野菜とアロマテラピーの力で、美しく楽しい暮らし

たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー

アロマ

車でアロマ:車用アロマディフューザーはドライブタイムがおすすめです

更新日:

男性こそ、車でアロマに向いています

アロマテラピーでは、精油を炊いていい香りを楽しむことを、芳香浴と言います。
おうちでディフューザーとかアロマポットで炊いたりするのが一般的かと思いますが、車の中が実はいい。

適度に密室ですぐ香りが実感できて
気分転換したいようなシチュエーションが多くて
車内や衣服の脱臭も一緒にできる

これ、仕事中に車に乗るビジネスマンにはもってこいの使い方ではないですか?

この方法はぜひ男性がアロマテラピーを始めるきっかけとしてお勧めしたいです。

車内でアロマを楽しむには、かれこれ7年ぐらい使ってるけどまだ壊れない、丈夫な車用ディフューザーがあります。

ドライブタイムという商品で、シガーソケットにさして使うもの。
ディフューザー単体でもいろんなところで販売していますが、最近は車メーカーが独自の香りを開発して、セットで販売しているようです。

 

スポンサーリンク

336x280-1画像とテキスト

車メーカー各社でオリジナルを販売中

マツダ アロマクルージング

マツダ アロマクルージング

写真のはマツダのもので、アロマクルージングという商品名で販売中。
トヨタの場合はアロマスプレッド、日産はアロマティックドライブという名前で同じ商品が販売されています。

ダイハツホンダは、同じ会社が開発した別の商品(ランプ機能付)を販売しています。
スズキも同社の取引先リストにあるためどちらかを使っていると思うのですが、今回は見つけられませんでした。

個人的には、ランプは車内にいらないかなぁ。
シンプルで邪魔しないデザインが好みです。

マツダ アロマクルージング 中身

マツダ アロマクルージング 中身

キャップを外すと、精油をつけるパッドが現れます。
ここに2滴~3滴ほどで3時間ぐらい香ってくれるのですが、このパッドがけっこう消耗しますので、買うときは別売りパッドをあらかじめ追加購入するのがおススメです。

↑交換パッドはこんなのですよ。
香りが混ざらないように、別な精油を使うときも交換することが推奨されています。

 

本体はどこも一緒だけれど、付属のブレンド精油が各社違います

本体はどこも一緒なのですが、ブレンド精油のラインナップが各メーカーによってだいぶ異なります。

マツダのキットについてた香りはYUZUというネーミング。
柚子のエッセンシャルオイルではなく、柚子ベースのブレンドオイルです。
柚子の他カボスが入っているのが特徴。

他にもいろいろオイルがありまして、全てブレンドでした。
どのメーカーも精油ブレンドは6種類展開。

一見似たような構成ですが、各精油のブレンド内容で車メーカー毎の差がつけられている模様で、この違いが楽しい!

マツダのブレンド精油6種類、それぞれのイメージや作用について書きました。

2回に分けて書いていて、こっちが続きです。

 

精油のページの見やすさはマツダが1位

車用アロマディフューザーに関するページが各社あるのですが、見やすさ順に並べると…

マツダ>トヨタ>>>>>>日産>>>ホンダ
ダイハツは専用ページを発見できませんでした。

ちなみにトヨタとマツダはブレンド内容を公開してました(量は書いていませんが)。これは好評価!
ぱっと見、女性にやさしいトヨタ、男性重視のマツダ
おそらく香りもこんな内容なのかな~と思います。

マツダって男性のお客さんが多いのでしょうか?
周囲の女友達にマツダ乗りが多かったのであまり気付きませんでしたが、精油のラインナップがなんか男っぽいような。

※2017.04 マツダのページがなくなっちゃった!いいページだったのにな…

 

ディフューザーを車の中で実際に使ってみる

使い方

使い方

ドライブタイムはそれほど大きくないので、あまり目立たず使うことができます。
左下に刺さっているの、見えますでしょうか。

シガーソケットに刺したままでも、本体についているスイッチでON/OFF操作が可能です。

急いで精油を香らせたいなら

香りは風に乗って広がりますので、もし急いで香らせたいなら…

一番早い方法

一番早い方法

実はこれが一番早い。
ティッシュや紙に精油を付けて、エアコンの吹き出し口にクリップで挟みます。
自分に直に風が当たると香りがきついので、そこは調整を。

見た目があんまりにも…という場合は、同じ仕組みで香りを広げるこんなディフューザーもあります。

電源いらずで車内が香る アロマカプセル オレンジハッピー

パッドのところに精油をつけて、吹き出し口に取り付けて使います。
電源を使わないタイプは、パッドの劣化も遅いのがいいところです。

じんわり香るor消臭目的なら

じんわり効く方法

じんわり効く方法

じんわりじわじわ香らせたいならこれもおススメ。
ポプリの入った袋+精油。

写真のものは、リステル猪苗代ホテルにあるハーブ園の売店で買った乾燥ラベンダーのみっしりと詰まった袋です。
400円ぐらいだったかな?
ここに精油を2滴ぐらいたらしてしみこませておくだけ。
モノによっては袋が変色しますが、それほど長期間使うものでもないので気にせず。
くっきり香るというよりは、地味な脱臭に効果を発揮してます。

脱臭用とドライブ用で使い分けてみては?

人がいる時にくっきり香らせるアロマと、いない時に脱臭するためのアロマを使い分けたらいいんじゃないかな?と最近改めて思います。

電源やエアコンの風を利用するものは、人がいる時用の香りとして、リフレッシュやリラックス効果がメインのものを選んで楽しむ。

そしてポプリのような置き型のものを、車に乗らない夜間などに使ってキッチリ消臭。
脱臭効果のある精油って、けっこういろいろありますよ。

加齢臭対策はサイプレスが軸のブレンドアロマ

久しぶりに出した靴は臭う!衣替えの季節にアロマ重曹で下駄箱脱臭

 

車でアロマをやってみようかなと思うときは…

とりあえずティッシュを付ける方法で試してみて、車内でアロマテラピーがいいな~、これずっとやるな~と思ったら、車内デザインを邪魔しないドライブタイムの購入がおススメです。
(買わなくてもいいけど)

精油は自分で選べばいいと思いますが、どうも各車メーカーともに自分の顧客層に合ったブレンドオイルを開発しているようなので、車検のときにちょっと試しに香ってみるのは楽しいかも!

1000人アンケートによる、好きな香りは?

私も登録しているアロマ環境協会が実施した、1000人アンケートの結果。
男女で好みに差があるのがよくわかります。
2人ともハッピーになれるのはラベンダー×ベルガモットでしたよ。

 

使う精油はどうやって選ぶのか

直感がさえている人・好きな色が決まっている人は、一度自分の傾向を色で決めるのも一理。

また嗅覚は本能に直結していて、視覚や聴覚のように思い込みや過去の判断に左右されないため、自分の「好き」な気持ちこそが今必要としている香りだったりする。
そしてその好きと思える感情をたっぷり集中して味わえるのも、車の中でのアロマテラピーの醍醐味でもあります。

私もまだまだ模索中です。これだ!と思うものが見つかったらすぐブログに上げて行こうと思っていますので、ぜひお見守りくださいませ。

車が心をリフレッシュしてくれる、居心地のいい空間になりますように。

336x280-1画像とテキスト

336x280-1画像とテキスト

ご注意



◆当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

-アロマ
-, ,

おすすめ記事と広告

               

Copyright© たけださとのブログ:野菜ソムリエとアロマテラピー , 2018 All Rights Reserved.