野菜とアロマテラピーの力で、美しく楽しい暮らし

たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー

教室 野菜

ジャーサラダを上手に作るための7層のコツ

更新日:

ジャーサラダ材料

ジャーサラダ材料

4月12日に郡山市の野菜食レストラン空間にて行われました、ヨガインストラクターKANAKOさんのビューティーヨガで、お勉強会を担当しました。

内容は瓶詰めサラダ。はやりのメイソンジャーサラダです。

瓶はお手軽な100均のものを使いまして、絶対に失敗しないためのコツ説明&実際に作ってみるをぎゅぎゅっと30分で行いました。

そこでお話した、失敗しないためのコツをまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

336x280-1画像とテキスト

 ジャーサラダ理想の7層コンビネーション

サラダに入れそうな野菜の特徴に合わせて詰めていくのが理想。
例にあげた野菜にとらわれる必要は全くないのですが、概ねこのキーワードに沿った順番に詰めていくと、失敗も少なく長持ちしやすいかと思います。

  1. ドレッシング
  2. ドレッシングに漬かっても美味しいもの(玉ねぎ、トマト、きゅうり)
  3. 重いもの、水分を吸わないもの(豆、ニンジン、カブ、ブロッコリー、セロリ)
  4. 軽いもの、小さいもの(スプラウト、コーン、きのこ類)
  5. タンパク質(肉、魚、チーズ)
  6. 炭水化物(パスタ、乾燥ナッツ、シリアル)
  7. 葉物野菜(3分の1を目安にするとキレイ)

つめる量をちょっと計算するだけできれいさが違います

見た目がきれいなジャーサラダは、それぞれの層の幅が均一であること。
詰める量の検討をつけるときは、

  1. 瓶の高さ3分の1~半分は葉物野菜を想定
  2. 残ったスペース分の高さを、用意している野菜の種類で割る
  3. ドレッシングはカウントに入れない

10cm程度の瓶なら、3~4cmを葉物として、残った6~7cmを他の野菜に宛てると考えます。
手元にあるのが5種類の野菜としたら、それを5で割った数字の高さぐらいのつもりで入れていくと、入れ過ぎず均等に入ってきれいです。

失敗しないための小さいTIPS

1.ドレッシング

最初はシャバシャバ系が失敗しないです。
最後に振って食べるときになじみやすいし、野菜から水分が出た時もうまく混ざりやすいので見た目が汚れにくいです。

2.漬かってもおいしいもの

ドレッシングに直接触れる層なので、ドレッシングとよくなじむ水分が出やすいものはここに入れてしまいます。
そういう野菜が上にあると、保管している間に他の野菜が水分に触れることになってしまい、野菜のパリパリ感や風味が損なわれてしまうことも理由です。
私のおススメはスライス玉ねぎ。マリネされてより美味しくなるものを選ぼう。

3.重いもの、水分をブロックするもの

ここから上は、ある程度水分をシャットアウトしておきたい野菜が入ります。
ゴロゴロ重い野菜や、水分を吸わない野菜を入れて下の層からドレッシングをブロックできたら最高です。
ブロッコリ、大根、ニンジンなどが代表です。
カットする時は1cm角以下で隙間なく入れるとよりブロック効果も高く、見た目もきれいになります。

4.軽いもの、小さいもの

代表例にスプラウトやコーンと書きましたが、3に属する野菜も小さめまたは千切りなど軽くして入れてもOKです。
輪切りにしたものを入れるときは、切り口を見せるように入れるとかわいらしい(*^^)v
この層に数種類入れようと思うときは、どれを後に入れたら水分をシャットできるかを考えながら入れると持ちがよくなります。
ここから先は乾燥地帯!

5.6.たんぱく質、炭水化物

タンパク質の例はささみ、チーズ、ツナなど、炭水化物には茹でたパスタ、シリアルなどをこのあたりに。
ある程度乾燥した状態で置きたいので上の方の層に置きます。
これは完全に好みなので全く入れなくてもOK。私は入れないことが多いです。

7.葉物野菜

葉物はよーく水気を切ってから入れましょう!高さ3分の1以上が目安ですが、けっこう入りますのでたっぷり準備。
葉のサイズは、いつも家で食べるときよりも気持ち小さめにカットすると詰めやすいし食べやすいです。

一瓶で1日の目標摂取量の6割程度です

450mlの瓶で、だいたい200‐250gぐらいの野菜が入ります。
厚生労働省「健康日本21」の設定する1日あたりの目標摂取量が350gですので、ジャーサラダ1本でだいたい6~7割。
これが多いか少ないかを感じるためにも、一度作ってみるのはどうでしょう?
私はけっこう多いなぁと感じました。お昼ご飯に持っていったらこれだけでお腹いっぱいになりそうな量です。

子どもの目標摂取量は年齢別の目安が出ています。

ざっくりまとめると幼稚園~小学校低学年が240g、小学校中~高学年が290g程度。ちなみにニラ1束100gです。

ジャーサラダの日持ちがだいたい5日程度と言われていますので、1キロ分の野菜を5つに分けて全部瓶に詰めるつもりで作ってみるのはいかがでしょうか?

もし持ち歩かなくても、1人分の目安を知るためにはとても役立つ方法かと思います。

336x280-1画像とテキスト

336x280-1画像とテキスト

ご注意



◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。


野菜を食べて健康できれいになりたいけれど、どうしていいかわからない方、どうしていいかはわかるけど気力が続かない方、一冊本をキッチンに置いてみませんか?

面倒な時にページをめくると、少しやる気が湧いてきて、きれいな写真を見るとちょっと作る気が湧いてきます。

これ、スマホだとすぐ別のサイトを見てしまったり寝そべってしまったりするから、本じゃないとダメなんです。

「こんなにいいことばっかりなら食べたいな」って思えますよ。


-教室, 野菜
-,

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2018 All Rights Reserved.