アロマ アロマクラフト

2018/10/9

手作りヨガマットスプレーの作り方|お手入れにおすすめのエタノール濃度は20%

ヨガマットスプレー買ってますか?   ヨガをしている方は多いと思うのですが、ヨガマット用のクリーナーを使っている方はいますか? ↓こういう感じのものです ヨガスプレー【コーム】   消臭と汚れ落としが主な目的ですが、ヨガマットスプレーはアルコール+水+エッセンシャルオイルで作られているものがほとんどで、実は自分で作るのがとても簡単。   そして一度作ってしまえば、ヨガマットに限らず様々な除菌に使えます。   もし手元にエッセンシャルオイルとヨガマットをお持ちの方は、 ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2019/3/12

初めてのアロマ蜜ろうクリームの作り方|材料の選び方~使い方まで|ヘアバーム・リップ・ハンドクリームに

蜜ろうクリーム 【手作りコスメ入門編】蜜ろうクリームを作ってみよう   蜜ろうクリームって何?どこがいいの?と疑問をお持ちの方。   顔・体・手・髪・爪・唇・香り…と様々に使い道の分かれたクリームが出ていますが、その役割ぜーんぶまとめて1つでケアできるのが蜜ろうクリームです。   楽でいい!シンプルでいい!   アロマテラピーを使った手作りコスメの中で、最も幅広く使えてアレンジ力があるのは、それが化粧品の基本中の基本だから。   作り方は蜜ろうに好みの植物 ...

ReadMore

椿油で蜜ろうクリーム

アロマクラフト キャリアオイル

2018/3/31

椿油ベースの蜜ろうクリームつくりました|髪から足まで全身使える万能バーム

椿油で蜜ろうクリーム:溶かしたての頃 椿油を全身で使ってみようと思い、蜜ろうクリームにしました 先日、熊本県益城町産の椿油を頂きました。 国産材料を使って、昔ながらの方法で絞られた油です。油についてはこちらで記事にしましたのでご覧ください。 よくみかける椿油ですが、意外と国産が材料に使われていないじゃないか!という話です。 椿油は、使い方の前に買い方から|それほんとに椿油?   で、せっかくのちゃんとした椿油ですから全身に使ってみようと思いまして、こぼす心配のない蜜ろうクリームを作りました。 蜜 ...

ReadMore

アロマクラフト

2018/3/12

手作りアロマスプレーをフレッシュに保つための、使い切れる精油の選び方

手作りスプレーのための精油選び 手作りヨガマットスプレーを作るときのコツ、として、前回は出来上がりのアルコール濃度について記事にしました。 スプレーの作り方については以下の記事をご覧ください。 手作りヨガマットスプレーの作り方|おすすめのエタノール濃度は20% 脱ファブリーズ。体に合った香りで除菌消臭スプレーを作れば一石二鳥 今回はその他の材料の事。 香りや作用をフレッシュに保つには、どう材料を選んだらいいのか? 特にこれから初めてスプレーを作る方、新たに精油を買い足してみようとお考えの方に読んでほしい内 ...

ReadMore

1g量れるスプーン

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】計量スプーンで蜜ろう1gは量れるか?

1g量れるスプーン  計量スプーンで1gの蜜ろうを量ってみます 今回は蜜ろう(ビーズワックス)の量を、デジタルスケールを使わず計量スプーンを使って量る方法です。 前回は生活の木の蜜ろうをサンプルに、粒の数を数えてだいたいの重さを推測する方法を書きましたが、それだと他メーカーの蜜ろうには対応できないため、今日は計量スプーンでざっくり量ったらどのぐらいになるか?を試してみました。 結論として、蜜ろうは1g計量スプーン山盛り一杯でおおよそ1gになるということがわかりました。 以下、山盛り一杯ってどのぐらい?とい ...

ReadMore

蜜ろう1粒の重さは何グラム?

アロマクラフト

2018/3/10

【量ってみました】生活の木の蜜ろう1粒の重さは何グラム?

蜜ろう1粒の重さは何グラム? ちょっとだけ蜜ろうクリームを作りたいときに知りたかったコト 手作り化粧品のレシピを見ていると1g~のとても少ない単位で材料を使うことがよくありますが、家にデジタルスケールがない場合はこれが量れません。 特に蜜ろうを使うとき、これ一粒は何グラムなんだろう?これがわかったら粒数数えて入れられるかな?…と思うことが多かったので、実際に量ってみました。 ちょびっとずつ蜜ろうクリームを作るときの参考にしてください。 蜜ろうクリームのことはここで書いてます! 好きな精油の香りを持ち歩く| ...

ReadMore

蜜ろうクリーム

アロマクラフト

2018/3/31

好きな精油の香りを持ち歩く|蜜ろうクリームの練り香水

蜜ろうクリーム  蜜ろうクリームにして、好きな香りを持ち歩く ちょっと前に、転機の人が好むアロマブレンドのことを書きました。 ゼラニウムとサイプレスの組み合わせで、2015年最も気に入って、事あるごとに使っていた香り。 ゼラニウムもサイプレスも、どちらもホルモンバランス調整の作用がある精油です。 記事に起こしたらやっぱりまた気になり始まって、ふとした時にすぐ香りが楽しめる練り香水を作ることにしました。 練り香水というと難しそうですが、香りが強めの蜜ろうクリームです。 リップクリームの香りが強いものとイメー ...

