アロマ アロマクラフト

2018/10/9

手作りヨガマットスプレーの作り方|お手入れにおすすめのエタノール濃度は20%

ヨガマットスプレー買ってますか?   ヨガをしている方は多いと思うのですが、ヨガマット用のクリーナーを使っている方はいますか? ↓こういう感じのものです ヨガスプレー【コーム】   消臭と汚れ落としが主な目的ですが、ヨガマットスプレーはアルコール+水+エッセンシャルオイルで作られているものがほとんどで、実は自分で作るのがとても簡単。   そして一度作ってしまえば、ヨガマットに限らず様々な除菌に使えます。   もし手元にエッセンシャルオイルとヨガマットをお持ちの方は、 ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2019/3/12

初めてのアロマ蜜ろうクリームの作り方|材料の選び方~使い方まで|ヘアバーム・リップ・ハンドクリームに

蜜ろうクリーム 【手作りコスメ入門編】蜜ろうクリームを作ってみよう   蜜ろうクリームって何?どこがいいの?と疑問をお持ちの方。   顔・体・手・髪・爪・唇・香り…と様々に使い道の分かれたクリームが出ていますが、その役割ぜーんぶまとめて1つでケアできるのが蜜ろうクリームです。   楽でいい!シンプルでいい!   アロマテラピーを使った手作りコスメの中で、最も幅広く使えてアレンジ力があるのは、それが化粧品の基本中の基本だから。   作り方は蜜ろうに好みの植物 ...

ReadMore

椿油で蜜ろうクリーム

アロマクラフト キャリアオイル

2018/3/31

椿油ベースの蜜ろうクリームつくりました|髪から足まで全身使える万能バーム

椿油で蜜ろうクリーム:溶かしたての頃 椿油を全身で使ってみようと思い、蜜ろうクリームにしました 先日、熊本県益城町産の椿油を頂きました。 国産材料を使って、昔ながらの方法で絞られた油です。油についてはこちらで記事にしましたのでご覧ください。 よくみかける椿油ですが、意外と国産が材料に使われていないじゃないか!という話です。 椿油は、使い方の前に買い方から|それほんとに椿油?   で、せっかくのちゃんとした椿油ですから全身に使ってみようと思いまして、こぼす心配のない蜜ろうクリームを作りました。 蜜 ...

ReadMore

アロマクラフト

2018/3/12

手作りアロマスプレーをフレッシュに保つための、使い切れる精油の選び方

手作りスプレーのための精油選び 手作りヨガマットスプレーを作るときのコツ、として、前回は出来上がりのアルコール濃度について記事にしました。 スプレーの作り方については以下の記事をご覧ください。 手作りヨガマットスプレーの作り方|おすすめのエタノール濃度は20% 脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥 今回はその他の材料の事。 香りや作用をフレッシュに保つには、どう材料を選んだらいいのか? 特にこれから初めてスプレーを作る方、新たに精油を買い足してみようとお考えの方に読んでほしい内 ...

ReadMore

1g量れるスプーン

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】計量スプーンで蜜ろう1gは量れるか?

1g量れるスプーン  計量スプーンで1gの蜜ろうを量ってみます 今回は蜜ろう(ビーズワックス)の量を、デジタルスケールを使わず計量スプーンを使って量る方法です。 前回は生活の木の蜜ろうをサンプルに、粒の数を数えてだいたいの重さを推測する方法を書きましたが、それだと他メーカーの蜜ろうには対応できないため、今日は計量スプーンでざっくり量ったらどのぐらいになるか?を試してみました。 結論として、蜜ろうは1g計量スプーン山盛り一杯でおおよそ1gになるということがわかりました。 以下、山盛り一杯ってどのぐらい?とい ...

ReadMore

蜜ろう1粒の重さは何グラム?

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】生活の木の蜜ろう1粒の重さは何グラム?

蜜ろう1粒の重さは何グラム? ちょっとだけ蜜ろうクリームを作りたいときに知りたかったコト 手作り化粧品のレシピを見ていると1g~のとても少ない単位で材料を使うことがよくありますが、家にデジタルスケールがない場合はこれが量れません。 特に蜜ろうを使うとき、これ一粒は何グラムなんだろう?これがわかったら粒数数えて入れられるかな?…と思うことが多かったので、実際に量ってみました。 ちょびっとずつ蜜ろうクリームを作るときの参考にしてください。 蜜ろうクリームのことはここで書いてます! 好きな精油の香りを持ち歩く| ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2018/3/31

好きな精油の香りを持ち歩く|蜜ろうクリームの練り香水

蜜ろうクリーム  蜜ろうクリームにして、好きな香りを持ち歩く ちょっと前に、転機の人が好むアロマブレンドのことを書きました。 ゼラニウムとサイプレスの組み合わせで、2015年最も気に入って、事あるごとに使っていた香り。 ゼラニウムもサイプレスも、どちらもホルモンバランス調整の作用がある精油です。 記事に起こしたらやっぱりまた気になり始まって、ふとした時にすぐ香りが楽しめる練り香水を作ることにしました。 練り香水というと難しそうですが、香りが強めの蜜ろうクリームです。 リップクリームの香りが強いものとイメー ...

