アロマ アロマクラフト

2018/10/9

手作りヨガマットスプレーの作り方|お手入れにおすすめのエタノール濃度は20%

ヨガマットスプレー買ってますか?   ヨガをしている方は多いと思うのですが、ヨガマット用のクリーナーを使っている方はいますか? ↓こういう感じのものです ヨガスプレー【コーム】   消臭と汚れ落としが主な目的ですが、ヨガマットスプレーはアルコール+水+エッセンシャルオイルで作られているものがほとんどで、実は自分で作るのがとても簡単。   そして一度作ってしまえば、ヨガマットに限らず様々な除菌に使えます。   もし手元にエッセンシャルオイルとヨガマットをお持ちの方は、 ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2019/3/12

初めてのアロマ蜜ろうクリームの作り方|材料の選び方~使い方まで|ヘアバーム・リップ・ハンドクリームに

蜜ろうクリーム 【手作りコスメ入門編】蜜ろうクリームを作ってみよう   蜜ろうクリームって何?どこがいいの?と疑問をお持ちの方。   顔・体・手・髪・爪・唇・香り…と様々に使い道の分かれたクリームが出ていますが、その役割ぜーんぶまとめて1つでケアできるのが蜜ろうクリームです。   楽でいい!シンプルでいい!   アロマテラピーを使った手作りコスメの中で、最も幅広く使えてアレンジ力があるのは、それが化粧品の基本中の基本だから。   作り方は蜜ろうに好みの植物 ...

ReadMore

椿油で蜜ろうクリーム

アロマクラフト キャリアオイル

2018/3/31

椿油ベースの蜜ろうクリームつくりました|髪から足まで全身使える万能バーム

椿油で蜜ろうクリーム:溶かしたての頃 椿油を全身で使ってみようと思い、蜜ろうクリームにしました 先日、熊本県益城町産の椿油を頂きました。 国産材料を使って、昔ながらの方法で絞られた油です。油についてはこちらで記事にしましたのでご覧ください。 よくみかける椿油ですが、意外と国産が材料に使われていないじゃないか!という話です。 椿油は、使い方の前に買い方から|それほんとに椿油?   で、せっかくのちゃんとした椿油ですから全身に使ってみようと思いまして、こぼす心配のない蜜ろうクリームを作りました。 蜜 ...

ReadMore

アロマクラフト

2018/3/12

手作りアロマスプレーをフレッシュに保つための、使い切れる精油の選び方

手作りスプレーのための精油選び 手作りヨガマットスプレーを作るときのコツ、として、前回は出来上がりのアルコール濃度について記事にしました。 スプレーの作り方については以下の記事をご覧ください。 手作りヨガマットスプレーの作り方|おすすめのエタノール濃度は20% 脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥 今回はその他の材料の事。 香りや作用をフレッシュに保つには、どう材料を選んだらいいのか? 特にこれから初めてスプレーを作る方、新たに精油を買い足してみようとお考えの方に読んでほしい内 ...

ReadMore

1g量れるスプーン

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】計量スプーンで蜜ろう1gは量れるか?

1g量れるスプーン  計量スプーンで1gの蜜ろうを量ってみます 今回は蜜ろう(ビーズワックス)の量を、デジタルスケールを使わず計量スプーンを使って量る方法です。 前回は生活の木の蜜ろうをサンプルに、粒の数を数えてだいたいの重さを推測する方法を書きましたが、それだと他メーカーの蜜ろうには対応できないため、今日は計量スプーンでざっくり量ったらどのぐらいになるか?を試してみました。 結論として、蜜ろうは1g計量スプーン山盛り一杯でおおよそ1gになるということがわかりました。 以下、山盛り一杯ってどのぐらい?とい ...

ReadMore

蜜ろう1粒の重さは何グラム?

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】生活の木の蜜ろう1粒の重さは何グラム?