ReadMore

香水ディフューザー

アロマ アロマクラフト

2019/3/16

使わない香水で作るリードディフューザー濃度調整のコツ【ルームフレグランス】

大好きな香水をきちんと使い切りたいあなたへ 使わないまましまい込んでいる香水をお持ちではありませんか?   香水は瓶がかわいかったり、くださった方や使っていた時の記憶が閉じ込められていたりで、なかなか「いらないから捨てる」ことができません。   なにより自分が気に入って手に入れたり、大切な人からの贈り物であることが多い香水は、やっぱりきちんと使い切りたいものです。   アルミキャップできっちり封がしてあるものならそれほど早くは変質しないそうですが、口が開いているタイプだとどん ...

ReadMore

おすすめ アロマ

科学的根拠のあることとないこと

更新日:

盆があけて一気に涼しくなったら、頭まで冷静に冷えてきた模様。
テレビ番組で野菜の栄養素の話したり、自分もブログでアロマや食事と健康のことをいろいろ書いていますが、それらの批判・反対意見ももちろんたくさんあります。
冷静に考えろ、と教えてくれる本がたくさんある。

そんな本を読んでいる、8月後半です。

代替医療解剖/サイモン・シン、エツァート・エルンスト

鍼治療、ホメオパシー、カイロプラクティック、ハーブ療法を中心に、「代替医療」と呼ばれるものが本当に病気を治療できるのか?を検証しています。
一部のハーブ以外、ほとんどが効果がないか、プラセボ効果と結論。
巻末付録に、いまあるたいていの代替医療(アロマテラピーも入ってます)についての評価もついていて読み応え十分。

科学者・医療者の検証手順
代替医療者側の反論
患者側の「効くならなんでも」という人情
取り巻くマーケットの話

が順番に出てきますので、一通りの全部の立場に立ちながら読むことができます。

ちなみにアロマセラピーについては巻末付録にちょっと書いてあって、なってしまった病気を治療することはできないけど、リラックスやストレス緩和にはいいんじゃないの?の評価でした。
アロマテラピーも一章立ててほしかった!読みたい!

プラセボ、すごくない?

こういう感想を持つのは邪道かもしれないけれど、代替医療の効果がないと証明されればされるほど高まるプラセボ効果の高さに驚いてしまった。
この本を読んだ方と分かち合いたい。

この著者が書いた話だから理解しやすい

著者のサイモン・シンという人の別の著作に『フェルマーの最終定理』というものがあります。
360年間どの数学者も証明できなかった定理が、いかに証明されたかをつづったドキュメントです。
過去にこれを読んだのですが、わけがわからないに決まっている数学の定理についての話なのに、ある程度わかって、しかもはらはらドキドキしながら読めるように書いてあった!

科学や数学などのわけのわからない話を、このサイモン・シンならわかるように、そして読み物として洗練された「ふつうのひとの理解の速度」に合わせて書いてくれます。
今回もそう思って読みはじめましたが、かくしてそうでした。
ううーん。

メディア・バイアス/松永和紀

日本の、元新聞記者・現科学ライターの方が書いた新書。
テレビ番組でのねつ造、添加物バッシング、自然志向、「昔はよかった」などが取り扱っているテーマです。

共通して書かれているのは、「言い切りたいがゆえに、おおげさに表現している」ことの問題。

食は生き方にもつながることなので、怖がることも叩くことも要らないと思う。
でも健康情報を追いかけていると「危ない」「嘘」みたいな、感情の起伏が激しめの記事の方が目につきがち。
そういうテンションの高さは一気に静まって、冷静に食を取り巻く多面的な問題を見られるようになる本だと思います。
キーっとなってる時、または健康酔いしているときにうってつけだと思いました。

科学的根拠に基づく食情報を提供する消費者団体FOCOM.NETで過去の連載を読むことができます

 

アロマセラピーに関する研究論文を探すならAEAJへ

アロマテラピー学会誌

アロマテラピー学会誌

日本アロマ環境協会の会員になると、論文が掲載された雑誌が送られてきて、現在どんな研究がされているのかがわかります。

私自身、手元に送られてきていても読むのが億劫な時があるのですが、上記のような本を読むと「やっぱりもう一度ちゃんと読まねば」と気持ちが締まります。
こういう時に勢い付けて読んじゃえ!

また協会のサイトでは、アロマセラピーにについての論文やアンケートが探しやすいページを用意しています

ここでは全文は読めませんが、論文のサマリー(要旨)を探すことが可能です。
これだと、論文全体を読むのが大変な時でも、大まかに理解することはできる。

書かれている論文は、

個別の精油の成分の効果について
アロマセラピーがどのような場面で使われているか
リラックス効果との関係

 

などが主です。

論文だけではなくて、図像資料や一般向けに分かりやすく示されているページもありますので、アロマってどうなの?とご興味のある方はぜひ一度ご覧ください。
1000人アンケートの好きな香りランキングなんかは、プレゼントする時の香り選びの参考になるかと。

根拠を積み上げて感覚にしていきたい

私は根拠のあることもないことも好きで、アロマセラピーのいいところはそれが混在しているところだとも思っています。

精油のケミカルで実用的な働き(虫よけとか)も好きだし、スピリチュアルが入ったような精神的な作用についての部分(ここでちょっと記事にしました)も面白くてわくわくする。

自分が一生のうちに体験できることは限られているので、こういうものを読みながら「ほんとうか??」とうんうん考えるのが好きなのかも。

科学的なこともそうでないこともひっくるめて、得体の知れないアロマセラピーの世界にこれからも漬かっていくことになりそうです。

 

ご注意

◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-おすすめ, アロマ
-,

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2019 All Rights Reserved.