野菜とアロマテラピーの力で、美しく楽しい暮らし

たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー

豆と実の野菜

ハロウィンのジャコランタンをバターナッツで作ろう

更新日:

バターナッツ

バターナッツ

バターナッツならセロテープで顔が書ける

10月はハロウィンの月。
もうお店ではディスプレイが始まっているし、昔と比べたらじわじわと定着しつつあるイベントですよね。
現在、ハロウィンだからといって特になにもしていない私ですが、あと10年ぐらいしたら、つい仮装とかしてるのかな。

そんな私が、人生で初めてしたハロウィンらしいことが上の写真!
かおぼちゃにハロウィンぽい顔を描いてみました!!
セロテープを貼った上に書いているので、食べるときにははがすだけ。

地肌の色が明るいバターナッツだからできる、簡単なハロウィン仕様です。

バターナッツ バターナッツの太り具合もいろいろ。
これは大き目ランチョンマットの上に置いたもの。
だいたい25㎝ぐらいかな?

小さくてまっすぐタイプ

小さくてまっすぐタイプ

コースター2枚の中に納まるぐらいの、小さいバターナッツ。

ちょうどいい形をいまから探そう。

そもそもハロウィンって

jack-o'lantern[ジャコランタン]
ハロウィンのかぼちゃの名前。日本語で言うと「ちょうちん太郎」でしょうか。(ジャックはとてもありふれた名前のため)
この顔を描いていたときには、まさか性別が男性とは気付かないでいたので、一人女性が混じってしまいました。

ハロウィンそのもについては、ものすごくざっくり言うと死者が訪ねてくる日+収穫祭的な意味合いがあるらしいので、日本のお盆+秋祭りみたいなものだと理解しています。
8月後半~9月中旬の、日本のあの感じのような。
ナスやキュウリにつまようじを刺して牛や馬を作るような。
あ、でもお盆の棚飾りの提灯はほおずきが使われていましたよね。
文化が違えど、なぜか野菜は死者を迎えるに当たってそのサインに使われるのが、私はとても面白く感じます。

かぼちゃの種類をざーっとみるならここ!
「野菜情報サイト 野菜ナビ」

ハロウィンに使われる赤いかぼちゃは観賞用で、食用としてはあまりおいしくないようです。
バターナッツは食べても美味しい&顔も描けるので、しっかりかぼちゃを食べながらハロウィンを祝うにはおススメです

甘くてやわらかいから生でサラダに

バターナッツのサラダ

バターナッツのサラダ

ハロウィンが終わったら、バターナッツを食べましょう!

今まで一番美味しかったかぼちゃプリンのレシピ:バターナッツ使用

プリンがおすすめですが、サラダもいいですよ。
非常に甘いカボチャですので、生のままでサラダもおいしい。
筋っぽさもなく、サクサクいただけます。

鮮やかな山吹色が魅力です、ぜひ夏に大活躍した赤・黄パプリカの代役に。

336x280-1画像とテキスト

336x280-1画像とテキスト

ご注意



◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-豆と実の野菜
-, ,

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2018 All Rights Reserved.