蜜ろう1粒の重さは何グラム? ちょっとだけ蜜ろうクリームを作りたいときに知りたかったコト 手作り化粧品のレシピを見ていると1g~のとても少ない単位で材料を使うことがよくありますが、家にデジタルスケールがない場合はこれが量れません。 特に蜜ろうを使うとき、これ一粒は何グラムなんだろう?これがわかったら粒数数えて入れられるかな?…と思うことが多かったので、実際に量ってみました。 ちょびっとずつ蜜ろうクリームを作るときの参考にしてください。 蜜ろうクリームのことはここで書いてます! 好きな精油の香りを持ち歩く| ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2018/3/31

好きな精油の香りを持ち歩く|蜜ろうクリームの練り香水

蜜ろうクリーム  蜜ろうクリームにして、好きな香りを持ち歩く ちょっと前に、転機の人が好むアロマブレンドのことを書きました。 ゼラニウムとサイプレスの組み合わせで、2015年最も気に入って、事あるごとに使っていた香り。 ゼラニウムもサイプレスも、どちらもホルモンバランス調整の作用がある精油です。 記事に起こしたらやっぱりまた気になり始まって、ふとした時にすぐ香りが楽しめる練り香水を作ることにしました。 練り香水というと難しそうですが、香りが強めの蜜ろうクリームです。 リップクリームの香りが強いものとイメー ...

ReadMore

香水ディフューザー

アロマ アロマクラフト

2019/3/16

使わない香水で作るリードディフューザー濃度調整のコツ【ルームフレグランス】

大好きな香水をきちんと使い切りたいあなたへ 使わないまましまい込んでいる香水をお持ちではありませんか?   香水は瓶がかわいかったり、くださった方や使っていた時の記憶が閉じ込められていたりで、なかなか「いらないから捨てる」ことができません。   なにより自分が気に入って手に入れたり、大切な人からの贈り物であることが多い香水は、やっぱりきちんと使い切りたいものです。   アルミキャップできっちり封がしてあるものならそれほど早くは変質しないそうですが、口が開いているタイプだとどん ...

ReadMore

日記・雑記

私の料理は切って混ぜるだけ|目的は野菜を料理することではなく食べることです

更新日:

ゆき菜

ゆき菜

去年はじめてテレビのお料理コーナーへの出演依頼が来たときにまず思ったことは、なんで私?でした。

野菜ソムリエではありますが、料理人でも料理教室主催者でもないし、お料理上手なんて人はわらわらいます。
野菜ソムリエをしている人にはプロの料理人や先生がたくさんいるので、そちらに依頼したらどうでしょうか…と返答して、なんとか依頼をはぐらかそうとしました。ひとえに自信がなかったのです。

 

そのくせ実際自分が毎日食べているものに関しては、おいしい野菜を選べば調理手順は少ないほどおいしい!と感じていました。
旬真っただ中の、新鮮で丁寧に育てられたものは、皮むいて食べるだけ、塩でもむだけ、茹でるだけ、切るだけ…で大満足。
そんな経験を数々の農家さんがさせてくれたことで、思いは日々深まっていました。
それなのに「調理技術がないから」「未熟だから」と断ったのです。

本当にそう思っているのならば、プロの調理経験が全くないプロフィールの私のほうが説得力を持って「野菜はこのぐらい簡単に食べた方がおいしい!」と伝えることができるはず。

思っていることとやっていることが大きく矛盾しています。

 

自分が経験から感じたことを口に出すのをためらうのは、それが信念にまで昇華していないからです。
「簡単な調理法でも、野菜のおいしさを見極めれば、心も体も喜ぶ方法で食べられる」
これがまだ仮説程度にしか自分の中に立ち上がっておらず、自信を持って口にできませんでした。

自分が感じる「おいしい」の感覚にも自信がなかったし、
料理がヘタなことも自信がなかったし、
なにより野菜や食べ物にまつわるすべての分野に経験がないことに引け目を感じていました。

