?と疑問をお持ちの方。   顔・体・手・髪・爪・唇・香り…と様々に使い道の分かれたクリームが出ていますが、その役割ぜーんぶまとめて1つでケアできるのが蜜ろうクリームです。   楽でいい!シンプルでいい!   アロマテラピーを使った手作りコスメの中で、最も幅広く使えてアレンジ力があるのは、それが化粧品の基本中の基本だから。   作り方は蜜ろうに好みの植物 ...

ReadMore

椿油で蜜ろうクリーム

アロマクラフト キャリアオイル

2018/3/31

椿油ベースの蜜ろうクリームつくりました|髪から足まで全身使える万能バーム

椿油で蜜ろうクリーム:溶かしたての頃 椿油を全身で使ってみようと思い、蜜ろうクリームにしました 先日、熊本県益城町産の椿油を頂きました。 国産材料を使って、昔ながらの方法で絞られた油です。油についてはこちらで記事にしましたのでご覧ください。 よくみかける椿油ですが、意外と国産が材料に使われていないじゃないか!という話です。 椿油は、使い方の前に買い方から|それほんとに椿油?   で、せっかくのちゃんとした椿油ですから全身に使ってみようと思いまして、こぼす心配のない蜜ろうクリームを作りました。 蜜 ...

ReadMore

アロマクラフト

2018/3/12

手作りアロマスプレーをフレッシュに保つための、使い切れる精油の選び方

手作りスプレーのための精油選び 手作りヨガマットスプレーを作るときのコツ、として、前回は出来上がりのアルコール濃度について記事にしました。 スプレーの作り方については以下の記事をご覧ください。 手作りヨガマットスプレーの作り方|おすすめのエタノール濃度は20% 脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥 今回はその他の材料の事。 香りや作用をフレッシュに保つには、どう材料を選んだらいいのか? 特にこれから初めてスプレーを作る方、新たに精油を買い足してみようとお考えの方に読んでほしい内 ...

ReadMore

1g量れるスプーン

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】計量スプーンで蜜ろう1gは量れるか?

1g量れるスプーン  計量スプーンで1gの蜜ろうを量ってみます 今回は蜜ろう(ビーズワックス)の量を、デジタルスケールを使わず計量スプーンを使って量る方法です。 前回は生活の木の蜜ろうをサンプルに、粒の数を数えてだいたいの重さを推測する方法を書きましたが、それだと他メーカーの蜜ろうには対応できないため、今日は計量スプーンでざっくり量ったらどのぐらいになるか?を試してみました。 結論として、蜜ろうは1g計量スプーン山盛り一杯でおおよそ1gになるということがわかりました。 以下、山盛り一杯ってどのぐらい?とい ...

ReadMore

蜜ろう1粒の重さは何グラム?

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】生活の木の蜜ろう1粒の重さは何グラム?

蜜ろう1粒の重さは何グラム? ちょっとだけ蜜ろうクリームを作りたいときに知りたかったコト 手作り化粧品のレシピを見ていると1g~のとても少ない単位で材料を使うことがよくありますが、家にデジタルスケールがない場合はこれが量れません。 特に蜜ろうを使うとき、これ一粒は何グラムなんだろう?これがわかったら粒数数えて入れられるかな?…と思うことが多かったので、実際に量ってみました。 ちょびっとずつ蜜ろうクリームを作るときの参考にしてください。 蜜ろうクリームのことはここで書いてます! 好きな精油の香りを持ち歩く| ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2018/3/31

好きな精油の香りを持ち歩く|蜜ろうクリームの練り香水

蜜ろうクリーム  蜜ろうクリームにして、好きな香りを持ち歩く ちょっと前に、転機の人が好むアロマブレンドのことを書きました。 ゼラニウムとサイプレスの組み合わせで、2015年最も気に入って、事あるごとに使っていた香り。 ゼラニウムもサイプレスも、どちらもホルモンバランス調整の作用がある精油です。 記事に起こしたらやっぱりまた気になり始まって、ふとした時にすぐ香りが楽しめる練り香水を作ることにしました。 練り香水というと難しそうですが、香りが強めの蜜ろうクリームです。 リップクリームの香りが強いものとイメー ...

ReadMore

香水ディフューザー

アロマ アロマクラフト

2019/3/16

使わない香水で作るリードディフューザー濃度調整のコツ【ルームフレグランス】

大好きな香水をきちんと使い切りたいあなたへ 使わないまましまい込んでいる香水をお持ちではありませんか?   香水は瓶がかわいかったり、くださった方や使っていた時の記憶が閉じ込められていたりで、なかなか「いらないから捨てる」ことができません。   なにより自分が気に入って手に入れたり、大切な人からの贈り物であることが多い香水は、やっぱりきちんと使い切りたいものです。   アルミキャップできっちり封がしてあるものならそれほど早くは変質しないそうですが、口が開いているタイプだとどん ...