ReadMore

香水ディフューザー

アロマ アロマクラフト

2019/3/16

使わない香水で作るリードディフューザー濃度調整のコツ【ルームフレグランス】

大好きな香水をきちんと使い切りたいあなたへ 使わないまましまい込んでいる香水をお持ちではありませんか?   香水は瓶がかわいかったり、くださった方や使っていた時の記憶が閉じ込められていたりで、なかなか「いらないから捨てる」ことができません。   なにより自分が気に入って手に入れたり、大切な人からの贈り物であることが多い香水は、やっぱりきちんと使い切りたいものです。   アルミキャップできっちり封がしてあるものならそれほど早くは変質しないそうですが、口が開いているタイプだとどん ...

ReadMore

日記・雑記

ここに来るまでに必要だったけど、もういらないから捨てた

更新日:

journal

15年ぐらい前に買って、5年前ぐらいから捨てようかどうか迷い続けて捨てられなかったものを今日捨てました。

アメリカにいた頃に、友人との旅行先で買った置き型の小物入れ。
いかにもアメリカらしいどギツいぐらいにkawaiiの権化な少女趣味のデザインで、当時ですら「ちょっと女の子っぽすぎるかな…でもかわいいから買っちゃえ!」と勇気を出して買ったものでしたが、30を超えたあたりを起点にどんどん自分像から遠くなり、この1年は毎回掃除の度に捨てようかどうしようか迷いつづけていたものです。

通算100回以上は捨てようかどうか迷って捨てられなかった理由は、それを見るたびに買ったお店やその空気、隣にいた友人の顔まで思い出せる強力な思い出トリガーだったから。

中にはその当時に関係する捨てられない小物(その友人の結婚記念マッチとか)を入れていて、外側を捨てる踏ん切りがつきそうなときでも中身が全力で引き戻す。開ければ開けただけ別の同じ時代の匂いが湧いて出る、思い出マトリョーシカ。

でももっと大きな理由はきっと、アメリカに行ってようやく「女の子っぽいものを買うこと」を自分に許すようになって買ったものの代表的な1つだからだと推測しています。

留学してよかったことが私にはいくつかあって、それは
(1)英語等、学校で学べたこと
(2)父とたくさん話せたこと
(3)ピンクを着られるようになったこと

なのですが、この(3)とはつまり、自分に女性的な持ち物を許せたということです。あまりにも個人的で自分でも無意識な体験すぎて、これがいい変化だったと気づいたのは帰国して数年が経ってからでした。

小さいころから体が大きく、女子高→女子大にいた私はずっと自分を男性側にカテゴライズして暮らしていました。ブルーとか紺なんかを好んで着る側で、間違ってもピンクのふりふりを着ない側の人たちです。

しかし渡米後、アメリカで私が属したのは「アジア人」というひどくざっくりしたカテゴリーだった(90%以上が白人のエリアに暮らしていました)のと、私よりでかくてごつい女性なんてワンサカいたため相対的に女性側に寄ったのとで、日本にいた頃に感じていた男性性とか女性性とかのものさしはすっかり吹っ飛んでしまい、無事ピンクを着ることができるようになりました。

余談ですけど、外国に行って価値観が変わっちゃう人と変わらない人の違いがありますが、変わる人は日本にいる間日本でしか通用しない世間の常識や、ローカルルールに縛られている度合いが強かった人なんじゃないかと思います。
大学デビューにしても、社会人デビューにしても、目盛りが細かい物差しで作られているこれまでのルールが通用しなくなってどうでもよくなるか、新しい物差しに乗り換えたか、或いは環境に左右されない自分の価値観ができたのか…で人は変わるのだと思います。

で、この経験に近いことを「ピンクとの和解」というストレートな言葉でジェーン・スーさんが表現していて、なるほどなーと思った時のことを覚えています。

この(ピンクへの)嫌悪はいつまでも続くものだと思っていました。

しかし、四十代の背中が見え始め、自分が女であることにも慣れ、

女としての記号的な性的価値が下がり始めてようやく、

ピンクが似合う女ではないことが、どうでもよくなりました。

ようやく、ピンクが似合うことが愛される必須条件ではないと、

体験的に理解したからでしょう。Vol.19 ピンクと和解せよ

たぶん私の場合は、白人だらけのアメリカの田舎都市に住んで、そこの記号や価値にぜんっぜん乗っかることができなくなって初めて「ピンクが似合う女ではないことが、どうでもよくなりました」の境地にたどり着けたのだと思います。

当時は自分でも無意識でしたが、比べる物差しがなくなって、よーやくほんとは着てみたかった色に手を出せたのでしょう。

その当時買ったモノや服は本当にピンク色やかわいくてlovelyなデザインのものが多いです…で、今日はその親分格を捨てることができました。
もう私はピンクと和解した証書を持ち続けなくてもいい、とやっと腹の底から思えたんだと思う(まだ推測)。
勇気が要りました。なんなら、まだゴミ箱から拾ってしまうかもしれないボーダーライン上にいます。

しかし、大きな達成感があります。

ここに来るまでに必要だったけど、もういらないから捨てた。
そう思うと、拾わないで済む気がします。

自分史における20代前半時代の美的感覚と決別できてスッキリして、捨てただけなのに一歩進んだような気分です。

 

ご注意

◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-日記・雑記

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2020 All Rights Reserved.