脱臭のための重曹

アロマ家事

2018/8/21

ティーツリーで靴も下駄箱もまとめて消臭する方法|アロマインストラクターのお掃除マニュアル

脱臭のための重曹 下駄箱の臭い、気づかれてますよ! とある講演会で市民会館の大ホールへ行った時に、座席にいたらプーンと臭ってきたのは誰かの家の下駄箱の臭い。   ちょうど衣替えの季節だったので「久しぶりに出した靴を履いてきたのかな」と思いました。   ・下駄箱の扉を開けたときにちょっと臭う   ・靴をとろうとかがんだ時に靴の臭いがわかる   ・自分の靴下の臭いがわかる   もしあなたが以上のことに当てはまっているならば、その臭いは靴にも移って他の人も気づい ...

ReadMore

アロマ家事 ハッカ油

2018/8/28

効果的なアロマお掃除の方法とおすすめエッセンシャルオイル6本【アロマ家事】

掃除にアロマを取り入れよう 日々のリラックスやセルフケアにアロマを使っているなら、お掃除にも使ってみませんか?   いま使っている道具や手順にエッセンシャルオイルを足すだけで、あっという間にアロマお掃除に早変わり。   汚れや嫌な臭いがなくなるだけでなく、掃除しているあなたの気分がとっても良くなります。   エッセンシャルオイルは買ってみたけれど、忙しくてなかなかまとまってアロマを楽しむ時間が取れないかたには特にぴったり。   毎日しているちょっとした軽い家事の時間 ...

ReadMore

アロマ家事

2018/8/31

アロマで洗濯機も服もまとめて消臭!効果の高いタイミングや精油選びのコツ

室内干しの臭い・洗濯機のカビ対策にアロマを使おう   お洗濯の時、洗剤にちょこっと精油を足してみませんか? もう15年近く使用している年季の入ったうちの洗濯機、ちょっとカビやにおいが出てきた時期がありました。 その際に抗菌・抗カビ作用のある精油を加えてお洗濯をするのを始めたのですが、その防カビ作用もさながら洗濯中に香りが広がるのが大変気に入りまして。 臭いが治まってからも、朝のディフューザー代わりにこの習慣は続いています。   洗濯槽のカビが防げて、 洗濯物の臭いもつきづらく、 洗濯機 ...

ReadMore

防災用品のチラシ

アロマ家事

2017/12/16

非常持ち出し袋にオレンジ精油を入れておこう

防災用品のチラシ これから非常持ち出しセットを作る方のために 熊本・九州での地震の被害に遭われた皆様に、心からのお見舞いを申し上げます。 皆様のご無事をお祈りしております。 今回の一連のニュースを見ていて「地震は予知できない」「いつ起こってもおかしくない」ということがよくわかりました。 その中で非常持ち出し袋を見直している方もいらっしゃると思うのですが、もしアロマテラピーにご興味があるのなら、オレンジ精油を一本入れておいてはいかがでしょうか。 精油は未開封なら3年~5年もちます。 一見無駄なもののように思 ...

ReadMore

重曹でシンク掃除

アロマ家事

2018/8/6

重曹+精油だけでシンクの掃除|前後写真でツヤを比較

重曹でシンク掃除 重曹と精油だけでも磨けます   重曹はいろんなところのお掃除にクレンザー・洗剤代わりに使えるとっても便利なものですが、調べてみるとクエン酸?石鹸と混ぜる?煮てつけ置き?などなどいろんな方法が出てきて迷ってしまうこともしばしば。   がっちり焦げがこびりついている…わけではない、通常のキッチンシンク・洗面台のボウル磨きでしたらば重曹だけでも十分にツヤを取り戻せます。   私は普段、重曹+精油だけでシンクと洗面台の掃除をしていまして、精油を使うことで、香りとその ...

ReadMore

畳あげ

アロマ家事 ハッカ油

2017/12/16

カビ臭さの消臭:拭き掃除にもハッカ油を足しました

ハッカ油 ハッカ油で消臭:かなりの臭いが抑え込めました ハッカ油をこの夏のうちに使い切ろうと、いろんな用途に使っています(クリックすると、ハッカ油の記事一覧に飛びます)。 今度は消臭! この夏、ずっと気になっていた茶の間のカビ臭さ。 ついに意を決して畳上げをしたところ、やっぱりかびていました。 畳は干しましたが、床部分がかなり臭かったので、ハッカ油を足した水で拭き掃除したところカビ臭さが消えました! お風呂にハッカ油を足すようになってから、浴室のカビ臭さも減ったので消臭効果もあるんだな~ぐらいの感覚でおり ...

ReadMore

除菌消臭スプレーを自分で作る理由

アロマ家事

2017/11/24

脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥

除菌消臭スプレーを自分で作る理由 脳へのご褒美がアロマテラピーの本質 除菌消臭スプレー使ってますか? 私は精油を使った自作のスプレーを使っています。 自作の理由はいろいろあるのですが、一番の理由は「その方が脳が喜ぶから」です。 予防医学情報研究所 朝川兼行 asakawa-lab.jp 他の五感(視覚・触覚)と違って、香りは脳へダイレクトに伝わる本能的なもの。 要らないものは目に入らない、大事じゃないことは聞こえないなどの例外なく、0.2秒で脳に伝わるのが嗅覚です。 鼻の粘膜に香り成分がピタッとくっついて ...