自分のしていることに、自分が納得できるだけの根拠がないから。

 

だけど今は、切って混ぜるだけの自分の食べ方をこうしてブログに書くことに、少しずつ意味を見いだせるようになってきました。(進行形)

 

まずは昨年お会いした「料理」を「教える」ことのプロである冨士田かおり先生のおかげです。
先生のブログを通じて経験を積んだプロとその技術について何度も考えた結果、いよいよ自分がしていることはおこがましいことなのかも…と頭を悩ませたこともありましたが、「教えること」と「伝えること」の区別ができるようになりました。

この2つを混同していたから、変な自信のなさに繋がっていたのだと思います。
伝えることのよさはフィードバックがもらえること。
「私はこうしています」と表明すると「こうしたらもっといい」「こんな方法もある」と意見を頂けることが「伝える」活動のよさです。

経験と技術の完成形である先生にはなれないのなら、教える態度ではなく伝えていく流動的な存在であろう、と整理がついたことで考えがまとまってきました。
感じたことが信念の形にまだなっていないのならば、形になるまで動いていようという考えです。

もう一人大事なことを教えてくださったのはおだしプロジェクトの土岐山協子さんです。
土岐山さんからは「家で食べるもの」についての考え方を教えて頂きました。
家で食べるものが、料理人が作ったもののようなおいしさである必要があるだろうか?
家庭料理に大事なものは愛情ではないだろうか?
人が愛情を持って食卓を囲めるために必要なことはなにか?

栄養や安全性に拠った視点で野菜を食品として扱うか、安心できる場所で好きな人と一緒に食べる「ごはん」として扱うかの違い。
どんなに食品として優れていても、ご飯として食べる機会がなければ結局口には入りません。
入らなければ心にも体にもならない。
そういう意味で、家で無理せず継続して食べられる方法を探していくことの大切さに改めて気づくことができました。

最後に言葉ではなく態度で教えてくれたのは、昨年お会いしたすべての農家さんです。
お1人お1人の言葉もそうでしたが「農産物を作る人達」という大きな単位で共通する取り組み方。

収穫したそのままの野菜をお話と一緒に頂く中で、農家の方々が「今が一番おいしい!」又は「今収穫すれば一番おいしい状態で消費者の手元に届く」と判断して収穫作業をしてくださっているのを繰り返し目の当たりにする中で、それをできるだけそのままの形に近い状態で頂く食べ方の何がいけないんだろう?とやっと腑に落ちた。

私たちが食べている野菜や果物は、作り手の方が毎日じっと見つめて、何かを感じて、触れて作った時間のかたまりです。
それがたまたま食べられる形になっています。
それがたまたま「おいしい」という信号で伝わってきます。

切って混ぜるだけでもおいしく食べられるものを作ってくれている農家さんの努力を見つづけて、ようやく今は口に出せます。

簡単な調理法でも、野菜のおいしさを見極めれば、心も体も喜ぶ方法で食べられます。

それはひとえに、日本の農家さん・流通させてくれている方の日々の仕事がスゴイからです。

私が紹介する食べ方はレシピとも呼べないようなものですが、その代わり忙しくて時間がない人でも、子供でも作れるものばかりです。
目的は野菜を「料理すること」ではなくて「食べること」。
食べることで心身ともに幸せになること。

幸せの形は「おいしい」でも「楽しい」でも「痩せる」でも人それぞれ。
そういう話題が集まってくる人になりたいです。

野菜の栄養のことが知りたい人は、栄養を取ることが目的なのではなくて、栄養を取ってよりよくなりたいと願っている。
万事に付け、このことを忘れないようにしたいです。

2016年度はじめ、現在の私はこんなことを思いながら活動しております。
未熟ではありますが、どうぞよろしくお願いいたします。

ご注意

◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-日記・雑記

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2020 All Rights Reserved.