野菜とアロマテラピーの力で、美しく楽しい暮らし

たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー

野菜

出された食事を食べている人がすごい

更新日:

ある日の夕ご飯

ある日の夕ご飯

私は既婚のアマ(C ジェーン・スー)で、毎日の食事を作るのは私の担当です。
1年ほど作ってみてその間何度か思ったのですが、食事を作らず出されたものを毎日食べている人はすごいなー。

私は自分の食べたいものがあったらそれを夕飯に作りますが、出される側は必ずしも自分が食べたいものが出るとは限らない。
というか、そのタイミングが合致することって稀だと思う。
18歳で一人暮らしを始めてから20年、自分の食べたいものをその日の食事で食べている私には、そのスタイルに変えることの方が難しい。

しかも
勝手知ったるお母さんが作ってくれた食事ではない、
その日の過ごし方や腹具合なども知らない、
好みも育ちも違う人間が作った、
毎回おいしいとは限らないものを、
ときに見たこともないものが混じっていることもありつつ、
しかもできれば残さずと希望されながら…

毎日食べるというのは、もしかして食べてる人の方が偉いのではないかという気がしてきました。

作る側としてはできるだけ美味しくなるよう心がけているし、バランスやボリュームも考えてはいますが、あくまでそれは私の都合(余裕があれば、という条件付き)。私の思うバランスであり、適度なボリューム。
どんなに思いや時間を込めても、完璧に合致はしないだろうし、あくまで私の予想でしかありません。
食べる人の心と体のタイミングに合うとは限らない。

逆に手を抜いてささーっとある物で作った時も、どんなに手を抜いても最低限それは私にとってはまぁまぁおいしい、今食べてもいいかなと思える、全自動・無意識で自分に合った食べ物。
仮に自分がそれほど好きじゃないものを作ったとしても、調理している以上私が食べておいしいと思う形になる。

どんなに適当なものであっても、自分で好きなものを作って食べられるというのは調理してる人の特権。
だからこそ、それに付き合って出されたものをそのまま食べている人は偉いな~と思う。
たまに実家に帰ったりして、ご飯が全自動で出てきたりするとたまらなく幸せになったりするけれど、それはあくまでたまにのことだから嬉しいのであって、時間が経ったらきっと自分の好きなものを作りたくなるだろうな。

以上、たまねぎがおいしいからと言って玉ねぎとニンジンのかき揚げだけを大皿いっぱい作った日に思ったことでした。
エビだのイカだのも食べたいだろうにすみません!
お腹一杯!

336x280-1画像とテキスト

336x280-1画像とテキスト

ご注意



◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。


野菜を食べて健康できれいになりたいけれど、どうしていいかわからない方、どうしていいかはわかるけど気力が続かない方、一冊本をキッチンに置いてみませんか?

面倒な時にページをめくると、少しやる気が湧いてきて、きれいな写真を見るとちょっと作る気が湧いてきます。

これ、スマホだとすぐ別のサイトを見てしまったり寝そべってしまったりするから、本じゃないとダメなんです。

「こんなにいいことばっかりなら食べたいな」って思えますよ。


-野菜

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2018 All Rights Reserved.