ReadMore

アロマ

1回読めば覚えられる|アロマを香るときのモテしぐさ

更新日:

girl-777468_640

本能むき出しで香ってませんか

精油のボトルを開けて香りを確かめてみるとき、それが一体どんな香りなのかに興味が行きすぎて、本能むき出しになっていませんか?

背中を丸めて瓶に顔を近づけ、鼻をくんくんさせるその姿は…決して美しいものではありません。

アロマテラピーは嗅覚を利用して本能にダイレクトに作用するものなのでどうしてもそうなりがちなのですが、姿勢や手の動きをちょっとだけ意識するだけで、ぐっと仕草は美しくなります。
アロマの香りを嗅ぐときだけ気を付けていたことも、積み重ねていけばほかのしぐさにも影響していきます。

神は細部に宿り、継続は力なり。

今日はそんなアロマを香るためのお作法についてです。

 

ボトルに自分を寄せない

ボトルに自分を近づけるのをやめて、自分にボトルを近づけましょう。
まずはこれ。基本中の基本。これやめただけで全然ちがいます。

食事のマナーもそうなのですが(犬食い)、前かがみになるのは美しくないです。
人は興味があるものに対して自分から寄っていってしまうのは心理学的にも言われていることですが、ここはぐっと理性を保って、背筋を伸ばしたまま手元まで瓶を持ってきてください。猫背厳禁!

その際、あまり鼻の近くまで瓶を近づけるのはお勧めできません。

見た目がよくないこともありますが、精油の香りには刺激的な成分も含まれていますので、鼻から20㎝程度離した状態がベストです。

 

鼻をクンクンさせない

自分の近くまでボトルが来たら、そこから手で仰いで香りを試しましょう。

ボトルに鼻を近づけてクンクンさせるのはご法度!
自分では見えていないですが、その時の顔って…なかなかですよ。
気持ちが香りの本質を知ることのほうにぜーんぶ行ってしまっているので、顔への注意が空っぽになっています…ある意味スッピン以上のスッピン。

眉間にしわがぐっとよって、なぜか唇がきゅーっとすぼまっている方多し。

手で仰ぐときも、慌てずゆっくり手を動かしましょう。

 

肩の力を抜く

30人~の大人数の講座でも、数人程度の小さなクラスでも、なぜか香りを試すときは

肩が内側にすぼまる

肩が上がる

状態になる人が多いです。

これがなぜなのかはまだ私にもわからないのですが、そうなりがちだということはたくさんの例が物語っています。
あまり美しくない姿勢です、肩の力は抜きましょう。

 

重太みゆきさんの「モテしぐさ」を取り入れる

flower-731300_640

ムエット(試香紙:香りを試すための細長い紙)を使って試すときには、「ホンマでっか?!TV」でおなじみ重田みゆきさんが提案する「モテしぐさ」を取り入れてみましょう。

重田さんはテレビの中で

かわいい=顔と手が近い、手のひらや手首の裏側が見える

大人っぽい=顔と手の距離が遠い、手の甲が見える

の対比を何度もおっしゃっています。

顔の近くでピースサインをすると手のひらも手首も見えるから幼くかわいらしく見えるし、

和装の際に扇子を帯の近くでパタパタするのは、手と顔の距離が遠く保ったまま手の甲を強調する仕草なので大人っぽく落ち着いて見えます。

この法則をムエットで香る際にも適用します。

かわいく見られたいなら

ムエットを親指と人差し指で挟んで持ち、手のひらを見せてバイバイするように顔の近くで振って香りを試します。

ただしオーバー30にはお勧めしません。

同じ持ち方でも、手の甲を見せるだけで落ち着きが加わりますのでそちらでいかがでしょうか。

 

大人っぽく知性的に見られたいなら

親指・人差し指・中指の三本を使って持ち、薬指・小指も揃えます。
遊んでいる指が少なく、バラバラしていない方が落ち着いて知性が感じられるようになります。

手の位置が顔から離れれば離れるほど冷静に見えます。(香りが届く範囲がありますからほどほどで)

また顔の斜めの位置にある方が明るく若々しく、顎の真下になると真剣味が増すイメージです。

手の甲が見える仕草って、素敵な指輪が映える仕草なのですよね!
素敵なジュエリーをお持ちの方にはぜひこの手の甲がゆっくりと強調される仕草がおすすめです。

 

誰からも教わっていない香りの作法

食べ方、挨拶の仕方は親や学校が教えてくれました。

でも香りの試し方なんて誰も教えてくれていないので、そこにその人の本性というか、普段の暮らし方が出るように思います。

香りを試すシーンはアロマのみならず紅茶・香水・お酒…など実はけっこうあるのですよね。

仕草は癖みたいな部分もありますので、五感をフル稼働させている瞬間も末端への意識が保たれているような状態になりたいものです。

他にも美しい香りのお作法がありましたらぜひ教えてください。

ご注意

◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-アロマ
-

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2019 All Rights Reserved.