野菜とアロマテラピーの力で、美しく楽しい暮らし

たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー

野菜

食塩摂取量の県別ランキング|平成24年健康日本21・国民栄養調査から

更新日:

一日の塩分摂取量、目標は男性8g/女性7g

2015年4月1日から、厚生労働省による日本人のナトリウム(食塩相当量)の目標量は男性8.0g/日未満、女性7.0g/日未満に変わりました。

それがどのぐらい難しいのかな?実現できるのかな?と2012年のデータを見てみますと、けっこう厳しい目標のようです。

食塩8g

食塩8g

食塩8g、量ってみたらこのぐらい。

食塩8g

食塩8g

カレーを食べるスプーンに盛ってみました。
こうしてみるとけっこうあるなと思うけれど、カップラーメン1個に5gぐらいは普通に入っていることを考えると、なんだか少なく思えてくる量…というか、塩単体で見つめていたら、かえってよくわからなくなってきました(笑)
一度この微妙な気持ちを一緒に味わってみませんか?

以下の図は「厚生労働省 健康日本21(第二次)分析事業 平成24年 国民健康・栄養調査結果について」よりお借りした平成24年の食塩摂取量マップですが、男性で10g以下の県はなんと沖縄のみ。

女性で9g以下の県も、西日本の7府県だけでした。

平成24年(2012年)の結果

 

食塩摂取量の県別ランキング

食塩摂取量の県別ランキング

それでも前回の調査結果から比べると減っている!

ちなみに前回の結果では、我が福島県は塩分量も肥満度も野菜摂取量もなんでもかんでも上位なのに肉の量だけほぼ最下位に近くて、いったい何で太っているんだか混乱したことを記事にしました

 

個別のもっと詳しいデータはこちらで参照することができましたので、以下、男女別・県別ランキング形式で並び替えてみました。

スポンサーリンク

336x280-1画像とテキスト

 

平成24年:1日あたり平均野菜摂取量(男性)

政府統計のe-statの国民健康・栄養調査平成24年国民健康・栄養調査2012年から、第51表の食塩類摂取量の平均値(20歳以上、性・都道府県別、年齢調整)の表を基に作成しました。

平均年齢は56才です。

20歳以上:男性:一日当たり摂取量(単位:g)

順位 都道府県 平均値
1位 岩手県 12.9
2位 長野県 12.6
3位 山形県 12.4
4位 秋田県 12.3
5位 山梨県 12.3
6位 埼玉県 12.2
7位 千葉県 12.1
8位 福島県 12.1
9位 石川県 12.0
10位 栃木県 11.9
11位 福井県 11.8
12位 新潟県 11.7
13位 群馬県 11.7
14位 宮城県 11.7
15位 青森県 11.7
16位 神奈川県 11.6
17位 山口県 11.6
18位 滋賀県 11.4
19位 静岡県 11.4
20位 東京都 11.4
21位 茨城県 11.3
22位 長崎県 11.3
23位 富山県 11.3
24位 三重県 11.1
25位 鹿児島県 11.1
26位 宮崎県 11.0
27位 島根県 11.0
28位 岐阜県 11.0
29位 兵庫県 11.0
30位 大分県 11.0
31位 広島県 10.9
32位 愛知県 10.8
33位 奈良県 10.8
34位 香川県 10.8
35位 岡山県 10.8
36位 北海道 10.7
37位 愛媛県 10.7
38位 熊本県 10.7
39位 鳥取県 10.7
40位 京都府 10.7
41位 福岡県 10.7
42位 佐賀県 10.6
43位 徳島県 10.4
44位 和歌山県 10.2
45位 大阪府 10.2
46位 高知県 10.1
47位 沖縄県 9.5
全国 11.3

 

平成24年:1日あたり平均野菜摂取量(女性)

20歳以上:女性:一日当たり摂取量(単位:g)

女性は男性に比べて摂取量が少ないですが、これは女性が薄味好みというよりは、食べる量が少ないからではないかと予想しています。

順位 都道府県 平均値
1位 岩手県 11.1
2位 長野県 11.1
3位 埼玉県 10.5
4位 山形県 10.5
5位 山梨県 10.3
6位 秋田県 10.2
7位 千葉県 10.2
8位 宮城県 10.1
9位 群馬県 10.1
10位 石川県 10.1
11位 宮崎県 10.0
12位 新潟県 10.0
13位 福島県 9.9
14位 栃木県 9.9
15位 静岡県 9.9
16位 福井県 9.8
17位 青森県 9.8
18位 茨城県 9.8
19位 富山県 9.7
20位 北海道 9.7
21位 東京都 9.7
22位 鹿児島県 9.6
23位 神奈川県 9.6
24位 島根県 9.6
25位 三重県 9.6
26位 岐阜県 9.5
27位 京都府 9.5
28位 兵庫県 9.4
29位 愛媛県 9.4
30位 愛知県 9.4
31位 熊本県 9.3
32位 奈良県 9.3
33位 岡山県 9.3
34位 滋賀県 9.3
35位 福岡県 9.1
36位 和歌山県 9.1
37位 山口県 9.1
38位 鳥取県 9.1
39位 大分県 9.1
40位 徳島県 9.1
41位 広島県 8.9
42位 高知県 8.9
43位 長崎県 8.9
44位 香川県 8.8
45位 佐賀県 8.7
46位 大阪府 8.7
47位 沖縄県 7.8
全国 9.6

 

 「健康日本21」って聞いたことありますか?