ReadMore

日記・雑記

ここに来るまでに必要だったけど、もういらないから捨てた

更新日:

journal

15年ぐらい前に買って、5年前ぐらいから捨てようかどうか迷い続けて捨てられなかったものを今日捨てました。

アメリカにいた頃に、友人との旅行先で買った置き型の小物入れ。
いかにもアメリカらしいどギツいぐらいにkawaiiの権化な少女趣味のデザインで、当時ですら「ちょっと女の子っぽすぎるかな…でもかわいいから買っちゃえ!」と勇気を出して買ったものでしたが、30を超えたあたりを起点にどんどん自分像から遠くなり、この1年は毎回掃除の度に捨てようかどうしようか迷いつづけていたものです。

通算100回以上は捨てようかどうか迷って捨てられなかった理由は、それを見るたびに買ったお店やその空気、隣にいた友人の顔まで思い出せる強力な思い出トリガーだったから。

中にはその当時に関係する捨てられない小物(その友人の結婚記念マッチとか)を入れていて、外側を捨てる踏ん切りがつきそうなときでも中身が全力で引き戻す。開ければ開けただけ別の同じ時代の匂いが湧いて出る、思い出マトリョーシカ。

でももっと大きな理由はきっと、アメリカに行ってようやく「女の子っぽいものを買うこと」を自分に許すようになって買ったものの代表的な1つだからだと推測しています。

留学してよかったことが私にはいくつかあって、それは
(1)英語等、学校で学べたこと
(2)父とたくさん話せたこと
(3)ピンクを着られるようになったこと

なのですが、この(3)とはつまり、自分に女性的な持ち物を許せたということです。あまりにも個人的で自分でも無意識な体験すぎて、これがいい変化だったと気づいたのは帰国して数年が経ってからでした。

小さいころから体が大きく、女子高→女子大にいた私はずっと自分を男性側にカテゴライズして暮らしていました。ブルーとか紺なんかを好んで着る側で、間違ってもピンクのふりふりを着ない側の人たちです。

しかし渡米後、アメリカで私が属したのは「アジア人」というひどくざっくりしたカテゴリーだった(90%以上が白人のエリアに暮らしていました)のと、私よりでかくてごつい女性なんてワンサカいたため相対的に女性側に寄ったのとで、日本にいた頃に感じていた男性性とか女性性とかのものさしはすっかり吹っ飛んでしまい、無事ピンクを着ることができるようになりました。

余談ですけど、外国に行って価値観が変わっちゃう人と変わらない人の違いがありますが、変わる人は日本にいる間日本でしか通用しない世間の常識や、ローカルルールに縛られている度合いが強かった人なんじゃないかと思います。
大学デビューにしても、社会人デビューにしても、目盛りが細かい物差しで作られているこれまでのルールが通用しなくなってどうでもよくなるか、新しい物差しに乗り換えたか、或いは環境に左右されない自分の価値観ができたのか…で人は変わるのだと思います。

で、この経験に近いことを「ピンクとの和解」というストレートな言葉でジェーン・スーさんが表現していて、なるほどなーと思った時のことを覚えています。

この(ピンクへの)嫌悪はいつまでも続くものだと思っていました。

しかし、四十代の背中が見え始め、自分が女であることにも慣れ、

女としての記号的な性的価値が下がり始めてようやく、

ピンクが似合う女ではないことが、どうでもよくなりました。

ようやく、ピンクが似合うことが愛される必須条件ではないと、

体験的に理解したからでしょう。Vol.19 ピンクと和解せよ

たぶん私の場合は、白人だらけのアメリカの田舎都市に住んで、そこの記号や価値にぜんっぜん乗っかることができなくなって初めて「ピンクが似合う女ではないことが、どうでもよくなりました」の境地にたどり着けたのだと思います。

当時は自分でも無意識でしたが、比べる物差しがなくなって、よーやくほんとは着てみたかった色に手を出せたのでしょう。

その当時買ったモノや服は本当にピンク色やかわいくてlovelyなデザインのものが多いです…で、今日はその親分格を捨てることができました。
もう私はピンクと和解した証書を持ち続けなくてもいい、とやっと腹の底から思えたんだと思う(まだ推測)。
勇気が要りました。なんなら、まだゴミ箱から拾ってしまうかもしれないボーダーライン上にいます。

しかし、大きな達成感があります。

ここに来るまでに必要だったけど、もういらないから捨てた。
そう思うと、拾わないで済む気がします。

自分史における20代前半時代の美的感覚と決別できてスッキリして、捨てただけなのに一歩進んだような気分です。

 

310tkd336x280A

ご注意



◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-日記・雑記

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2018 All Rights Reserved.