健康日本21」は、厚生労働省が主導する、国民の健康をみちびくような方向性や課題、目標などを設定する政府の方針です。

よく聞く「野菜1日350g」をはじめとして「受動喫煙をなくそう」「孤食を減らそう」などの目標はこの方針から始まっています。2013年に改訂されて、現在は第2次に入っています。

その結果をまとめたものが「厚生労働省 健康日本21(第二次)分析事業 平成24年 国民健康・栄養調査結果について」で見ることができます。

細かいデータまでは見なくても、県別データに基づいたマップを見るだけでも、自分が思っている常識とちょっと違っているところが面白いです。
東北地方がこんなに太っているとは思いもよらなかった…

同じ調査結果の中の、野菜摂取量も県別ランキング形式にまとめました。
あなたがお住まいの県は、どのぐらい野菜を食べていますか?

塩分摂りすぎ、家庭の食事が原因?

福島県では、2017年7月に食行動に関する調査の結果が発表されましたが、その分析結果がとても興味深かった!

福島県民の塩分摂取量については、

1)家庭での食事が原因

2)男性よりも女性が改善されていない 

のだそうです。(詳しくは2017年7月14日の福島民友の記事を参照)

 

これまで塩分摂りすぎの理由は外食や買って食べる食事が定説だとおもっていたのに、まさかおうちごはんが原因とは!

減塩は生活習慣病の予防などのメリットは充分知られていますが、過剰な食欲を抑えたり、内臓への負担を減らすことでお肌が生き生きしてきたりと美容的な効果も望めます。

おうちの味付けやドレッシングの使い方、ちょっと見直してみませんか?

 

 

ゆる~く続ける減塩の掟

簡単な減塩のポイントはいくつかあって

1)染み込ますよりかける→煮物より焼き物、焼きものより茹でもの 

塩分が食品の表面に近いと、塩味を早く感じられます。

特に噛まない人!食べるのが早い人に効果的です。

少ない咀嚼で味がするくらい煮物に味を付けちゃってる…に心あたりがある場合は要注意かも。

いったん舌をリセットさせる期間を設けるといいんですが、その時はぜひ茹で肉・温野菜で慣らしてください。
味を薄めた煮物は途中で心が折れやすい~

 

2)かけるものの食塩量を減らす

醤油よりポン酢

ポン酢よりドレッシング

ドレッシングに野菜などを混ぜてさらに薄めたもの(←今回ここ)

というふうに、かけるものをより素材に近くしていくことで、自然な味に舌が慣れていきます。

我が家の場合は

照り焼き→ハーブ焼き→サラダチキン+ワサビ醤油→サラダチキン+生姜ポン酢→今回のソース

…という段階を踏みながら少しずつ慣れてもらいました。

ディップとかがもっと身近になるといいな。

パーティーメニューとしてだけではなくて、日常でお肉やお魚・温野菜と一緒に食べられるようになるといいんじゃないかなー。

 

3)塩分を排出させる野菜を一緒に食べる 

塩分排出といえばカリウム!

カリウムがたくさん入った野菜を食べて出すのも大事。

詳しくは検索して調べてもらうといいのですが、ざっくり覚えるなら

夏野菜

緑の濃い葉物(ほうれんそう、小松菜、ニラ、大葉など)

と覚えると簡単です。

 

4)薬味やダシを効かす 

塩分がなぜなかなか減らせないかと言えば、それはやっぱりお口に気持ちいい刺激だから。

なので、その刺激を別の刺激に置き換えてごまかしていけばいい。

薬味のピリリとした刺激

出汁の旨み

上手に使うと、ほんとに塩分減らせます!
糖尿病用の食事本を読むとけっこうおススメされている方法です。

最近頂いて、ほんとにおいしかった出汁パック!しかも減塩バージョンもあります。
袋破って、中身をそのまま使ってもいいという使い道の幅広さも好き。

TBSラジオ「たまむすび」で博多大吉先生・笹川アナウンサーも激おススメしてましたよ。

薬味やスパイスは美容・健康にいい成分もたっぷり。

単に塩の置き換えだけではなくて、取り入れることが習慣化するとより美がこちら側に寄ってきます。

336x280-1画像とテキスト

336x280-1画像とテキスト

ご注意



◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。


野菜を食べて健康できれいになりたいけれど、どうしていいかわからない方、どうしていいかはわかるけど気力が続かない方、一冊本をキッチンに置いてみませんか?

面倒な時にページをめくると、少しやる気が湧いてきて、きれいな写真を見るとちょっと作る気が湧いてきます。

これ、スマホだとすぐ別のサイトを見てしまったり寝そべってしまったりするから、本じゃないとダメなんです。

「こんなにいいことばっかりなら食べたいな」って思えますよ。


-野菜
-

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2018 All Rights Reserved.